ようこそ 小高中学校ホームページへ

小高中学校ホームページへようこそ

昭和47年(1972年)
 小高・福浦・金房の中学校を統合し、小高町立小高中学校となる
平成18年(2005年) 合併により南相馬市立小高中学校となる

平成23年3月11日  東日本大震災・原発事故~避難
平成23年4月     南相馬市鹿島区に仮設校舎開設
平成28年7月12日  小高区の大部分が避難指示解除となる
平成29年4月 1日  小高中学校は元の校舎にて教育活動を再開
      

 
 
  
〒  979-2157    福島県南相馬市小高区吉名字中坪1
Tel 0244-44-2023  
      Fax  0244-66-2121
                               
E-mail  :  odaka-j@fcs.ed.jp

トップページ

中学校最後の定期テストにチャレンジ中!

学年末テスト(3学年)1日目

本日から2日間にかけて、3年生の学年末テストが実施されています。

(4時限目:美術のテストに黙々と取り組んでいます。)

 

3年生の教室の掲示されている学級目標の通り、

中学校最後の定期テストを

しっかりとり遂げ

まばゆい自分のめを掴み取ってほしいです!

頑張れ!3年生!

 

0

オンライン学習の体験を行いました。

第2回オンライン学習体験の実施

1月20日(木)6校時目に、全学級で「オンライン学習」の体験を行いました。

今回は学級または学校が数日間閉鎖となり、各家庭でタブレットによるオンライン学習を行うという想定で行われました。

6校時目が始まると、まず職員室で待機している担任の先生から、教室の生徒一人一人のタブレットに「朝の出欠確認シート」が配信され、生徒は朝の健康状態等を入力し返信をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の健康状態を確認した後は、教科担当の先生の授業が始まりました。

本日は1年生が英語、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生は社会

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生は数学の授業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、プリントを配信したり、学習プリントの学習内容を指示したり、AIドリルの学習を指示したりしていました。

 

生徒の皆さんは、教科担任の先生の指示を受けて約30分の学習に真剣に取り組んでいました。

今後、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況に応じて、このようなオンライン学習を進めていくこととなります。

0

ツルの里からまごころ便が届きました。

鹿児島県出水市の小中生からのまごころ便『ツルの里からお年玉』が届きました。

 毎年青少年赤十字を通して、鹿児島県出水市(いずみし)の小中高生より贈っていただいている『ツルの里からお年玉』が今年も学校に届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(出水市産のさつまいもと図書カードです。)

 

 1月17日(月)、青少年赤十字指導講師の阿部様が小高中学校にまごころ便を届けてくださりました。

 

贈っていただいた出水市の米ノ倉小学校、大川内小学校の皆さんの温かい思いやりの心が伝わってきました。

出水市のこの支援活動は今年度で11年目となり、長い期間支援をしていただいております。

本当にありがとうございます。

0

おいしいぽんかんをいただきました。

静岡県清水両河内中よりぽんかんが届きました。

毎年、生徒会の交流を続けている静岡県の清水両河内中より、静岡県のぽんかんが届きました。

このぽんかんは、清水両河内中がお茶摘み体験でお世話になっている地域の方が

「小高中の皆さんにも食べていただきたい!」

という想いから,送っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

金曜日に生徒会から各学級に配られました。

 

毎日寒い日が続いています。いただいたぽんかんをこたつに入りながら食べて暖まるのもいいですね(^o^)

清水両河内中の皆さん、地域の皆さん、本当にありがとうございました。

0

3学期がスタートしました。

3学期 始業式

本日1月11日(火)、多目的ホールにおいて令和3年度第3学期始業式が行われました。

式では校長より

『目標は立てることも大切ですが、それを達成するために何をすればよいかを考え、確実に実行することの方が大切です。

3年生は自身の進路の実現に向けて、何をしなければいけないのかを考えて、学習に打ち込んでください。1・2年生は次年度の飛躍に向けて1日1日を大切に過ごしてください。』

と式辞がありました。

 

