こんなことがありました!

学校の様子です。

3月15日の給食

 今日は、「日本型食生活の日」です。豆や魚料理をとり入れた、「主食」「主菜」「副菜」「汁物」がそろった献立になっています。主食は「麦ごはん」、主菜は「さばのごま衣焼き」、副菜は「卯の花炒り」、汁物は「豚汁」です。
 「さば」は、代表的な青魚で、体によい脂が多く含まれていて、脳の働きをよくしてくれます。「卯の花炒り」は、おからを使った料理で、食物せんいが多く含まれていて、お腹の調子を整えてくれます。「豚汁」は、野菜や豚肉、豆腐などたくさんの食材のうまみが出ていて、とてもおいしいですね。
 豆や魚をとり入れた和食の給食を、食事のマナー、特にはしの持ち方を確認しながら、食べましょう。

 今日の献立:麦ごはん 豚汁 さばのごま衣焼き 卯の花炒り 牛乳

全校朝の会(放送)

< 表彰 >

書き初め奨励賞 4年 鶴見さん

 

< 校長先生のお話(抜粋) >

 来週の火曜日が修了式、卒業式です。学年のまとめはしっかりできているでしょうか?
 冬の寒さも和らぎ、徐々に春めいてくる季節となりました。この季節に関連して「春眠暁を覚えず」という言葉あります。

 気持ちよく起きるためには、「睡眠の質」、つまり「しっかりと寝ることができること」が大切です。そのためには、
・夜ご飯を食べることが遅くならない
・お風呂に入り体を温める
・遅くまでテレビを見たりゲームをしたりしない
などが大切です。

 寝る前の生活をちょっと変える、見直すことで、朝、気持ちよく起きることができます。

3月12日の給食

 今日は、牛乳についてお話をします。
 給食に出る200ミリリットルの牛乳には骨や歯をつくるカルシウムが227ミリグラムふくまれています。1日に必要なカルシウム量の約3分の1の量です。体が大きくなっていく成長期のみなさんには、カルシウムはとても大切な栄養素です。成長期にしっかりカルシウムをとって骨を作っておかないと、将来、骨がすかすかの状態になる「骨粗鬆症」という病気になってしまうこともあります。今日はスープスパゲッティにも牛乳が使われています。
 また、体をこまめに動かしたり運動したりして、骨に刺激をあたえることで、さらに丈夫な骨や歯が作られます。
 今日のスープスパゲッティや牛乳をしっかり飲みましょう。

 

今日の献立:コッペパン スープスパゲッティ まめまめサラダ ももジャム 牛乳

3月11日の給食

 今日は、かみかみ献立の日です。南相馬市では、「よくかむ」食べ方を意識した献立を毎月提供して、よくかむことの大切さを伝えています。
 今日は、切干大根を使ったサラダを提供しています。切干大根は、大根を細く切って乾燥させたものです。乾燥させることによってかみごたえのある食材になります。よくかむことでその食材の味がよくわかりますね。また、よくかんで食べると、「だ液」がたくさん出てきます。顔のどんなところが動いてますか?あごやほほ、目の近くのこめかみというところや頭の一部分にも動いているところがありますね。気づいてますか?顔の筋肉を動かすことにより、顔の筋肉がやわらかくなります。
 シャキシャキとした「切干大根」をよくかんで食べて、顔の表情を豊かにしていきましょう。

切り干し大根のサラダ

今日の献立:豚キムチ丼 ビーフンスープ 切り干し大根のサラダ 牛乳

全校朝の会 <東日本大震災>

< 校長先生のお話 >

「東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故等に関する話」

 最近テレビなどで、東日本大震災から10年という内容の番組をみなさんよく見かけているかと思いますが、今日、3月1 1日が東日本大震災から10年となる日です。
 平成23年(2011年)3月11日、14時46分18秒、東北沖を震源とするマグニチュード9.0、最大震度が宮城県栗原市で震度7、宮城・福島・茨城・栃木の4県で震度6強の東北地方太平洋沖地震が発生しました。
 1年生~3年生は生まれる前のこと、4年生は生まれてまもなく、5・6年生も1歳か2歳頃で覚えていないでしょうね。
 この大きな地震に伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害により、死者・行方不明者は約18,000人、建物の全壊・半壊は合わせて約400,000戸という多くの犠牲者・被害を出すこととなりました。また、地震から約1時間後に津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、全電源を喪失。原子炉を冷却できなくなり、大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故を引き起こすこととなりました。そして、この事故により多くの人々が避難しなければならなくなりました。
 その後、除染や復興等が進み、元の市町村に戻ることができた人もいますが、まだ戻ることができない人も多数います。まだまだ大変な状況は続いていますが、その間、世界中の多くの方々から様々な支援もありました。
 私たちは、多くの方々の支援に感謝するとともに、復興の歩みをより確かなものにするために、未来に向かって挑戦していくことが大切だと思います。そして、このことをこれからも決して忘れることなく生活していくことも大切です。
 それでは、今日の14時46分に、亡くなった人に祈る気持ちを込めて黙祷を捧げたいと思います。
 みなさん、よろしくお願いします。

 

