ようこそ! 原町第一小学校のホームページへ!!
南相馬市立原町第一小学校は福島県の浜通りに位置する南相馬市原町区の中心部にあります。明治6年学制発布により南新田小学校として創設され、2013年に創設140周年を迎えた歴史ある小学校です。

以前のウェブサイトは こちら
 をご覧ください。
こんなことがありました!

出来事

5月22日の給食

給食クイズです。
Qサーターアンダギーは、どこの名物でしょうか?
 ①福島県
 ②東京都
 ③沖縄県

答え③番沖縄県です。
「サーター」は沖縄の言葉で"さとう"、「アンダギー」のアンダは油、アギーは揚げるという意味です。丸い揚げドーナツで、今日はブロック黒砂糖を使っています。ブロックの黒砂糖は、調理員さんがちょっと大きめにくだき、ドーナツの生地に加えることで、生地の中に小さいかたまりを残すことができます。

今日の献立:豚骨ラーメン 中華サラダ サーターアンダギー 牛乳

苦笑いサーターアンダギー。もう2~3個食べたかったです。

5月21日の給食

 今日は今が旬のアスパラガスについてのお話です。アスパラは若い芽の茎の部分を食べています。アスパラについている葉っぱのようなものを「はかま」といい正三角形のものが質が良く、先の部分がしまっていて太く、まっすぐなのがおいしいアスパラです。アスパラには体の代謝をよくし、疲労回復の効果があるアスパラギン酸というアミノ酸が多く含まれています。旬のアスパラガスの、甘くてポリポリした食感を味わってみましょう。


今日の献立:ピラフ アルファベットスープ アスパラガスのサラダ 豆乳プリン 牛乳
ほくそ笑む・ニヤリアスパラガス。サラダもおいしいですが、ベーコンを巻いて焼いたのもおいしいですよね。

5月20日の給食

 毎月19日は「食育の日」と国が定めています。南相馬市では、毎月19日近くのごはんの日を「日本型食事の献立」にしています。米・野菜・魚・大豆を中心とした伝統的な食事パターンに、肉・乳製品・卵・油・果物を加えた多様で栄養バランスのとれた豊かな食生活をすることが良いと言われています。新しい日本型食事は健康に良い食事です。今日は主食が麦ごはん、主菜があつやきたまご、副菜がかぶときゅうりのゆかり漬けと筑前煮の献立です。

今日の献立:むぎご飯 厚焼きタマゴ 筑前煮 カブとキュウリのゆかり漬け 牛乳
興奮・ヤッター!筑前煮の具材の中ではゴボウが好きです。

運動会 全体練習

 運動会の全体練習が始まりました。今日は入場行進、開閉会式、応援合戦の練習でした。

 それぞれの学年で行進や式での礼の仕方などを事前に練習していたためか、1回目にもかかわらず大変上手な練習でした。

4本のケヤキの前で、しっかり練習に取り組みました。

 

第1回 奉仕作業 ありがとうございました。

5月19日(日) 午前6時30分より奉仕作業を実施しました。

 校庭整備、校庭と中庭の除草、側溝の砂あげ、土嚢(のう)作り等の作業をしていただきました。

25日の運動会に向けてきれいな環境に整えていただきました。子どもたちも気持ちよく競技ができると思います。

大勢の方のご参加、誠にありがとうございました。

5月17日の給食

 給食クイズです。Q 大好きな給食メニューは、最初に全部食べてしまってもいいかな?

 ①最初に全部食べたほうがよい
 ②最後に食べたほうがよい
 ③牛乳・パン・おかずを交互に食べたほうがよい

 答え は③ 番です。

 大好きなおかずだからといって、最初に全部食べてしまってはよくありません。牛乳・パン・おかずは交互に食べることによって、少しずつ口の中に入るので、よくかむことにつながります。よくかんでおかず同士の様々な味を重ねたり、味の変化を楽しんだりしてみましょう。


今日の献立:黒糖コッペパン コーンポタージュ グリーンサラダ 牛乳
驚く・ビックリ黒糖コッペパンとコーンポタージュの組み合わせを考えた人はすごいと思いました。

5月16日の給食

 今日は『運動会おうえん献立』です。毎日、運動会に向けての練習をがんばっている皆さんの力になれるような給食になっています。とんとん拍子丼は、豚肉がたっぷり使われています。豚肉には、筋肉のもとになるタンパク質と体の疲れをとってくれる成分が入っています。また、じゃが芋やレモンにはビタミンCが入っていて、タンパク質を吸収しやすくして筋肉をたくましくしてくれます。しっかり食べて、しっかり栄養をとって、しっかり休んで、毎日元気にがんばりましょう。

今日の献立:とんとん拍子丼 ワカメとジャガイモの味噌汁 レモン漬け 牛乳
お辞儀とんとん拍子丼の豚肉のおかげで疲労回復できそうです。

5月15日の給食

 今日は「カミカミ献立の日」です。かむことの良さを表すことば『ひみこのはがい~ぜ』をおぼえていますか?

 では、内容について紹介していきます。『ひみこのはがいーぜ』の最初の文字『ひ』は肥満予防になります。よくかむことによって脳の満腹 中枢にはたらきかけ、食べ過ぎを防ぎます。次の文字『み』は、味覚が発達します。よくかんで食べることによって食べ物の味が良くわかるようになります。今日は『ひみこのはがい~ぜ』から2つの良いことを紹介しました。

今日の献立: 五目うどん かえり煮干しと青大豆の煮揚げ ニューサマーオレンジ 牛乳
笑うしっかり噛むと、大豆とごまのおいしさがよくわかりました。

5月14日の給食

 みなさんは『しっかり食べる』ことで、家族や仲間とのきずなを深めることができるのを知っていますか?同じ食べ物を食べると共通の話題ができ、会話も弾みます。『同じ釜の飯を食う。』ということわざは、生活をともにした親しい仲間との関係をいいます。みんなで一緒に食事をすることは大切なことですね。給食はお友だちと一緒に、まさに『同じ釜の飯を食う』です。絆を強め運動会に向けて、がんばりましょう。

今日の献立:ごはん 具だくさん味噌汁 タンドリーチキン 海苔和え 牛乳

喜ぶ・デレ白いご飯と具だくさんの味噌汁。それだけでも満足です。

 

 

 

5月13日の給食

 今日の主菜は『サケのレモンじょうゆ焼き』です。レモンは、メソポタミヤ文明のころから地中海沿岸地方の食生活にはなくてはならない食べ物でした。消費量をみても、日本を1とするとギリシャは13.7にもなります。レモンにはビタミンCが多く、これに含まれている成分が動脈硬化を防ぎます。脂肪分の多い食べ物をとっている地中海地方の人たちは、レモンのおかげで動脈硬化になる人が少ないそうです。レモンには、すごいパワーがありますね。みなさんも、夕食の唐揚げなどにレモンをしぼってみてはいかがでしょうか。

今日の献立:麦ご飯 たまごとほうれんそうのスープ サケのレモン醤油焼き 五目豆 牛乳

喜ぶ・デレサケは「薄味かな?」と思いましたがレモンのおかげでおいしくいただきました。