ようこそ! 高平小学校のホームページへ!!

高平小学校は、福島県の浜通りに位置する南相馬市原町区の沿岸部にあり、夏には、海水浴・キャンプとにぎわった場所にあります。
東日本大震災と原発事故の影響により、平成26年4月1日は,県内外に約45%の子どもたちが避難をしていました。令和4年度は,児童数107名,教職員数21名でスタートしました。令和4年度の重点目標は「話をよく聞き,みんなで高め会おう」です。重点目標達成のため,日々努力していきたいと思います。教職員の合い言葉は「和」「輪」です。

こんなことがありました!

出来事

1日早く「七夕集会」!!

本日6日,1日早く「七夕集会」を行いました。コロナ感染防止のため,オンラインでの集会となりましたが,児童会の児童が中心となってすばらしい集会となりました。児童代表のあいさつ,校長の話,各学年代表児童の「願いごと」の発表,図書委員会による七夕のお話などがありました。子ども達は各教室で熱心に聞いていました。願いごとがかなうことを祈ってます。

また,「ピアノコンペ喜多方予選」が行われ,本校の小林さんが予選優秀賞を受賞。8月に行われる東北日本本選に出場することになりました。おめでとうございます。本線でもがんばってきてください。

 

 

交通教室を行いました。

本日の2校時目に1~3年生,3校時目に4~6年生の「交通教室」を行いました。1~3年生は,信号機のある交差点の横断の仕方や道路の正しい歩き方を,4~6年生は,自転車の正しい乗り方について,南相馬市交通教育専門員5名の方にご指導いただきました。暑い中でしたが,子ども達は真剣に取り組んでいました。また,原町自転車商組合の方2名においでいただき,自転車の点検を行っていただきました。育成・厚生委員会の方にも,道路での見守りを行っていただきました。

ご協力いただきました方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

2年生が「食」について学びました。

2年生が食に関する指導で,「じょうずな食べ方」について学習しました。原町第一小学校の栄養教諭である渡部先生にきていただき,丁寧に教えていただきました。今までの食べ方がどうだったのかを振り返りながら,熱心に話を聞いていました。最後には給食も上手な食べ方を考え,実践していました。渡部先生,お忙しい中おいでいただきありがとうございました。

 

いじめダメ集会!を実施。

本日,全児童で「いじめダメ集会!」を実施しました。いじめ撲滅のスローガンを一人一人考え,「いじめ」に対する意識を高める目的で行われました。校長の話の後,各学年代表児童1名ずつスローガンを発表しました。代表委員長のメッセージのあり,最後に生徒指導の先生のお話で集会を終了しました。いじめのない高平小学校にすることを,全児童と約束しました。

教育旅行 二日目⑤

 昼食会場のラーメン館に来ました。通常の二分の一サイズのラーメンにお好みのスープやトッピングを入れて作る体験型のラーメン屋さんで、自分好みに色々とアレンジすることができます。また、ラーメンの他にもサイドメニューとして餃子や郷土料理・サラダ・デザートなどが全30種類ほどあるので、実はここが一番楽しみであるのは大きな声では言えません。

 思い思いに、お腹いっぱいラーメンを楽しみました。

 

 

教育旅行 二日目④

 野口英世記念館を見学しました。

 医学者として世界的に評価された野口英世。貧しい農家に生まれ、左手に大やけどを負ったことは有名な話ですが、彼の凄いところは、自己アピール力とも言われています。「心を得ざれば再び此地を踏まず」という言葉を残したように、チャンスが訪れればその機会を逃さず、その自己アピール力を使って自分の志を猛アピールすることで研究を進めていったと言われています。

「沈黙は金」とも言われていますが、やはり主張すべき事は主張することの大切さも分かりました。

教育旅行 二日目③

 かわせみ水族館では、福島県内で見られる淡水生物(在来種)達を本来の環境を再現し、展示しています。また、在来種の存在を脅かしている外来種も展示し、水辺環境の現状についても学ぶことができます。

 普段は見過ごすようなことでも、きちんと考えていかないといけないのだ、とあらためて考えさせられました。

教育旅行 二日目②

 教育旅行二日目。

 お世話になった磐梯青少年交流の家を退所し、「かわせみ水族館」「野口英世記念館」を見学し、「ラーメン館」での昼食となります。

 今日も暑いですが、頑張るぞ~

教育旅行 二日目①

 おはようございます。

 ゆっくり休んだので、昨日の疲れはすっかり取れました。

 朝ご飯は「ボイルウインナー」「オムレツ」「切干大根の炒め煮」です。しっかり食べて今日の活動に備えます。

それにしても、朝から暑いです。