トップページ

第49回卒業証書授与式

 本日は、穏やかな晴天の下で第49回卒業証書授与式が挙行されました。今年度卒業生21名が欠席することなく元気に登校し、無事に卒業証書を授与されました。また、過日ホームページでも記事にしましたMIMORONE様よりいただいたハットピンを胸の位置に取り付けて式に臨みました。当日の様子はテレビ放送でも放映される予定ですので楽しみです。とても元気で明るく、礼儀正しい3年生たちでした。「令和2年度小高中学校卒業生の未来に幸あれ!」

0

東日本大震災の追悼をおこないました

 卒業式前最後の練習の後に、東日本大震災の追悼をおこないました。
最初に東日本大震災で亡くなられた全ての方に追悼の意を表し、全校生徒、職員が黙祷をしました。その後、校長から震災、津波の影響で犠牲になられた本校生徒についてや東日本大震災10年を迎えた今日の思い、亡くなられた全ての方に対する追悼の言葉がありました。

0

素敵なお花をいただきました

 明日の卒業式を間近に控え、本校卒業生の保護者とOurPlanet-TV様より素敵なお花が学校に届きました。当日は3年生教室と保護者控え室に飾りたいと思います。素敵なお花をお送りいただき、本当にありがとうございました。

0

卒業式予行練習

 昨日、卒業式予行練習を行いました。入退場、卒業証書授与、立礼、座礼、式歌など一通り行い、修正点について再度練習をして動作等の確認をしました。今年度の卒業式も規模を縮小化しての実施となりますが、3年生にとっては一生に一度きりの中学校卒業式となりますので思い出深い式となるよう全力でバックアップしたいと思います。

0

ハットピンを寄贈いただきました

 本日、南相馬市小高区NPO法人浮舟の里内 MIMORONE(ミモロネ)様より、本校3年生へとハットピンを寄贈いただきました。
 寄贈いただくに当たり、事の経緯をお伝えしたいと思います。地元のMIMORONE様で作られた絹糸を日鷲神社(南相馬市小高区女場)の西山様が育てた藍で染めてハットピンを制作されました。群青色に近くなるため「群青」の歌や校歌等で群青に想いのある小高中学校に贈りたいという想いから今回の寄贈のお話が出てまいりました。
 昼休みに3年生学級委員の2名が校長室で代表の方から3年生21名分のハットピンを渡していただきました。このハットピンは12日の卒業式の日にコサージュと一緒に胸の位置に取り付けて参加することになっています。
 このたびはMIMORONE様、たいへん素敵な商品を寄贈いただき、本当にありがとうございました。3年生にとっては大変思い出深い記念品になると思います。

0

桜の植樹

 暦の上では春を迎え、桜の開花が待ち遠しい時期になってきました。今回、相馬市原町建設業組合様より、桜の植樹を希望する学校に対して、苗木の準備や植樹の手伝いをしていただけるという申し出があり、本校は2本の桜の苗木を希望しました。卒業間近に控えた3年生にとって少しでも思い出に残るイベントになればと学級活動の時間に植樹をおこなうことにしました。当日は地元の末永造園様に協力いただき、2班に分かれ肥料と土を混ぜるのと、根がしっかりと地面に張るように木の棒で突いて固める作業をしました。そして、最後に記念撮影をしました。5年後、10年後と節目の年などに、または、同級会などを開く時に桜の成長を見に来たり、話題にしてもらえたりできるといいのかなと思いました。末永造園の皆様、たいへんお世話になりました。

0

お祝い給食

 先週金曜日、例年であれば全校生徒でバイキング給食をいただく時期でしたが、今年はコロナ禍の影響それができなくなる見通しでした。しかし、3年生が卒業を間近に控えており、給食関係者の方々がなんとかできないかと工夫をして考えてくださり今回のお祝い給食を実施することになりました。当日は、小高区4小学校等から調理員さんや栄養士の先生が準備のために来てくださり、いつもより大人数での給食準備となりました。わかめごはんやゆかりごはん、バターロールパン、鶏肉の唐揚げ、マセドアンサラダ、イタリアンスープ、フルーツ盛り合わせなど、たくさんのおかずが準備され、3年生はおなかいっぱいに美味しい給食をいただくことができました。ご準備いただいた給食関係者の皆様、本当にありがとうございました。

0

今年度最後の生徒会専門委員会

 後期第2回目の生徒会専門委員会をおこないました。今年度最後の委員会であり、後期の活動の反省や次年度に引き継ぎたいことについて、3月の活動内容について等話し合われました。今年度は、コロナ禍の影響もあり、十分な活動ができない部分もありましたが、各委員会で工夫しながら活動を進めることができました。たいへんお疲れ様でした。

0

最優秀賞!

