キラリと光る学校を もっと自分たちの手で

上真野小の出来事

図書室もクリスマスに!

学校図書館支援員さんが来てくれている日は,子ども達もたくさん図書室に行き本を読んでいます。昨年改修した後図書室は,本棚も新しくなり,すてきな配置になっています。支援員の長森先生のおかげで,図書室もすっかりクリスマスモードになっています。

   

あいさつ運動

  12月に入り,代表委員会の児童が,毎朝「あいさつ運動」を繰り広げました。1年生から6年生までの教室だけではなく,校長室や職員室まで,大きな声で気持ちの良いあいさつをしてくれました。教室の子ども達もしっかりそれに応えていました。あいさつの標語も校内に掲示してあります。
 

学年発表1年生

12月15日の全校集会で,音楽の合奏を発表しました。曲目は,「どんぐりさんのおうち」「日の丸」「きらきら星」です。鍵盤ハーモニカ,鉄琴,ハンドベルを用いて,一生懸命演奏し練習の成果を出しました。
 

ブランコが増えました。


12月5・6日に工事を行い,子ども達に人気があるブランコを増設しました。資金は,地域住民のご協力による廃品回収,地域に住んでおられる紺野様のご寄付です。8日から使用解禁。休み時間になると,新しいブランコには行列ができました。

「租税教室」実施しました。


12月4日、相双法人会様のご協力により,6年生のクラスで租税教室を行いました。1人の小学生が卒業するまでの6年間に約510万円の税金が使われているそうです。20名の児童が卒業するためには約1億円です。その1億円の重さも体験しました。

「笑顔の教室」開催


本日,5年生児童を対象に,スポーツ心のプロジェクト「笑顔の教室」が開かれました。
今日の夢先生は,競艇選手の「江口晃生」さんです。体育館では,ゲームを通して仲間と協力する大切さ,教室では,夢を持ち続け頑張ることの大切さを教えていただきました。