キラリと光る学校を もっと自分たちの手で

2019年7月の記事一覧

1学期終業式

第1学終業式が行われました。校長先生や生徒指導担当の先生のお話、児童代表2名の発表がありました。

また、児童会を代表し代表委員長がベトナムの子どもたちへ支援する募金や物品について紹介し、お礼の言葉を述べました。1448点もの文房具やぬいぐるみ、手作りおもちゃが集まりました。さらに地域の皆様からの募金もありました。これらのものは、校長先生がNPO法人の方々と直接ベトナムに届けます。募金は制服80着を寄贈するために活用します。

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

 

生け花教室

JA花育事業として、456年生で生け花教室を行いました。トルコキキョウ、桔梗欄、スプレーカーネーションの三種類の花を使用して、子どもたちは思い思いに作品を仕上げていました。

子どもたちの感想は、「思い通りにできた。」「自由に生けられてよかった。」「昨年と花が違ったので、新しい気持ちでできた。」などの感想が聞けました。

長なわ大会

体力向上を目指し、長なわ跳び(8の字跳び)大会を年間を通して、実施していきます。123年、456年と2回にわけて実施しました。第1回目なので、納得のいく回数を跳ぶことはできませんでしたが、今後の記録の向上が楽しみです。今年度は県で取り組んでいる「みんなでとぼう。なわとびコンテスト」に登録し上位を目指してがんばっていきます。応援よろしくお願いします。

 

村治奏一ギター演奏会

世界を舞台に活躍するクラシックギターの名手、村治奏一ギター演奏会を開催しました。バッハの「シャコンヌ」や映画「禁じられた遊び」など、クラシック全5曲を演奏してくださいました。代表児童2名は、ギター演奏を体験させていただきました。子どもたちは、ギターの奏でる音色に聞きいっていました。

不審者対応避難訓練

不審者対応避難訓練を行いました。不審者が校内に侵入したため教職員が対応し、児童は安全な教室に避難しました。その後、体育館で少年警察ボランティアの方々が声かけ事案の劇を行いました。警察署の方から声かけ事案の対応の仕方を学んだり、「いかのおすし」を使って大きな声を出す練習をしたりしました。

 

 

子どもたちを包むしゃぼん玉

  創作クラブでしゃぼん玉遊びを行い、とてもすてきな体験をしました。子どもたちを大きなしゃぼん玉が包むと大歓声が起こりました。また、ストローから次から次へと出るしゃぼん玉は、太陽の光に輝きとてもきれいでした。そして、少し大きめのしゃぼん玉は、大きな筒状になったりボールのように大きくなったり子どもたちは大喜びでした。

 

 

七夕集会

 七夕集会を行い、ペープサートでのお話、願い事の発表、そしてゲームと楽しい時間をすごしました、各委員会が工夫をこらし、全員参加のすばらしい集会となりました。じゃんけんゲームでは、勝ち残った子どもたちが七夕の衣装に変身しました。

スポーツ笑顔の教室

  元Jリーガーの戸川健太さんが来校し、5年生といっしょにサッカーをしたり将来の夢について話し合ったりしました。先生は、大学時代にユニバーシアード日本代表、Jリーグ東京ベルディで活躍されました。

先生は子どもたちに「やればできる」ということを自分の経験を通して分かりやすく話されました、子どもたちも自分の夢についてたくさん発表しました。

草むしりボランティア

雨が続きあっという間に草が校庭一面に出てきました。今日は校庭もすこし柔らかく草むしりにはちょうどよい環境でした。

朝から、体育委員会、ボランティア委員会、ボランティアの子どもたちがむしりました。昼休みは、1年生や3年生もがんばってむしりました。