こんなことがありました!

学校の様子です。

エピペン講習会・教室の消毒講習会

エピペンの使い方について講習会を実施しました。

エピペンとは、ハチ刺傷、食物アレルギーなどによるアナフィラキシーに対する緊急補助治療に使用される医薬品である。アナフィラキシーを起こす可能性の高い患者が常備することで、発症の際に医療機関へ搬送されるまでの症状悪化防止に役立つ。 (ウィキペディアより)

 本校には、食物アレルギーがあり、エピペンを処方されているお子さんが何人かいます。
 職員の誰もが、すぐに対応できるように定期的に研修しています。

 家庭用塩素系漂白剤を使った除菌の方法についての研修も行いました。

着任のお知らせ

 今日から新しい職員が加わりました。昨年度末に14名の先生方とお別れして寂しく感じていたところですが、新たな仲間を加え、気持ち新たにスタートしたいと思います。

【転入職員】
教頭 横山 浩志(南相馬市立上真野小学校より)
教諭 齊藤 祐子(相馬市立桜丘小学校より)
教諭 浦島 恵子(相馬市立中村第二小学校より)
教諭 但野 幸代(南相馬市立鳩原小学校より)
教諭 丸岡 茉瑚(福島市立笹谷小学校より)
教諭 佐藤 真美(新採用)
教諭 伊勢 雄大(新採用)
栄養教諭 渡部 和子(南相馬市立小高小学校より)
学習支援員 辻 信衛(新採用)
給食調理員 神戸 真理子(南相馬市立高平小学校より)

 新任者におきましても、前任者同様、ご指導・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

離任式を行いました。

 年度末の人事異動により14名の先生方とお別れすることになりました。本来であれば児童とともにお別れの式「離任式」を行うところですが、本年度は職員のみでのお別れとなりました。転・退職なさる先生方も子ども達とお別れができないことを残念に感じていらっしゃいました。(お子様によろしくお伝え下さい。)ありがとうございました。

 【退職・転出職員】
教諭 高橋 淳子(本校6年 退職)
教諭 小島 弥生(本校4年 退職)
教諭 猪狩 千紗子(本校7年 退職)
教諭 大内 英子(本校3年 退職)
教諭 安齋 淳子(本校5年 退職)
教頭 増田 康弘(本校2年 南相馬市教育委員会へ)
教諭 渡部 千恵子(本校6年 石神第二小学校へ)
教諭 遠藤 学(本校4年 福島市立福島第三小学校へ)
教諭 長谷川 穂実(本校3年 郡山市立赤木小学校へ)
主任栄養技師 西村 ユウ子(本校5年 小高小学校へ)
主任学習支援員 藤巻 里美(本校4年 退職)
学校支援員 鈴木 京子(本校1年 石神第一小学校へ)
給食調理員 柴 千恵子(本校5年 高平小学校へ)
給食調理員 菊池 幸枝(本校6年 原町第二小学校へ)

離任式

新しい環境、新しい職場でのさらなる活躍を期待しています。

教室移動

 先日の卒業式では、立派な態度、美しい歌声を聞かせてくれた5年生が、今日は教室移動で大活躍です。

教室移動

 自分で判断し、行動する様子もたくさん見られました。

 最上級生としての自覚を徐々に高めています。

卒業式

これまでの練習の成果を十二分に発揮し、感動的な卒業式になりました。

< 校長式辞 >(抜粋)

 61名の卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
 これからみなさんが大きく飛躍するために「努力を続けることの大切さ」についてお話しします。
 自分がしたいことが何もかも成功するとは限りません。一生懸命やってもうまくいかないこともあるでしょう。大事なことは、その時に、誰かのせいにしたり、何かのせいにしたりしないことです。前を向いて歩き出すことが大切です。途中であきらめずに努力することの大切さを忘れないでください。

 東日本大震災から10年が経ちました。震災により、多くの大切な命が失われました。それでも人は知恵と勇気をふりしぼって、手を携えて新しい未来に向かって歩み出してきました。私達は今、新型コロナウィルスという新たな困難にぶつかっています。どんな悲しいことや困難なことがあっても、やまない雨はありません。明けなかった夜はありません。大きな志を持って、自分の夢や希望をぜひ実現してください。
 
 保護者の皆様、お子様のご卒業まことにおめでとうございます。
 どうぞ、今以上にお子様の話をじっくり聞いて、家族の愛情で悩みを解かしてあげてください。

 

< お祝いのことば >(抜粋)
 原町第一小学校 父母と教師の会 会長 田中 章広 様

61名のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
新たな中学校生活に向けて3つのことをお願いします。

一、「けやきっ子の心を大切にしてください」
 小学校で学んだことは、大人になっても役に立ちます。これからも何事にも一生懸命に取り組む人になってください。
これからも悩むことがあったときは「けやきっ子の心」を思い出してください。

二、「出会いを大切にしてください」
 一緒にいろいろなことに挑戦したり助け合ったりできる、一生大切にできる仲間や友達を作ってください。

三、「持ち味や個性と大切にしてください。
 得意なこと、向いていること、自分らしさを生かせる物事を見つけてください。
 何事にもあきらめずに挑戦することで、きっと見つかると思います。

 小学校生活を支えてくれた保護者、先生方への感謝を忘れず、周囲の人に「ありがとう」と言える人になってください。

 式の中で歌う歌、練習では歌声の入ったCDを使っていましたが、きれいな声を響かせたいという思いから歌なしのCDに変更しました。感染予防のため大きな声は出せませんでしたが、美しい、気持ちのこもった声が会場に響きました。

卒業式予行

 卒業式の予行練習を行いました。
 練習を重ねるごとに上手になっていきます。6年生の後を引き継ぐ5年生も立派な態度でした。

 校長先生からは、
「みんなが主役です。胸を張って卒業式に臨みましょう。」
「卒業証書を受け取るときには、目を合わせて礼をしましょう。」

というお話がありました。

修了式練習

お昼の時間を使って1~5年生の修了式の練習をしました。

 1年生にとっては、体育館に集まっての集会は初めての経験でした。それでも、立派な態度で練習に臨んでいました。

 ※人数が多いため、短い時間で行いました。
 ※学年全員での返事や歌唱は行いません。

 

同窓会入会式

  原町一小のOB・OG会である同窓会の入会式がありました。

 卒業生が多く、いろいろな分野で活躍している先輩方も多くいます。
 原一小の同窓生であるという自覚を持って、中学校でもがんばってください。

卒業式の練習

 5・6年生合同で卒業式の練習をしました。

卒業生、そして在校生の代表としての自覚を持ち、緊張感のある練習ができました。
当日は、さらに立派な姿を保護者の方々にご覧いただけると思います。