カテゴリ:今日の出来事

日赤支援「スキー教室」行ってきました。

昨日,31日(火),朝 6時20分,小高中学校の1年生,2年生を乗せた貸切りバスが2台,南相馬市道の駅を出発しました。
小高中学校,6時50分,そして,相馬の大野台,7時20分,と,各地に避難している生徒が集まったところで,いよいよバスは,「みやぎ蔵王白石スキー場」を目指します。

この日の朝に降った雪が心配されましたが,そんな心配は一気に解消!!
相馬と新地の境,大沢峠からは,道路は乾燥路面で,安全に白石まで進みました。

天気も上々,と期待していましたが,標高を400メートル過ぎたあたりから,風が出てきました。
いよいよ白石スキー場に到着~☆,
そこは,下界とは比べものにならないほどの,地吹雪状態でした。
強風が通り過ぎるまで,飛ばされないように体を固くして耐えなければなりません。
まさにその瞬間は「ホワイト・アウト」まあ,長くて2,3秒ですが,いつまでこの強風が続くのでしょう~。
リフトも強風のため動きません。

それでも,「子どもは風の子」!!
4~7人の班編成で,スキーのインストラクターによる,スキー教室が始まりました。
初心者コースでも,大丈夫!!

自然の厳しさを味わい,厳しいレッスンの後は,お楽しみ「スキー場の大盛カレーライス」です。

午後からは,自由滑走の時間です。なかなかリフトが動きません!
でも,ついに,中央クワットリフト,第3リフトが動き出しました。

自由滑走の時間の過ぎるのはアッ!という間。終了時刻には,皆さん,ほてった明るい表情で白石スキー場をあとにしました。

バスの中では,カラオケで大盛り上がり?と思いきや,生徒が本当に乗っているのか確かめたくなるぐらい静か,全員「夢の世界へ」~♪でした。きっと,名スキーヤーになった夢を見ていたのでしょう~☆



0

避難訓練・・・煙体験・・・

今年度2回目の避難訓練を行いました。
仮設校舎での避難訓練は最後ですので,「普通火災訓練」で実施しました。先生方の処置行動,生徒一人一人の避難行動も,毎日,「仮設校舎という避難生活」を送っているので,さすが,というほど迅速かつ,真剣に取組むことができました。

避難訓練の後は,「煙体験」です。
仮設校舎2階の教室のひとつを締め切り,消防署員の方がスモークマシンを使って煙を充満させました。

煙を十分に充填した教室内は,まるで夜のように真っ暗です。恐怖すら感じます。
消防署員の方に誘導していただきながら,3年生男子から一列で煙の中を潜り抜けました。

先生方も全員,煙体験を行いました。起き上がって歩くとまったく視界がきかず,しゃがみ込むように低い姿勢で進んだほうが,十分な視界を得ることができるようです。

* 数年前の煙体験は「大型の発炎筒」で行いましたが,今回は原町消防本部所有の舞台演出などでも使用されるスモークマシンを使用した,人畜無害な煙で行いました。
【今回の訓練では,燃料を半分も使用しませんでした。煙体験を希望される学校がございましたら,ご相談ください。】
0

3年生「進路事務説明会」開催

今年度の高校説明会は6月23日に実施,小高中学校としては過去にない早期の開催でした。
「部活動から進路対策への早めの意識の切り替え」「夏季休業中の学習への意欲付け」「高校を知ってからの体験入学の実施」とメリットはたくさんありました。


それから約5ヶ月を経た本日,いよいよ希望した進路へ向けての,具体的内容,事務手続きの実際などの「進路事務説明会」を開催いたしました。

 
3年生と保護者の皆様が,同時に大切な説明を聴くことで,より確実に希望進路への梶を取ることができるのではないかと思います。
来年の今頃,きっと充実した生活を送っていると,期待したいです
0

市スーパーティーチャー授業公開,開催

南相馬市で主催している事業「スーパーティチャー」による,授業公開を,1年生で行いました。
教科は「道徳」~☆。
文部科学省では,(学習指導要領)「道徳」の授業改善のため,これから「特別の教科である道徳」通称,「道徳科」への転換をすすめております。
「よりよく生きるための基礎となるための道徳性を養う」ことが目標です。いじめ問題への対応や,発達段階をよりいっそう踏まえた「考える道徳」「議論する道徳」をとおして,自分自身の問題と据え向き合う,学びの道徳がはじまります。