2年生の梅田君が南相馬市交通安全スローガンコンクールにおいて最優秀賞を受賞しました。

スローガン「車でも 密をさけよう 車間距離」

後日、全校集会で表彰伝達を行います。梅田君、おめでとうございます。

0

浮舟集会

 浮舟集会(全校集会)があり、過日行われた第74回福島県下小・中学校音楽祭(第3部創作)で奨励賞を受賞した3年生荒井君への表彰伝達が行われました。その後、生徒会役員から身だしなみについて意識を高める啓発がありました。最近、頭髪や服装の乱れが見受けられたところでしたので、生徒同士で改善を促す取り組みは効果的であると思います。今日はさらに3年生がギター、キーボード演奏をバックに数名の生徒がヴォーカルを演じるミニコンサートがあり、ビートルズの「レット・イット・ビー」をしっとりと演じてくれました。素敵な演奏をありがとうございました。間もなく迎える前期選抜入試試験に向けてラストスパートを頑張ってほしいと思います。

0

授業参観を実施しました

 今年度はコロナ禍の影響により、第1回目の授業参観は中止となり、本日今年度最初で最後の授業参観を実施しました。今回、ソーシャルディスタンスを始めとした新型コロナウイルス感染症予防対策のため、保護者の皆様には教室廊下からご参観いただきました。各学年の学級担任が授業を行い、どの学年の生徒も積極的に授業に取り組む姿が見られました。本日はご多用の中、来校いただいた保護者の皆様にはたいへんお世話になりました。

0

出水の学校まごころ便「ツルの里からのお年玉」

 昨日、日本赤十字社福島県支部担当者の方を通じて、鹿児島県出水市の小中高生の皆様より支援物資(図書カード、さつまいも)をいただきました。これは、出水の学校まごころ便「ツルの里からのお年玉」と呼ばれる事業の一環であり、今回で10回目となります。震災以降毎年続けて温かい思いやりを感じる心のこもった品物を届けていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。今年で震災から10年という節目の年をむかえているわけですが、福島県南相馬市(小高区)は復興に向けてまだ道半ばです。これからも今回のような温かい思いやりの気持ちを励みにしながら福島県民として頑張っていければと感じました。このたびは、出水の各学校の皆様、日本赤十字社福島県支部の皆様、本当にありがとうございました。

0

足踏み式消毒液スタンドを寄贈いただきました

 本日、小高産業技術高等学校にて小高産業技術高等学校 機械科 課題研究班の代表生徒さんから同班製作の足踏み式消毒液スタンド「Pandemic Stopper」を寄贈いただきました。このスタンドは学校で使われなくなった机の再利用で作られたものであり、消毒液ボトルに合わせて高さが調節可能、ペダルを踏むと触れずに手指を消毒できる優れものです。今回、小高産業技術高等学校のご厚意により、今日まで製作したものの中で最後の1台にあたるものをいただくことができました。今後、必要とされる場所に設置して有効利用したいと思います。
 本日は、小高産業技術高等学校の校長先生をはじめとし、機械科の諸先生方、課題研究班の生徒のみなさん、本当にありがとうございました。

 

0

第2学期終業式

 今日で84日間の2学期が終了となりました。第2学期終業式を行った後に、各学年生徒代表から意見発表「2学期の反省と新年の抱負」がありました。どの代表生徒も2学期の反省点を明確にして、新たな目標立てをした立派な発表でした。その後、自主学習ノート優秀賞等の表彰がありました。
 明日から15日間の短い冬休みとなりますが、新型コロナウイルス感染症やインフルエンザウイルス等の感染症に気をつけながら、有意義で楽しい冬休みを過ごしてほしいと思います。

0

スクールチャレンジ南相馬市大会表彰がありました

 スクールチャレンジ南相馬市大会2020の表彰が本校校長室でありました。今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、一堂に会しての発表はなく動画のみでの審査となりましたが、2学年代表生徒4名の頑張りにより、優秀賞をいただくことができました。
 南相馬市教育長様より賞状及び目録を手渡していただき、緊張しながらも感慨深い様子でした。代表生徒4名のみなさん、おめでとうございました!!

 

0