こんなことがありました!

2021年1月の記事一覧

1月29日の給食

 「学校給食週間」最終日です。
 今日は、みなさんの大すきな、「ピザコッペパン」についてお話をします。ピザは、イタリアで生まれ、世界的に広く食べられている料理です。丸い生地にトマトソース、玉ねぎやピーマンなどの野菜、ベーコンやサラミなどをのせ、さらに、たくさんチーズをのせて焼いて作ります。食パンに具材をのせて焼く「ピザトースト」もありますね。学校給食では、食べやすいようにコッペパンに具材をはさみ、とろけるチーズをのせて焼いて作っています。給食の「ピザコッペパン」は、調理員さんたちがひとつひとつ作っています。そんな調理員さんに感謝の気持ちを持って、おいしい「ピザコッペパン」を残さず食べましょう。


ピザコッペパン
今日の献立:ピザコッペパン 鶏肉と野菜の豆乳スープ ひとくちイチゴゼリー 牛乳

スーパーサイエンススクール事業「バイオテクノロジー」講座

 

1月28日はスーパーサイエンススクール講座の最終回。

福島大学食農学類 新田 洋司 教授による、「バイオテクノロジー」講座です。

5年生の理科のテーマの一つは、「生物はどのようにして命をつないでいくのか」です。

インゲンマメやヘチマなどの植物、メダカなどの動物、そしてわれわれ人間。

様々な生物の生殖について学習してきたわけですが、それらの発展学習としての講座です。

米の品種改良等のスペシャリストである新田先生から、米作りの状況や品種改良、電子顕微鏡を使って調べた地元の米の品質の良さや、ノーベル賞を受賞した遺伝子操作技術等のお話をいただきました。

また、実際の作物を使ったでんぷん調べ、高性能顕微鏡を使ったでんぷんの観察等も行いました。

福島県の農業と食品産業を支える人材や、大学で高度な知識を学んでみたい、と考える児童が増えてくれればと思っています。

 

スーパーサイエンススクール事業「プログラミング」講座

先日の「防災教室」に続いてのスーパ-サイエンス講座です。

6年生は、理科で「プログラミング体験講座」を行いました。

「作り出した電気を無駄なく使うために」をテーマにして、省エネルギーの仕組みを考えました。

省エネのための自動制御の仕組みは身近にあふれています。

多目的トイレの照明は、人がいるときだけ点灯するようになっています。

冷暖房の効率を上げるために、店舗のドアは人の出入りを感知し自動で開閉します。

人が乗っていないときは自動停止するエスカレーターも増えています。

まず子どもたちは、センサーとモーターを組み合わせたロボットを組み立てました。

次に、それを様々な機械や装置に見立てて、タブレットPCで組んだプログラムを使って自動制御することに挑戦しました。

最後は、組んだプログラムを使って、実際にデモンストレーションを行いました。

この分野では我が国は、諸外国に遅れをとっていると言われていますが、プログラミングを学んだ子どもたちが将来挽回してくれることを期待しています。

1月28日の給食

 今日は、「学校給食週間」4日目です。

 食育クイズです。今日は、ずいきの入ったみそ汁ですが、この「ずいき」は何という食材の茎でしょうか?次の3つの中から選びましょう。

1番 里いも
2番 じゃがいも
3番 さつまいも

セルフおむすび

今日の献立:ゆかりご飯(麦ご飯) 手巻きのり ずいきのみそ汁 鶏肉の照り焼き ゆずリンゴ 牛乳

 

 正解は、1番里いもです。「ずいき」は里芋の茎を乾燥させた乾物です。昔から、冬の間の保存食として作られてきました。みそ汁の具として食べたり、炒め物にして食べたりします。干すことにより、ビタミンDという栄養素が多く含まれ、骨を丈夫にしてくれる働きをします。今日は、みそ汁に入っています。
 みそ汁のみそは、相馬農業高校の生徒さんが作ったみそです。よく味わって食べましょう。
 今日は「セルフおむすび給食」ですので、お好みの形のおむすびにして、のりを巻いて食べましょう。
 

セルフおむすび

1月27日の給食

 今日は、「学校給食週間」3日目です。
 食育クイズを出します。今日の給食の食材で、南相馬市産の食材は、どれでしょうか?次の3つの中から選びましょう。

1番 たけのこ
2番 コーン
3番 グリーンカールレタス

チャーシュー麺今日の献立:チャーシュー麺 グリーンサラダ ミルクゼリー 牛乳

 