小高中学校の先生方も,授業のキャリアを積んだ,「スーパーティーチャー」ばかりです。小高中学校の生徒のために,さらに,「ウルトラスーパー」をめざして,「宮城教育大学名誉教授」の先生をお招きして,授業研究会を行いました。
0

福島県駅伝大会参加のため特設駅伝部,西郷村へ出発

「第59回福島県中学校体育大会駅伝競走大会」が,西白河郡西郷村で開催されます。

5日の今日は,現地にて会場練習と開始式,6日(第2日)に競技がスタートします。
台風18号の接近が心配されるところですが,今日の午前中の現地練習は,本校女子特設駅伝部の8名がまずまずのコンディションといったところでしょうか。

明日の,女子の部のスタートが,午前10時。
県内各地区の強豪代表チームがひしめく中,ぜひ,名門「小高中学校」全員プレーで,襷(たすき)をつないでください。みんなで応援しています。

0

駅伝競走相双地区予選大会参加

中学校体育大会駅伝競走相双地区予選大会が,今日,南相馬市博物館の周辺コースで開催されました。
本校では,男子特設駅伝チーム 総勢9名   女子特設駅伝チーム総勢8名で, 夏休み前から,鹿島小学校東側田園コースで練習してきました。

本日,いよいよ強豪チームとの実戦です。
女子が10:00にスタートしました。台風とはうって変わって,朝から青空が広がり,暑い太陽がギラギラと照り付けました。
男女とも,健闘し,男子が7位,女子が6位入賞で県大会出場をきめました。


選手の皆さん。自分の納得が行く走りで,存分に楽しむことができたでしょうか。
一人一人が仲間のために,一本の襷(タスキ)にゴールへの願いを込めて力を出し尽くした,素晴らしい走りに,拍手をおくります!!


       * このページに掲載可能な,競技中(準備中)の様子の写真をお寄せください。
0

相馬地方(郡)中学校英語弁論大会に出場しました。

夏休み中,遠い仮設校舎まで毎日通い,「英語弁論大会」(中学校教育研究会主催)の発表に向けて,練習を重ねてきました。
いよいよ本日,その発表のステージが,
相馬市民会館で行われました。



創作の部に出場した牛来麗奈さんが第2位入賞、暗唱の部に出場した黒木 萌さんが優良賞を獲得しました。夏休み中、部活動や県合唱コンクールの練習でも忙しい二人でしたが、限られた時間の中で集中して練習に取り組み、素晴らしい成果を得ることができました。
二人のひと夏のがんばりに大きな拍手を送ります。
0

国際ソロプチにスト「思春期保健講座」(1年生)

きょう6校時は,1年生の「思春期保健講座」です。小高中学校では,「国際ソロプチにスト」という働く婦人を中心とする国際組織の支部の方々毎年お世話になっています。
今回は「1年生」が対象です。
1年生は,大震災の当時,小学校2年生を修了しようとしていました。小学校3年生からずっと避難生活を続けています。
「思春期」といわれる,第二次成長期の1年生にとって,自分自身を知り,自分を大切に素敵に成長させるために必要な学習をすることができました。
今後,成長過程にあわせた「思春期講座」で,学習を重ね,素敵な社会生活を営む,自立した社会人に育つことを願っています。
0

朝霧を突いて特設駅伝部の練習~!!

きょうは「特設駅伝部」の練習をご紹介いたします。
特設駅伝部の練習は,ソフトテニス部やサッカー部,バスケットボール部など,所属の部活動が9時からの練習開始を前に,練習を行います。
 
「なるほど,朝練みたいなもんかね。」  朝練にはまちがいなのですが,小高中学校の部員は,夏休みも部活動用のスクールバスで鹿島の仮設校舎に集まって練習します。そのため,・・・・・・
 

相馬,原町ともに朝,6時30分発のバスで,鹿島小学校に7時20分ごろに到着します。
7時30分から,特設駅伝部の練習が開始します。

鹿島小学校から東,右田浜の方角を目指し走りこみます。
朝日もすでに高く,気温がぐんぐん上がる中,特設駅伝部の練習熱も,日に日に燃え上がり,チームとしての統一感が強くかんじられるようになりました。

