こんなことがありました!

2018年12月の記事一覧

第2学期 終業式

8月27日にスタートした第2学期も、明日12月21日の終業式をもちまして、無事終了することができました。

本年度は、「よく聞き 考え 行動しよう」を重点目標として掲げ、主体的に学習したり、生活したりする子どもたちの良さを全職員で共有し、一人一人が自分の良さや可能性を信じて、自信を持って学校生活を送ることができるようにしてまいりました。

また、創立145周年を迎え、地域の同窓生の方からご講演をいただき、本校の歴史に思いをはせたことも心に残りました。

2学期も96名の子どもたち全員が元気に学校生活を送ることができました。

これもひとえに保護者の皆様、地域の皆様の、子どもたちへの温かい励ましと見守りのおかげと心より感謝申し上げます。

終業式では、子どもたちに「お手伝いをしよう」「交通事故に気をつけよう」「新年の抱負を決めよう」という話をしました。

冬休み、規則正しい生活を送ると同時に、家族や親戚とたくさんの思い出をつくってほしいと願っています。

また、けがや交通事故については学校で十分指導し、どの子も楽しい冬休みを過ごせるよう万全を期してまいりましたが、「危険」と思われることがありましたら、ぜひ子どもたちに一声かけてくださいますよう、保護者の皆様、地域の皆様のご協力をよろしくお願いいたします

よい歯の表彰

 終業式の後は、「よい歯の表彰」です。でも、よい歯の表彰の前に、保健委員会の子ども達の企画で、11月に全校生から募集した「よい歯の賞のネーミング」の表彰式です。

 

たくさんの子ども達が、「自分が考えた名前になるといいな」と願いをこめて、応募箱にいれました。

保健委員会で公正に3作品を選びました。そして、今日が表彰式です。誰が選ばれたかは、この日まで秘密です。

選ばれた3人、そして、あと一歩のところで、おしくも選ばれなかった5人には、保健委員会の手作りの賞状を贈りました。

選ばれた人の垂れ幕も、保健委員会の5年生が思いをこめて、書き上げました。

 保健委員会の子ども達、上真野小のみんなに健康にすごしてほしい、健康のことを考えてほしいという思いから、休み時間もこの準備を10月から行ってきました。とてもすばらしいですね。

 

保健委員会主催の表彰式の後は、歯科検診の結果をもとにした「よい歯の表彰」です。この賞については、お渡ししたほけんだよりをごらんください。なお、歯科治療が終わりましたら、学校までお知らせ下さい。なるべくたくさんの子ども達に賞状をわたしたいと考えています。