<各学年代表生徒による新年の抱負>

1年:發田さん

「冬休みの反省を踏まえて、①早寝早起きを実行する、②早めに宿題を終わらせて寝る時間を早くする、③集中して勉強に取り組み,メリハリをつける、この3つのことを意識して、1日1日大切に過ごしていきたいです。」

 

2年:岡部くん

「3学期は、①早寝早起きを心がける。②苦手な教科にもしっかり取組み、テストで点数をとる。③部活動では大会で勝てるように練習に一生懸命に打ち込む。この3つを目標にして頑張りたいと思います。

 

3年:髙野さん

「3年生にとって大切な3学期は、学習面と生活面において次の点を意識し生活していきたいと思います。

 学習面・・・できなかった所やわからなかった内容の復習をしっかり行う。

 生活面・・・規則正しい生活を心がけ、受験にむけて体調管理に注意して1日1日を生活していく。

 中学校生活の残り3ヶ月、後輩の手本となるような行動を心がけていきたいです。

 

その後、今年度学力向上を目指して実施した「基礎学力向上テスト」成績優秀者に対して表彰が行われました。

★パーフェクト賞(3回すべて満点合格)

 3年生(3名)、1年生(4名)

★グッドジョブ賞(3回すべて合格(8割))

 3年生(5名)、2年生(5名)、1年生(2名)

梅田君(3年)が、代表で表彰を受けました。

 

今日から3学期のスタートです。

それぞれが立てた目標の実現に向けて頑張っていきましょう。

 

0

2学期終業式

2学期終業式

12月23日(木)、多目的教室において第2学期の終業式が行われました。


式では、校長より

「2学期は85日という長い学期でありましたが、日常の学習だけでなく、職場体験や修学旅行、群青祭などを通して、一人一人が『高い志を持つ』『夢を持つ』ことに向けて努力をした学期でした。18日の冬休みの期間中には、『新年の志を持つ』ことを行ってください。皆さんが、穏やかで平和な新年を迎えられるよう心から願っています。」 

と式辞がありました。

【代表生徒による意見発表】
1年 伊東くん

・今後陸上の1500mの自己ベスト更新を目指して、練習にしっかりと取り組みたいです。勉強では学年末テストで目標の点数をとれるように、やりたいことを我慢して勉強に打ち込みたいです。


2年 高橋さん

・2学期は職場体験学習や群青祭など、たのしい思い出がたくさんでき、とても充実していました。3学期も楽しい思い出をたくさん作りたいです。


3年 伊東くん

・この冬休みは、自分の進路を実現させるためにも、勉強面で充実した休みにしたいと思います。



式後、各学級で通知表が配られました。
(各担任から、通知表をみながら一人一人に学習や生活面でのアドバイスをしています。)

【1年生】

 

【2年生】

 

【3年生】

 

 

(各学級で、文部科学大臣からのメッセージが配られ、命の大切さについて考えました。)

 

生徒の皆さん、1月11日に元気に会いましょう!

充実した冬休みをお過ごしください。

 

0

創価学会様より本を寄贈していただきました

創価学会様から本を寄贈していただきました。

過去3年間、創価学会様より復興支援教育運動の一環として、優良図書の寄贈していただいておりましたが、

本年度も12月22日(水)、20冊の本を寄贈していただきました。

ありがとうございました。

 

0

福島大学の学生による学習支援(3年生)

福島大学の学生による中学生学習支援プロジェクト

12月22日(水)に、本校に福島大学より大学生が4名来られました。

今回は中学3年生を対象に「学習支援」を実施していただけるということで来校されました。

 

【第1部】14:20~14:50

パネルディスカッション~テーマ:冬休みおすすめ勉強法~

大学生(4名)と中学生(2名)の計6名によるパネルディスカッションです。

「こだわり勉強法」や「勉強が辛いときの対処法」など、大学生がファシリテーターとして、会をコーディネートしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

『トイレ&お風呂の空間を利用した勉強法』や『年末年始勉強大作成!』、『苦手教科の勉強法』など、テーマに基づいた話し合いが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生代表で参加した松本君と髙野さんは