 
0

電子黒板にデジタル教科書!!今や時代はITからICTへ~

では,次の問題!。
「電子〇〇」5つ答えよ!!。ファイブ,ボンバー。

「え~と,電子オルガン。」  ピンポン♪
「電子計算機」   ピンポン ♪
「電子,ん~と,ん~と,電子レンジ」  ピンポン♪
「電子辞書ォ~!」 ピンポン♪,ピンポン♪
「えーと,えーと,えーと,,,,あと,なにあったっけかぁ~・・・・えっとォ~,,」・・・・ボッッカァ~ン!!!


実は,本校(小高本校)にも,電子黒板は既に1台整備され,震災前に活用されていました。
サイズは51インチで,当時の電子黒板では超高額品だったと思います。

このたび,南相馬市では,全ての小中学校の各クラスに電子黒板が配備されました。
製品はかなり改善されています。例えば,画面のセンサーと液晶パネルが始めから一体化され,スピーカーも内臓です。画面の大きさはなんと65インチ サイズ。縦の長さは,今使っている普通の黒板とほぼ同じ寸法です。

機能も改善され,性能も向上しています。
「やっぱり授業は,黒板とチョークでしょ!」
と言い切っていたベテラン先生も,「ん~,これはイイかも。」と授業への期待は高まります。

さらに,「デジタル教科書」とやらも!!。教科書といえば,裏に「文部科学省検定」と重々しく記載され,さらに,以前にはとっても安い値段も表記されていた時代もありました。


それが,教科書の挿絵が動いちゃうんですから~。まるで,魔法省の教科書みたい。もう,肖像画に落書きはできませんよ!。(まだ生徒用はありません)
学校も ICT を活用して各教科を学び,急速に進化する時代の先端を行く人材の育成を求められているのかもしれません。
0

学校評議員会開催

小高中学校のよりよい学校運営と,地域に開かれた学校のために,学校評議委員の皆さんに小高中学校をより詳しく見ていただき,さまざまなご意見をいただける機会として,学校評議員会を本日開催いたしました。

まずは生徒が毎日お世話になっている「給食の試食」からです。
きょうは,「夏野菜カレー」([配膳室]を参照してください)でしたので,評議員のみなさんも,全員「完食」されました。
さらに味わっていただいたのは,毎年暖かいご支援をいただいている「静岡市立清水両河内中学校」の生徒の皆さんと地域の皆さんのこころがこもっている「学校茶園」の「新茶」を味わっていただきました。清水両河内中学校の「学校茶園」については,たいへん興味をもっていただけました。

***本校では明日,生徒会主催「全校お茶会 GTT(Geen Tea Time)を実施します。***

その後,学校評議員のみなさんには,授業の実際を参観していただきました。
まずは,6組さんの総合学習の様子からです。

総合学習では,職場体験学習の事前学習として,接客マナーの実演を「喫茶」を通して学習していました。

次に参観したのは,3年生です。
3年生は,今日から「市学力教科推進事業」が始まりました。
塾の講師は,「仙台進学プラザ」の英語の講師です。

今日は,2クラスとも英語を学習しました。進学プラザの講師の先生は,学校評議員の皆さんの参観とあって,授業にとてとてもチカラが入っているように感じました。

2年生は総合学習「職場体験学習」の事前学習,「履歴書」の作成を通した学習です。

つづく

0

思春期保健教室【3年生】

南相馬市,健康づくり課 母子保健係り(原町市保健センター)が主催いたします,中学校3年生を対象にした「思春期保健教室」を行いました。

 


相手や自分を大切にしながら,充実した社会生活を営むことができるような,立派な社会人をめざして成長することを願っています。
この「未来の宝物達」に,願わくば,なんらかの形でも,地元に貢献できる機会があれば,活躍を期待したいとおもいます。
0

