2015年6月の記事一覧

月に一度の「カレーの日」

今日は貴重な貴重な,月いちペースの「カレーの日」です。

カレーには,みなさんの大好きな風味に仕上がるように,たくさんの種類のスパイスが組み合わされ,互いを引き立てながらそして全体を素晴らしい味に盛り上げますね。まるで,ひとりひとりの技を組み合わせて勝利を目指すスポーツチームや,ひとりひとりの演奏技量を発揮して奏でるオーケストラのように,白いご飯がスタジアム,コンサートホールのよう~!!


さて,カレーのスパイス,ターメリックやウコンなどには”クルクミン”という成分が含まれていて,これがまた素晴らしい働きをするそうです。【脳】に働きかける,というものらしいので,みなさんもぜひ詳しく調べてみてください。
「カレーを食べて,成績アップ」なんてことも~。やったぁ!!
0

カラッと「ホキ」白身魚フライ,細切りベーコンのコンソメスープ

カリッとした衣とほんのり磯の香りとふわっとした触感で,定食によし,サンドでもよしの「白身魚のフライ」。今日は,「ホキ」??という魚。
みなさんは,「ホキ」を知っていましたか?ななんと,体長は1メートルを超え,推進200~700メートルものもの深海に生息し,欧米では食用に人気があり冷凍魚としては高価。なによりもフライにすると美味で,ムニエルもいけるらしい,と「市場魚介類図鑑」で,高知大学の町田吉彦先生はおっしゃっております。
「いやー,知らなかった。」という方,管理人もおそらく初めて食べましたが,美味しかったです。
細切りベーコンが入った上品な風味のコンソメスープで,パンと白身魚のフライ,そしてレタス,時々プチトマト。
今日は,給食初めて物語りでした。
0

イカリング揚げ,きぬさやのみそ汁,おかかあえ

イカはどんな調理をしても美味しくできる,失敗のない食材のひとつではと思います。
生の調理では刺身からはじまって,焼いてよし,煮てよし。さらに干して炙ってと,たまりませんね。料理名を並べたら,「イカ刺,イカソーメン,イカ・・・・・,以下省略。」


さすがに,あのギョロリとした”眼”は食材としては使わないでしょうが,イカのほとんどを食べちゃうのではないでしょうか。(ホタルイカ」は丸ごと頂いちゃいますが) ゲソと呼ばれる足の部分もゲソの天ぷらは,ざるソバと一緒に頂くともう最高です。

きょうは,イカリング揚げにご飯。誰ですか!?もっと食べたかったと言っている人は~。いや~,同感です。
0

塩ラーメン,はるさめ入りサラダ,冷凍桃

きゅうり,にんじん,錦糸タマゴ,たっぷりのハムに春雨とごま油をからめて,美味しい「春雨サラダ」を頂きました。白ゴマもまぶしてありますので,ゴマの触感を楽しむようによ~く噛んでいただきました。

ゴマは硬い外皮で実を守っているので,,せっかくの風味と,アンチエイジングで注目される,ゴマリグナンという抗酸化物質をはじめ,アルギニンやオレイン酸やリノール酸、タンパク質やセサミン、鉄分、ナイアシンやビタミンB群など多様んは栄養成分を摂取するためには,すりつぶすか,よく噛みましょう。

じゃんけんに夢中になって,「冷凍モモ」の争奪戦に一喜一憂するのもいいですが,小さな小さな「ゴマ粒」にも注目してみましょう。
0

サイクルガードリーダー委嘱状交付式

「〇自転車の2ロック  〇自転車安全利用5則,をみなさんを中心とする推進活動で,小高中学校から自転車による事故の発生が無いことを期待しています。」



南相馬警察署交通安全課の課長さんから,サイクルガードリーダーの委嘱状が交付され,このようなお話を受けた本校の代表3名は,緊張した面持ちで,「交通事故や自転車の盗難などが起きることが無いよう,しっかりと活動します。」と意気込みを語ってくれました。
0

復興庁の方々と生徒代表との意見交換会

放課後,生徒会を中心とした本校生徒10名(生徒会顧問:小林先生)と,復興庁からお越しいただいた方々との「子どもの将来像意見交換会」が行われました。

考え方,話し合いの進めかた,そして意見交換についてなどの説明の後,ふたつのグループに分かれて,それぞれ,地元「小高の郷土」の良さをいかしつつ将来さらに発展するための方策などについて,互いにアイディアを深めていきました。

両グループ,各メンバーとも,郷土色豊かな催しやゆかりの地をよく知っています。

これからの地元,小高が再び活気ある豊かな故郷となること願って,生徒たちは真剣にに意見交換を行いました。
復興庁のみなさん。ご助言,ありがとうございました。



0

キャベツとキュウリのウメあえ,とり肉のソテー,豆腐のみそ汁

昨日の午後から,相馬地方では大雨となりました。今では治水がすすみ,あちらこちらに水溜りができる程度ですむことはありがたいです。
今朝は,肌寒く曇り空でしたが,時間がたつごとに天気は回復して,さらに気温もぐんぐん上がってきました。

