こんなことがありました!

2017年6月の記事一覧

夢の教室 5年生

6月20日(火)に5年生は、JFA(日本サッカー協会)主催の「夢の教室」を行いました。元サッカー日本代表の波戸康広さんが講師として来校し、前半は体育館で助け合い、思いやり、全力などをテーマとしたチームワークゲームの活動をし、後半は教室で「夢先生の夢トーク」を聴きました。子どもたちは夢を叶えるためには「努力し続けること」、「支えてくれる人への感謝の気持ちを持つこと」を学びました。


防犯教室

6月15日木曜日に、南相馬警察署スクールサポーターの方に、講師として来ていただき防犯教室を行いました。学校に不審者が現れた時の避難の仕方、地域で不審者に遭遇した時の対処法について学びました。


出前教室(原町火力発電所の方)



原町火力発電の方に来ていただき、出前教室を行っていただきました。
子どもたちは、手動で発電したり、うちわで風を起こし,プロペラを回し発電したりするなど、自然エネルギーについて学びました。また、活性炭や砂、脱脂綿を使い水の浄化実験も行いました。電気を作る大変さと水がきれいになる仕組みを学びました。

学校評議委員会を開催しました

6月19日に5名の学校評議委員さんを招き、学校評議委員会を開きました。
今年度の学校の方針をお伝えし、評議委員さんたちと子どものことや地域のことについての情報を交換しました。

リコーダー指導3年生

6月12日月曜日に3年生のリコーダー指導が行われました。外部講師の松崎先生の指導により、基本を教えてもらい、3年生も音の出し方を学びました。

陸上大会

6月5日(月)に市の陸上競技大会が晴天のもと開かれました。高平小学校の6年生は、昨年の秋から自主的に練習を積み重ね,一生懸命頑張ってきました。当日は全員が自己ベストを目指し、全力を尽くすことができました。男子100mでは新記録で1位、女子の80mハードルでも1位、ソフトボール投げでは男女ともに3位(男子は新記録)になるなど、競技を終えた子どもたちの顔には満足な笑顔を見ることができました。それでも、まだ満足できなかった子どもも見られ、秋の市民体育祭ではもっといい記録を出したいと次に意欲を見せる子どももたくさんいました。