小高区からの生徒送迎バス運行,7:00発,7:50着

12日の避難区域解除を受け,小高区内から小高中学校仮設校舎に通学する生徒を乗せた送迎バスが,朝,7時50分に,到着しました。
7時00分に小高区内を出発,小高駅などを経由して,鹿島小学校校庭南側に到着するのが,7時50分ごろです。きょうは,小高小学校仮設で児童を降ろしてから小高中学校仮設にきたそうです。
どのように運行させると,時間を上手に使うことができるかを,今は調整中です。
新地,「がん小屋仮設,相馬大野台仮設」からくるバスと,「小高」からくるバスがきょうも無事に生徒を降ろし終わり,営業所へ戻って行きます。
運転手さん。毎日,朝早くから生徒のお迎え,ありがとうございます。
そして,朝早くにお子さんを送り出すご家族の皆さまのご苦労に,感謝もうしあげます。
0

選手壮行会「県陸上競技大会」

ここしばらくの天気は,「晴れ」の日と,「雨」の日が一日ごとに交互に繰り返されるようです。
ひとりひとりの体調管理が大切ですね。

蒸し暑い中,仮設校舎2階の多目的教室で,「県陸上競技大会出場選手壮行会」を行いました。
 

県陸上大会は,7月5日(火),から3日間,とうほうみんなのスタジアム(吾妻運動公園)で開催されます。(競技は6日・7日)
選手生徒のみなさん。福島県を代表する施設設備の競技場でのプレーを十分に味わいながら,練習の成果を十分に発揮できることを願いながら,こころより応援しています。
0

市中学校キャリア教育支援事業「職場体験学習マナー教室」2年総合学習

こちら,2年生は「市の中学校キャリア教育支援事業」より,職場体験学習に関連付けた「社会で・職場で求められる力を身につけよう」の講座で学習しました。


めざす職業,なりたい職種や,特技を生かすこと,そして何よりも「向き,不向き」はあると思いますが,予備校講師の「林 修先生」は,自分の挫折から這い上がった(失敗から学ぶ)自らの人生観から,「不得意なところを必死に克服しようと努力してみることも,意味の無いことでもないが,自分の好きなこと,得意とするところで,精一杯努力する。」というような話をしていました。

「学生という枠をもっているから,社会人としてのスキルを高める必要がない」わけではなく,誰しもが,学生から社会人への移行は≪ある日を境に≫唐突にやってくるのです。

きょうの講座では,「社会人としてスキルアップ」するための様々な基本的,でも大切な点を確認しながら,演習を交えてすすめられました。

基本編では,「あいさつ」はしっかり行ってこそ目立たず,恥ずかしさや気後れな気持ちがあいさつにあらわれると,「すごく目立つ」。そして,あいさつの後に,「ひとこと」つけると,よりこころがかよった挨拶になる。や,立ち姿勢,などです。

あいさつは社会人の基本,しっかりできてあたり前。当たり前が一人前ということ。



きょう教えていただいたことが,すでに身につけていると思っている生徒は,こころのこもった,人や社会に通じるマナーを磨いてください。
またまだ,自立できないなぁ,と思っている生徒は,何かしらひとつでイイので,学校の中で意識して繰り返し,秋の職場体験学習で実践するとともに,日常の社会生活でも活用して欲しいと思います。
 
 
0

弁護士は儲かるか~?「キャリア推進教育」1,3年生総合学習

1年生と3年生を対象に「キャリア推進教室」(弘済会支援事業)を開催しました。
お話をしてくださったのは「相馬ひまわり基金法律事務所」の現役弁護士の方です。


弁護士の業務の内容や,わたしたちの日常生活のさ細なことから生じる問題についての「法律相談」について,わかりやすく説明がありました。

また,弁護士の仕事の内容を例にあげながら,「弁護士」という職業をめざしたきっかけや,「弁護士」になるための道のりについてのお話をしていただきました。
「学校はもちろんだけれども,見習い期間を経てはじめて仕事ができるようになる。」ということで,司法試験に合格することだけや,頭脳優秀,かつ記憶力に優れることだけで,人を裁く職業につくことができるわけでないこを,学ぶことができました。

0

三重県松坂市嬉野アイリスご一行様,仮設校舎を視察

未だ復興の道中半の南相・双葉地区の状況に,たいへんこころを動かされ,直接お尋ねしたいと,三重県松坂市より,嬉野アイリスという「男女共同参画の視点で街づくりを考え,行動しているグループ」の皆さまが,遠くこの南相馬の地,小高中学校仮設校舎をご訪問されました。
 