暑いときには,さっぱりしたウメ味のキャベツとキュウリの和え物は,食欲を増してくれます。さらに,豆腐のみそ汁は,喉ごし
もよく,きょうも栄養補給が十分できたのではないかと思います。ごちそうさまでした。
0

静岡より,学校茶園の新茶が届きました

静岡県静岡市清水区にあります,市立清水両河内中学校,全校生徒のみなさんの手摘みによる新茶が,今年も,本校の全校生徒分,寄贈されました。



清水両河内中学校には学校茶園があり,全校生徒が茶畑の育成を行っているのだそうです。その実績は長く,今年で26年目,茶園の広さは10アールもあり,収穫したお茶は全校生徒で味わったり,地域に向けて販売したりできるほど。地元は,静岡でも茶所として知られるところで,今回の手摘みによる収穫は72kg。本校へは平成25年度から新茶を届けていただいており,今年で3年目です。お茶の袋には,清水両河内中学校全校生徒が額に汗して摘んだ新茶とともに,ひとりひとりからの温かい励ましのメッセージも添えられています。

小高中学校では,この新茶をいただく「御茶会」を生徒会主催で行い,その様子を,感謝のことばを添えて,清水両河内中学校のみなさんへの御礼としたいと考えております。

校長先生をはじめ,清水両河内中学校の先生がた,職員のみなさまがたにも,こころより感謝申し上げます。
0

「ダメ。ゼッタイ。」薬物乱用防止教室を実施しました

「薬物乱用と聞いて,何を思い出しますか。
「え~と,脱法ドラック!!」
「マヤクぅ~!」
「そうですね。皆さんが,自分自身を守ることができるように,どのような危険な薬物があるかを知ることが,先ず大切ですね。でも,お医者さんで処方されたお薬も,服用の仕方を間違えたり,勝手な飲み方をしたりすることも,”薬物乱用”になるんですよ!!」
「えっ・・・・。」





今日の「薬物乱用防止教室」には,県相双保健福祉事務所 生活衛生部 医療薬事課より,菅野有美さまに講師としておいでいただきました。公務のお忙しいところをおいでいただきまして,ありがとうございました。

きっかけは,「自分が使用するんだし,自分がどうかなるだけだから,誰に迷惑をかけるわけでもない。人からとやかく言われることでもない。」 という,身勝手な判断で薬物を使ってしまいますが,すでに,クルマを運転して大事故を起こすという,悲惨な例が発生しています。
「薬物乱用のおそろしさは、単に乱用者自身の精神や身体上の問題にとどまらず、家庭内暴力などによる家庭の崩壊、さらには、殺人、放火等悲惨な事件の原因にもなり、社会全体への問題と発展します。」(薬物乱用防止サイトより)
0

えびボール入りの野菜スープと照りやきチキン

コンソメベースの野菜スープには,タラのすり身団子にエビを練りこんだ「えびボール」の”うまみ”がでて,野菜とエビの素材の味が楽しめるスープでした。

”タラのすり身”というと,揚げ団子も美味しいですが,「はんぺん」「さつま揚げ」も手作り出来立てでいただくと,これほどまでに旨いか!!っていうくらい,美味しいですね。
0

じゃがいもの味噌汁付きのカツオの煮付け定食

カツオ,マグロなどの赤身の魚を煮付けると,どうしても身がしまりすぎて,硬くなりがちです。また,味覚的にも塩味が立ち,脂分のうまみが出にくいような気がします。


きょうの”カツオ”は,揚げてから煮付けてあるので,「うまみ」が切り身の中にしっかり残っていて,”身”も柔らかく美味しく仕上がっていました。

料理は 「そのひと手間」 が,ぐ~んと味をよくるすのですね。
0

小高中小高本校舎,電気設備点検作業

2ヶ月に1度,大きな建物は,電気設備の点検義務があります。
今日は,「東北電気保安協会」の方が,小高の小高中校舎の電気設備点検を行いました。


今日の,小高中学校校舎の様子をお知らせします。
給食室から西昇降口を見ます。                                       3階,図書室から南校舎とプールです。

南校舎にあるエレベーターは,音声による操作案内がついた本格的なものです。
ドアが開くと箱の正面には,大きな鏡が付いています。

南校舎3階の第2美術室です。黒板は,送別会のままです。

3年生の各教室の黒板や廊下は,平成23年,3月11日,卒業式当日の様子が目にうかぶようです。


南校舎3階東にある,多目的ホールは,普通教室が3つ分ほどの大きさがある,フリースペースです。
冷暖房の完備した,こんな広々とした素晴らしい部屋で,全国大会へ向けて思いっきり活動したいです。


広~い校庭には,まだ除染の土が野ざらしで置かれたままです。小高中野球部は,かつては各校から恐れられた存在でした。
                                                                                             旧,正門(中央門)から北校舎を見ます。