< 児童発表 > 6年 桑原さん

 春のおだやかな朝をむかえました。
 しかし、今日、3月11日は、私たちにとって忘れてはならない日です。あの日から十回目の祈りの日です。
 2011年のあの日、千年に一度と言われる大きな地震、そして東北・関東地方をおそった大津波は、たくさんの人々の命をうばいました。南相馬市だけでも1,046名の方が亡くなり、今なお100名をこす方々が行方不明となっています。
 犠牲者の中には、あの日卒業式を迎えたばかりの中学生や、まだ小学校や幼稚園に通っていた人たちの命もふくまれています。
 だから今日は、亡くなった人たちのご冥福を、みんなで静かにお祈りする日です。
 しかし、私たちには、この日が来るたびに思い出さなければならないことがあります。

 1つ目は、一人一人の命の重さと、命を守ることの大切さです。地震は止めることができません。津波も防ぐことはできません。人間の力を超えたものだからです。しかし、地震や津波から命を守ることはできるはずです。学校や地域での避難訓練や防災についての授業に真剣に取り組みましよう。地震や津波は、どこかの遠い国の出来事ではありません。いつの日かまた、必ず日本をおそうのです。
 3月11日は、家族や友達、大切な人たちの命を、二度と失わないぞ、という決意をする日なのです。

 2つ目は、生きている私たちにできることを考えよう、ということです。
 私たちが生きている今日は、あの日亡くなった方々がむかえるはずだった今日です。
 一生けんめい勉強をし、心と身体をきたえましよう。自分の将来のことや、この地域の未来のことを真剣に考えていくことこそ、今生きている私たちにできることなのです。

 全校のみなさん、ともに祈りましょう。そして、一生けんめい生きることを誓う一日にしましょう。

   令和3年3月11日

3月10日の給食

 給食クイズです。
 大豆を原料として作る”発酵食品”は次のうちのどれでしょう?3つのうちから選びましょう。

1番 とうふ
2番 みそ
3番 きな粉

 

リンゴのヨーグルトケーキ今日の献立:味噌ラーメン チキンとコーンの和風和え リンゴとヨーグルトケーキ 牛乳

 

 正解は、2番みそです。
 納豆やしょうゆも大豆を発酵させて作った食品です。これらの食品には免疫力を高め、お腹の健康、体の健康を守る働きがあります。日本人は、みそ・納豆などの大豆を原料とした発酵食品を食べて健康な体をつくってきました。
 今日の「みそラーメン」は、大豆を発酵させたみそベースのスープです。しっかり食べましょう。

 

3月9日の給食

 食育クイズです。
 頭の中にある、脳に関する食育クイズです。脳の重さは体重の約2%といわれています。では、使うエネルギーは何%ぐらいでしょうか?次の3つのうちから選びましょう。

1番 約 2%
2番 約10%
3番 約20%

鮭メンチカツ

今日の献立:ご飯 筑前煮 サケメンチカツ 大根の香味漬け 牛乳

 

 正解は、3番 約20%です。
 電気製品にたとえると、脳はコンピュータの働きをしているので、しっかりとごはんを食べないと頭が働かなくなります。働きをよくするためには、栄養バランスの良い食事をすることと、よくかんで食べて脳を刺激することが大切です。さあ、よくかんで食べましょう。

3月8日の給食

 今日は、小高区4小学校の閉校を記念した献立です。
 紫黒米を入れてお祝いのごはんを炊きました。そのごはんに小高の特産物の「れんこん」と「紅梅の里」と呼ばれる小高にちなんでゆかりを使い、『小高絆ごはん』として提供します。

小高絆こはん

今日の献立:小高絆ごはん(紫黒米入りご飯) のっぺい汁 生揚げの肉味噌かけ もやしのカレー和え 牛乳

3月5日の給食

 食育クイズです。
 牛をかたどった民芸品「赤べこ」の製造で知られる県は、どこでしょうか?

1番 福島県
2番 山形県
3番 岩手県

フレンチトースト

今日の献立:フレンチトースト ポークビーンズ グリーンサラダ 牛乳

 

 正解は、1番福島県です。
 主に会津地方で製造されています。「べこ」は東北地方の方言で「牛」の意味です。
 「牛」といえば、牛乳ですね。給食では毎日牛乳がついています。カルシウムやたんぱく質など成長期のみんさんに必要な栄養素が含まれています。寒くなると牛乳を残す人がいますが、自分のためにしっかりと牛乳を飲んでほしいです。
 今日も牛乳といっしょにフレンチトーストや、グリーンサラダ、ポークビーンズを食べて、元気に過ごしましょう。

3月4日の給食

 「みそ汁」についてお話をします。
 みそ汁は、日本の食文化の代表的な汁物です。あったかいみそ汁を飲むと、なんだか体と心が落ち着くような感じがします。みそには癒し効果がありイライラを鎮める「メチオニン」という成分が含まれています。また、よい睡眠を促す「ギャバ」、リラックス効果がある「大豆ペプチド」という成分も含まれていて、心がほっとする汁物です。
 今日は、わかめの入ったみそ汁です。おいしいわかめのみそ汁を食べて、心も体もぽかぽかになりましょう。

サンマの味噌煮今日の献立:麦ご飯 わかめのみそ汁 サンマのみそ煮 マカロニサラダ 牛乳