仮設校舎で学ぶ生徒たちに優しく声を掛けてくださったり,遠く小高吉名の丘(小高中本校の場所)や学区内の震災からの話に真剣に耳を傾けてくださったりと,「嬉野アイリス」の皆さまが滞在したひと時は,冷たい鉄板むき出しの仮設校舎も暖かい雰囲気に包まれました。
 
「避難して勉強している生徒さんを少しでも元気付けてあげたい」と三重県,「松坂のおいしい水」を
を全校生徒分の本数を運んできてくださいました。

品質表示には,「水」(水道水)と表記されており,こんなに美味しいお水が水道水だなんて,日本の自然を未来いつまでも守らなければならないと思いました。

小高区は,今月12日(火),小高区の一部を除き,避難指示が解除されます。

原発事故以前のように,全国に誇れる伝統文化と豊かな自然を取り戻すことができることを願って,
「復興」を「復幸」としてご訪問いただいた「嬉野アイリス」のみな様に,こころより御礼申し上げます。

0

これから,小高中では「火の玉」を作るのです。


小高区の連合婦人会の皆さんによる,「火の玉」を全校生徒でつくります。
「相馬野馬追祭り」の2日目,武者達が勇壮に小高郷に凱旋するのを,松明(たいまつ)の明かりで迎えたのが始まりで,今では,小高川の堤防に,3000個の「火の玉」をぶら下げ,「火の祭り」をおこなうのだそうです。
今日の目標は,全校生徒88名で300個です。ひとり,3個とちょっと,がんばります。
外見はいたってシンプルですが,長時間燃え続ける工夫がしてあります。
中心には,燃料としてろうそくの「ろう」の塊,小さい布,30センチ四方の布,そしてタオルと,3枚使います。

*制作の様子と,詳しい”お話”については,「生徒会室」でこれからご紹介いたします。
0

進路の先を見据えて「高校説明会」開催

夏休みに入りますと,すぐに公立高等学校,私立高等学校ともに「体験入学」などの学校公開が始まります。小高中学校では昨年まで,高校説明会をだいたい10月下旬,入試事務説明会を11月下旬に行ってきました。

今年度は,高等学校の体験入学の選択の大切な資料として,「高校説明会」を体験入学の申し込みの前に設定しました。

選抜試験のシーズンになると,「志望動機」がとても大切になってきます。その動機のひとつに,「体験入学で感じたこと」をあげる生徒が多いのです。

従って,体験入学を選択する前に,各高等学校の説明を高校の先生の声を通して聞くことによって,より目的意識をもって進路の意識付けを行うことが,この時期開催のねらいのひとつでした。


意識付けが早ければ,進路決定までの期間も長くとることができるわけですから,その間,希望が変化したり,実力が予想以上に伸びたりする可能性もでてくるかも知れません。


ただ,高等学校側でも,これから決定することもあるかもしれませんので,引き続き,情報の収集には敏感であることが必要です。

各県立高等学校より,足元の悪いところを小高中学校の生徒にご説明においで頂きました校長先生方,担当の先生方に,深く感謝するとともに,3学年の保護者の皆様方に,御礼申し上げます。
ありがとうございました。
0

新体力テスト。小高中生の体力と運動能力はいかに。

以前は「スポーツ」テストと言われ,毎日しっかりと運動に取組んでいないと,次の日は身体のあちこちが痛くて仕方なかったものです。
今は,「新体力テスト」といわれ,種目もだいぶ入れ替わりました。
鹿島小学校さんの体育館をお借りして,先ずは準備運動から。

現在の小高中学校の1年生は,小学校1年生の3月に被災しました。2年生から現在まで,のびのびとした生活から何をするにしても,制約された生活を続けてました。果たして,柔軟性や瞬発力にも変化が現れるのでしょうか。
*すごい,カメラでもブレるスピードで腹筋運動!!☆よ~し,息をはきながら~!先生も思わず応援しちゃいます。

ここ数年のデータの結果を受けて,「投げる,走る」などの運動能力を改善するために,継続的な取り組みをはじめているところです。
0