ようこそ! 原町第二小学校のホームページへ!!


 南相馬市立原町第二小学校は、福島県の浜通りに位置する南相馬市原町区の中心部にあり、伝統行事である「相馬野馬追」の祭場地が近くにあります。
     
 平成31年 4月 1日現在180名の児童が「ひばりのように 生き生きとして 明るい子ども」の教育目標に向かって、元気に学校生活をスタートさせました。今年度重点目標は「きいて考え 伝えよう」です。今年度は、児童数も180人と昨年度より13名も増え、学級数も10クラスとなりました。教職員数も32名に増え、子どもたちと一緒に活動しています。
 震災後8年目を迎え、学校、家庭、地域それぞれが当事者意識を持って子どもたちを教育する「開かれた学校」を目指し、縦割り活動を生かした行事や地域人材を活用したゲストティーチャーによる出前教室を企画し、体験活動を大切に「特色ある学校づくり」に努めています。

ブログ

出来事

環境委員会から発表!

全校集会で、環境委員会からの発表がありました。1つ目は、花壇に入ったり花を抜いたりしないでほしいというお願い、2つ目は、植物の種についてのクイズ、3つ目は、飲み終わった後の牛乳パックの正しい開き方についての説明がありました。環境委員会は、日ごろ、花の世話が主な仕事ですが、その他にもたくさんの仕事をしていることが全校生に分かったと思います。これからも学校の環境をよくするために、みんなで協力して頑張ってください。

 

家庭科・調理 おいしくできたかな?

6年生が、家庭科の授業で、調理実習を行いました。挑戦した料理は、ジャーマンポテトと小松菜の油炒めです。ジャガイモの皮をむくのに手間取っている児童、タマネギを切って涙を流していた児童といろいろありましたが、最後はおいしくできあがっていました。お家でも、週末に作ってあげると良いですね。

鉛筆 正しい持ち方で!!

1年生は、入学してから全員が、鉛筆を正しく持てるように「はなまるくん」というものを使用しています。鉛筆にはなまるくんを差し込んで、へこみに沿って指を添えて、字を書く練習をしています。鉛筆の持ち方は、一度違って覚えてしまうとなかなか直すことができません。今からしっかりと正しく持てるようにして行きます。

わき芽をとりました!

2年生が、先月植えたミニトマトのわき芽をとりました。すくすく育っている芽をとるのに少し残念がっている児童もいましたが、大きく育てるため、一生懸命わき芽をとっていました。収穫できる日が待ち遠しいですね。

学校の行事や校内外学習、その他お知らせなど、随時更新中!!

   
左上の
学校の様子
をクリックしてみてください。

ひばりっ子の活躍をぜひ、ごらんください(^O^)/

学校はココにあります。

学校へのアクセス

JR原ノ町駅から
  常磐交通バス 原町・相馬線
栄町二丁目下車(約5分)
栄町二丁目から徒歩5分
徒歩15分(約1Km)
車の場合は国道6号線
  高見町信号下り線左折2.3Km
  原町一小前信号左折1Km