「参考になることがたくさんありました。」

と話していました。

最後には大学生から次のような応援メッセージをいただきました。

「今年は、誘惑に負けない休みにしてください。今年の年末年始はテレビを我慢してみませんか(^o^)」

3年生を代表して、河村君からお礼のことばがありました。

 

【第2部】15:00~15:50

 学習支援(学力向上タイムにおける学習サポート)

第2部では、会場を3年生教室に移し、学力向上タイム(自主勉強)における学習サポートとして、大学生4名が、質問を受けたり、学習のアドバイスをしてくれたりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生の皆さんは、大学生からよい刺激を受け、普段以上に真剣に学習に取り組んでいました。

大学生の皆さん、ありがとうございました。

 

 

0

『感謝状』をいただきました。

第40回人権作文コンテスト『感謝状』をいただきました。

12月6日に校長室において、令和3年度 第40回人権作文コンテストの表彰式を行いましたが、

先日福島県法務局相馬支局長の吉田様が学校に来られ、本校に『感謝状』を贈呈していただきました。

この感謝状は、多くの作品を応募した学校に贈られるそうです。

(今年度、小高中からは34点の参加がありました。)

吉田様は

「ぜひ来年も、小高中の皆さんの『人権』に対する想いを言葉に載せ、多くの作文を応募してください。」

と話されていました。

0

清水両河内中の皆さんとリモート交流

清水両河内中(静岡県)の生徒会の皆さんとリモート交流会を行いました。

本校と長年生徒会間の交流を続けている静岡県清水両河内中の生徒会の皆さんと、今年度2回目のリモート交流会を実施しました。

 

交流会ではまず、ぞれぞれの自己紹介を行いました。

(笑 少し緊張気味?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

互いの生徒会の活動を紹介し合いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本校の「群青祭」の映像を視聴してもらった後には、「文化祭の準備にはどの程度の日数がかかりましたか?」といった質問があり、会長の河村くんが応える場面もありました。

 

最初は少し緊張気味でしたが、慣れてくると自然と笑い声が出たり、つぶやきが出たりと楽しい40分の交流でした。

今後も、このような交流を継続していきたいですね。

清水両河内中のみなさん、ありがとうございました。

なお、この交流会の様子は、長年本校の生徒の様子を取材しているOurPlanetTVの方が撮影されていました。

(2日間の取材、ありがとうございました。)

0

全校生徒に防災備蓄品(非常食)の配付を行いました。

防災備蓄品(非常食)の配付(南相馬市危機管理課より)

本日、市の危機管理課より災害時における防災備蓄品(非常食)の配付がありました。

 

(非常用飲料水、クラッカー、五目ごはん、缶詰2)

○担当教諭から各学年の代表生徒が備蓄品を受け取り、学級で配付しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを機会に、防災備蓄の重要性を認識するとともに、食べ物の大切さを再確認してほしいと思います。

(3年生)

 

(2年生)

 

(1年生)

 

 

0

【重要】家庭学習支援金の申請期限が近づいております。

 現在お知らせしております家庭学習支援金等について、申請書の様式を併せて添付いたしますので、申請書を紛失されてしまった方がいらっしゃいましたらば、こちらを印刷してお使いください。
 なお、提出の際は、添付書類に不備がないかチェック表でご確認の上、ご申請下さい。

 

【別紙2】家庭学習支援金等に関するお知らせ.docx

21(様式第1号)家庭学習支援金給付申請書.docx

22(様式第2号)通信環境整備支援金給付申請書.docx

24提出書類チェック表.docx

0

学校を彩る作品展示

素敵な美術の作品を展示しています。(1、3年美術科)

夜の校舎を歩いていると素敵な明かり遭遇しました。

これは3年生の美術の授業で制作した「ステンドグラス風ランプシェード」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品は、カラフルな色使いと光を受けてキラキラと輝いています。

 

また、1年生が作成した「手作り鍋敷き」も廊下に掲示されています。

これからの季節、各家庭で重宝されるのではないでしょうか(笑)

1年生の個性が表れた素敵な作品が勢揃いです!

