こんなことがありました!

出来事

今日の給食

メニュー

ご飯、豚汁、小松菜の海苔和え、鰯の蒲焼き、節分豆、牛乳。

今日は『節分 献立』です。節分とは『季節を分ける』という意味です。昔は春、夏、秋、冬と季節の変わり目毎、年4回あり、特に『立春』は新しい年の始まりで、立春 前日の節分は、今の大晦日と同じように大切な節目の日ですから、今もさまざまな行事や風習とともに『節分』として伝えられています。悪いことを起こす邪気を鬼に見立てて、鬼のきらいな、いわしの頭を家の玄関の外に飾ります。そして煎った大豆をまいて、家の中の鬼を追い出し、福を家の中に呼び込む豆まきなどの風習もあります。今年の節分は2月3日の日曜日です。

1年生 夜ノ森公園散策

先週、1年生は生活科の学習で夜ノ森公園に行ってきました。どんな風景が見つかったかな。

どんな物があるのかな。                いろいろ探検してみよう。

大きな木がたくさんあるね。              楽しそうな遊具があるよ。

滑り台も大きいね。                   大きなトンネルがいっぱい。楽しそう。

たくさん発見して、たくさん遊んで、楽しい学習でした。

今日の給食

メニュー

麦ご飯、すいとん汁、もやしのカレー和え、唐揚げorエビフライ、ミルメーク(コーヒーorいちご)、牛乳。

今日の汁物は『すいとん』です。では、クイズです。Qすいとんは、こねた小麦粉をとってちぎり、汁に投げ入れて作りますが、このことから、東北 地方では、面白い名前がついています。次のうちどれでしょうか? ①番 つかみなげ ②番 ちぎりなげ ③番 とってなげ  答えは、③番のとってなげです。その他にも全国では、『ひっつみ』『はっと』『つめり』『おだんす』など、すいとんは、いろいろな名前で呼ばれ、郷土料理として古くから食べられています。もともとは、戦時中の食べものが不足していた時代に主食と汁の代わりに作られていたお料理なのだそうです。

ハッピー小物入れ!

3年生の図工の授業から。

今日の図工は「小物入れ」を作る授業です。       小物入れってどんなものかな。

先生の見本を見て、どんな風に作るか考えてみよう。      材料はどんな物を使うといいかな。

作る小物入れのイメージを図に描いてみよう。      どの材料をどこに使えばいいかな。

考えた小物入れを発表してみよう。           グループで発表し合って、お互いにアドバイスしよう。

構想ができあがったら、次の時間から作品作りになります。足りない材料は自分で用意しましょう。すてきな作品ができるといいですね。

今日の給食

メニュー

揚げパン、ミネストローネ、イカと水菜のマリネ、牛乳。

今日は、砂糖をまぶしたシンプルな『揚げパン』です。揚げパンは、昭和40 年代の給食によく出されていました。昔は、固くて大きなコッペパンだったので、パンをおいしく全部食べてもらいたいために、考 え 出されたようです。今日はその当時の揚げパンを再現しました。学校給食は、子供たちの栄養 補給という大切な役割を持って始まり、現在では『食育』の重要な柱になっています。献立もバラエティー豊になり、日本各地の郷土食や世界各国の料理ガ登場します。また食事のマナーを学び、さらに日本の食文化を継承することも大切にされています。今日も、これからも、感謝の心を持って残さずよくかんで食べましょう。

おいしい顔ってどんな顔!

今日はお弁当の日です。みんなのおいしい顔を見せてもらいました。

全部の学級を回ってみましたが、みんなとてもおいしそうに食べていました。給食もおいしいけれど、たまのお弁当はなによりのごちそうですね。作って下さったお家の方に感謝!

クラブ活動写真撮影

今日はクラブ活動の写真撮影でした。

ここは科学クラブです。                試験管など小道具を持ってはいチーズ!

インフルエンザが増えてきて、6年生がそろわないクラブは来週撮影します。6年生のみなさん、体調を整えてくださいね。

今日の給食

メニュー

ソフトメン、肉うどん、なごみ和え、手作りゆべし、牛乳。

今日は『てづくりゆべし』のお話です。「ゆべし」は東北から北関東を 中心に昔から伝わる郷土の和菓子です。もともとは「柚餅子」といって 柚子やくるみの実を使った餅菓子ですが全国各地でいろいろな形・味・作り方があるそうです。福島県ではあん入りのゆべしがよく作られています。 今日は、”ごまゆべし”をスチームコンベクションで蒸しあげて作りました。調理員さんたちが心をこめて一つずつ手作りした郷土の和菓子をみんなで味わいましょう。

神楽を見せていただきました。

3年生は音楽の授業で、郷土音楽として「雫神楽(しどけかぐら)」を見せていただきました。

雫神楽を見せていただきました。 獅子舞踊りは躍動感たっぷりでした。

保存会の4名の方に来ていただきました。        楽器を触らせてもらいました。鈴は見た目もきれいです。

太鼓をたたかせていただきました。           獅子頭の中はどうなっているのかな?

獅子舞と言えば、そう、頭をかんでもらうのが定番ですね。 元気に丈夫に育ちますように。

みんな、かんでもらいたくてうずうずしてました。    年の初めから縁起のいいものを見て、いい年になりそう。

昔は、町内を神楽が練り歩く風景は、正月の風物詩でしたが、今ではニュースの中くらいでしか見る機会がありません。子どもたちもナマで見るのは初めての子がほとんどでした。とても楽しい時間をありがとうございました。

今日の給食

メニュー

ご飯、ポークカレー、イタリアンサラダ、牛乳。

今日は給食で大人気の献立、カレーです。カレーの日はいつもより、ごはんがすすみますね。おうちで食べるカレーもおいしいですが、給食のカレーがおいしく感じるのはなぜでしょう?調理員さんがおいしく作っていることはもちろん、 教室で全員が同じものを食べていることも理由の一つです。みんなでおいしさを分かち合うことで、よりおいしく感じます。楽しい食事は心にも体にもよい健康 法です。また、今日のサラダは、南相馬のレタス、きゅうり、大根をイタリアンドレッシングで和えました。かぜの予防に最適なビタミンCがたっぷりです。シャキシャキの歯ごたえを楽しみながら食べましょう。