体育館は,かなり激しい破損でしたが,この度全面改修工事が完了しました。伝統を残しつつ,新しく生まれ変わりました。


ステージすぐ脇まで張り出したギャラリー,象徴の螺旋階段,そして新品のバスケットゴール。


母校は,建物ではなく,卒業生が過ごした風景とともに同窓生一人一人のこころの中にあるのだと思います。

かつては木造校舎だった時代にこそ,その心意気を感じる方もいらっしゃるでしょう。
今は,鹿島小学校の校庭に,仮設校舎で学習する生徒も,ここが母校とこころに刻まれます。

でも,小高の土地に建つ本校舎は,やっぱり小高中学校のふるさとなのだと思います。



0

カレーうどん,さくらんぼ付き

「カレーうどん」と「カレーなんばん」の違い,皆さんならおわかりですね。
諸説あり,お店によってもこだわりのないところ,あるところ,様々ですが,今日は「カレーうどん」です。たまねぎで,スープはブイヨンでした。

デザートには,「さくらんぼ」がつきました。”佐藤錦”だったのでしょうか。上品な甘味に適度な酸味のバランスがよろしいんだとか。ツヤもよく,適度な弾力で大玉はきわめて高値で,王様級ですね。平成の新種で有望なのが,”紅秀峰”といわれるものだそうで,のどが痛くなるほど甘みが強く(酸味が弱い),果肉は弾力があり食感もしっかりしているんだそうです。
お腹いっぱい,食べてみたいですね。
0

具沢山!たけのこ,鶉卵入り「酢豚」にご飯がススミます

こくのある甘酢あんに片栗粉が効いた具材がからみ,とろみがしっかりと利いた今日の酢豚は,ウズラの卵までがコロコロと入った具だくさんです。

さらに,たけのこの食感が,噛む楽しさを教えてくれます。

強火で一気に仕上げる「中華料理」。先ずは下ごしらえをしっかりとして,材料をそろえたら,手早く仕上げることが”コツ”ですね。「18歳の自立」をめざし,ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。
0

お麩!?

お麩がたっぷり入ったすまし汁で,さばの味噌煮をおかずに白いご飯を頂く。まさに和食。「麩」と「さば」の感触が,口の中で見事に調和します。

さて,「麩」といえば,”鯉”。(勝手に話題にしてしまってすみません。)
神社や城跡の堀に優雅に泳ぐ”鯉”その姿にどうしても「美味しそう」と思ってしまうのは,いけないことなのでしょうか。"鯉”たちもまた,人がくると餌がもらえると思い,びっくりするほどの数の鯉が大きな口を開けてバシャバシャと群がってきます。そこへ”麩”をポンと投げ込んだら,もう,鯉たちは大興奮です。

鯉も大好きな「麩」。小麦粉から抽出したグルテンを,焼いたり,揚げたりして作られる”麩”はお菓子としても美味しいですし,ラーメンの具としても,すきやき,なべ物,なんでもいいですね。
0

黒糖パンとチキンのチーズ蒸し,ミネストローネ

「ミネストローネ」イタリア語で”スープ”のことだそうで,ひらたくいうと,「イタリアンスープ」。
でも,これだと料理を知らない人にみられるから,「きょうのミネストローネはとてもイタリアンだったね」。なんていったらいいんでしょうか。間違っても「フランスの家庭の味がよく出ているね」なんていったら,・・・。


イヤイヤ,美味しければ「美味しい!!」 ってコメントすればイイんです。
「きょうのスープは,ほんとうに美味しかったね。」
給食センターのみなさん。ありがとうございました。
0

感動の試合をありがとう

中学校体育大会相双地区予選・第2日。
本校からは,サッカー部,ソフトテニス部男女,そしてバレーボール部女子が各会場にて試合にのぞみました。

サッカー部,ソフトテニス部はそれぞれ善戦し,きん差で敗退しました。応援していただいた保護者の方々,地元の方々,そして諸先輩,熱いご声援をありがとうございました。

女子バレーボール部の選手の皆さんは,小高小学校時代,地元のクラブチーム最後のメンバーとなった数名を含む期待されたチームでした。
当時小学校4年生だった現3年生。素晴らしい成長をみせてくれました。そして,ひとつのチームとして,仲間を大切にここまで活動してきたのだと思います。

顧問の先生から熱い指導と支援を受け,本日は,逆転に逆転を重ねたねばり強い試合を展開,応援と観戦していた皆さんに深い感動を与えました。

今日の決勝トーナメントのチームはいづれも相双地区では名高い強豪ぞろいでした。ぜひ,県大会でも相双バレーの健在ぶりを示すことができるよう,さらに技とこころに磨きをかけてください。
おつかれさまでした。


0

どんな感動のドラマが

中体連相双地区大会第2日の朝も好天に恵まれ,小高中学校の選手の皆さんは各試合会場に元気に出発しました。今日はどんな感動のドラマが展開されるのでしょうか。



相手チームの強さをしっかりと受け止め,自分たちの試合をする~。自分を見失わずに,試合時間の最後の最後まで精一杯試合にのぞんでほしいと思います。いちばん手怖い敵は,自分の中に居るのかもしれません。
0