0

今年最後の研究授業(1年 数学科)

数学科研究授業実施(1年)

本日6校時目に南相馬市教育委員会の郡司指導主事をお迎えし、今年3回目の齋藤教諭による数学科の研究授業が実施されました。

(南相馬市教育委員会では、児童生徒の算数・数学の学力向上を目的として、各学校の算数・数学の授業改善の支援を行っています。)

1年生の図形の学習です。

「この交わる2つの円には、どのような関係が隠されているのでしょう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

齋藤教諭は生徒の発言やアイデアをコーディネートしながら、隠された関係を見いだしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

授業の最後には、生徒の皆さんは見つけた関係を使って直角三角形の作図を考えていました。

12月に入り、気温も急に下がってきました。

冬休みまで残り約一週間です。生徒の皆さんは体調管理に注意しましょう。

(校舎内の飾りも冬一色ですね。)

 

 

0

互見授業実施 ~音楽科 題材「赤とんぼ」~

互見授業実施(1年音楽科)

本日12月10日(金)4校時目に1年生音楽科の互見授業が行われました。

「赤とんぼ」を題材として、音楽を形作っている様々な要素に着目させ、曲にふさわしい表現を考えることをねらいとした授業でした。

担当の秋元教諭は、普段の授業から積極的にICT(タブレット)を活用しており、本時においても、生徒自身の歌声を録音したり、思考ツールを活用したり、教師からの資料の配信を行ったりと、様々な場面で効果的に活用していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒達は、作曲家や作詞家の思いやすごさを知り、自分たちなりにその思いをどう表現するか工夫していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋元教諭は、生徒の発言を上手に引き出しながら授業をコーディネートしています。

授業の最後には、再度自分の歌声を聞く活動がありました。

生徒の皆さんは恥ずかしそうにしながらも、最初の歌声と聞きくらべをしておりました。

この2学期は、先生達にとっても「学びの秋」として、多くの互見授業を実施し、生徒の皆さんに負けないように「学び」を充実させていました。

0

「道徳のとびら」を開いてみませんか?

「道徳のとびら」(福島県教育委員会作成)を配付しました。

 

本日、福島県教育委員会が作成した『道徳のとびら』というリーフレットを配付いたしました。

このリーフレットは、県内の小・中学校における道徳教育についてのお知らせの内容になっています。

ぜひ、お子様と一緒に道徳のとびらを開いてみませんか?

 

道徳のとびら.pdf

本校でも、7月に「人権問題」をテーマに全校道徳を実施するなど、道徳教育に力を入れております。

(⇩7月の全校道徳の様子です。)

0

学習塾と連携した学力強化事業実施

2年生 学習塾と連携した学力強化事業 実施

12月8日(水)の5校時目は、2学年において仙台の河合塾から講師の先生をお迎えして国語の授業が行われました。

 

講師の先生からは「まずは敵を知ること!そこから受験対策が始まります!」というアドバイスをいただき、過去10年分の福島県の高校入試の問題の分析から見えてきた受験対策についてお話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒の皆さんは、真剣な表情で話を聞き、ポイントになる部分をアンダーラインを引いたり、メモを残したりしていました。

普段の授業とはまた違って、いい刺激を受けながら学習を進めていたようです。

授業の最後に講師の先生が次のようにお話しされました。

「日々の勉強が入試につながっています!頑張ってください!」

0

第40回人権作文コンテストの表彰が行われました。

令和3年度第40回人権作文コンテスト表彰

12月6日(月)の放課後、令和3年度第40回人権作文コンテストの表彰状の贈呈が校長室で行われました。

<奨励賞…1年 發田祐華さん>

 

受賞した發田さんに、福島地方法務局相馬支局長の吉田様より表彰状が授与されました。

 

受賞した發田さん、たいへんおめでとうございます。

また、今回は小高中より34点の参加があり、支局長の吉田様より感謝のことばをいただきました。

これをきっかけに、全校生で「人権」について意識を高めていきたいですね。

0