 正解は、3番グリーンカールレタスです。
 今日のグリーンサラダに入っている「グリーンカールレタス」は、南相馬市産のものです。新鮮で、葉がふわっとしてやわらかくクセがないので、洋風でも和風でも中華風でもおいしく食べられます。新鮮な野菜の入った「グリーンサラダ」をしっかり食べましょう。

 

1月26日の給食

 「学校給食週間」2日目です。
 今日は、「こづゆ」についてお話をします。「こづゆ」は会津地方の郷土料理です。お正月や結婚式などのお祝いの時に食べられます。ホタテの貝柱を水で戻した物をだし汁に使うのが特徴です。材料は、山の産物の「きくらげ、しいたけ」、里の産物の「さといも、にんじん」、海の産物の「ホタテの貝柱」です。こうした貯蔵できる「山の幸」「里の幸」「海の幸」や乾物などの食材を必ず膳に入れるところが、会津の食の特徴です。ホタテの貝柱のだしがきいていて、とても上品な汁物です。よく味わって食べましょう。

こづゆ
今日の献立:ご飯 こづゆ カップミートローフ ほうれん草の白和え 牛乳

1月25日の給食

 今日、1月25日から29日は、『全国学校給食週間』です。
 第二次世界大戦後の日本は食料不足にみまわれ、子どもはいつもお腹を空かせているような状況でした。こうした状況に、世界各国から支援物資が届けられ、戦争で中断されていた学校給食が再開されました。
 この時の支援物資の寄贈に感謝し、また、毎日食べている給食について考える週間です。
 南相馬市の今年の献立テーマは「地元の食材を楽しもう」です。福島県産の食材をとり入れた料理や郷土料理が盛り込んであります。今日は、おせちの定番で、大根とにんじんの紅白の色が色鮮やかな「なます」、大豆をつぶして火が通りやすくした打ち豆を入れた「打ち豆汁」です。給食のたくさんの食材のよさを感じながら味わって食べましょう。


なます 今日の献立:もち麦ご飯 打ち豆汁 サバの生姜煮 なます 牛乳

1月22日の給食

 今日は、「シチュー」についてお話をします。「シチュー」は、野菜と肉を入れて煮込んだスープのこと言います。白い色のクリームシチューや茶色のブラウンシチューがあります。とろりとしたルウは冷めにくく、食べると体があたたまりますね。今日は、じゃがいもや玉ねぎ、にんじん、キャベツ、鶏肉、大豆、牛乳が入った栄養満点の「クリームシチュー」です。
 コッペパンには梨ジャムをつけて、サラダの水菜とコーン、そして、クリームシチューもしっかり食べて、心も体も温めましょう。

クリームシチュー今日の献立:コッペパン なしジャム クリームシチュー 水菜とコーンのサラダ 牛乳

1月21日の給食

 今日は、「カミカミ献立」の日です。よくかむことを意識して食べるようにしましょう。「きんぴら」は、野菜や肉を油で炒めて、しょうゆや砂糖で味付けした昔ながらの日本料理です。ごぼう、れんこん、じゃがいも、大根などを使って作られます。今日は、ごぼうやにんじんやじゃがいも、いんげん、さつま揚げ、しいたけ、豚肉といろいろな食材を入れて作った「五目きんぴら」です。ごはんと、五目きんぴらをいっしょに口の中に入れてよくかんで食べましょう。このことを口内調味といいます。

五目きんぴら

今日の献立:麦ご飯 ワンタンスープ 枝豆入りたまご焼き 五目きんぴら 型抜きチーズ 牛乳

1月20日の給食

 今日は、「ずんだだんご」について、お話をします。「ずんだ」は、枝豆、またはそら豆をすりつぶしてペースト状にしたものです。宮城県をはじめとした、南東北の郷土料理です。今日の「ずんだだんご」の豆は、青大豆ペースト使いました。青大豆は、その名のとおり青い品種の大豆です。普通の大豆と比べると少し大きめで、たんぱく質などの栄養価はほぼ同じですが、脂肪分が普通の大豆の半分ほどでヘルシーなことが特徴です。甘みが強く、うま味も凝縮されとてもおいしいです。豆を使った和風スィーツ、『ずんだだんご』をよく味わって食べましょう。

ずんだ団子今日の献立:きつねうどん ジャコと小松菜の和え物 ずんだ団子 牛乳