こんなことがありました

授業参観がありました

本年度第2回授業参観がありました。

たくさんの手をあげて発表する姿や、体育や家庭科の技術授業を保護者の方にも参加していただきながら進めるクラスもあり、いつも以上にキラキラ輝く児童の姿がたくさんありました!

転がして、飛ばして、倒して

化学工作クラブの様子です。

みんなで持ち寄った物で「ピタゴラスイッチ」に挑戦しました。

4〜6年生の児童がみんなでアイディアを出し合って、ビー玉を転がしたり、ジャンプ台を作ったり、ドミノを倒したりと…

さまざまななコースを繋げてとても楽しい「ピタゴラスイッチ」が出来ました!

次はどんな面白い化学工作にチャレンジするのでしょう。

水泳学習が始まりました。

いよいよ今年も本格的に暑くなり、夏の到来を感じるようになってきました。

石二小では、本日から水泳学習が始まりました。

トップバッターは、5年生と2年生合同で入りました。1年ぶりのプールということで、どちらの学年も最初はこわごわ入っていましたが、気づけば笑顔で元気な声が響いていました。

5年生も兄さんお姉さんとして2年生の様子をしっかりと見ることができました。

飛び出す人体模型

6年生理科の様子です。

6年生では「動物のからだのはらたき」で、人のからだのつくりについて学習を進めてきました。

からだの中には様々な臓器(生きることに必要なはたらきをしている)があり、互いに関わり合うことで「生きる」ことにつながっていることを学習しました!

今日は臓器の形や名前、ひとのからだでどこにあるのかを確認するために、「飛び出す人体模型つくり」を行いました。

 

自分で組み立てること、立体的に見て取れることで、臓器の位置関係をよりつかめた様子でした!

目標は全国大会!県大会頑張ってきます!!

6/14日(火)、「第四十ニ回 全国日本バレーボール小学生大会 相双大会」で素晴らしい成績を残した5名の児童が、校長先生に活動の成果を報告にきました!

児童たちはスポーツ少年団の活動で週4日練習を頑張っていました。

練習の成果を発揮し、相双大会では準優勝に輝きました!

 素晴らしいですね!

 

地区大会の成果と、6月24日、25日に小野町で開催される県大会へ向けた目標を校長先生に力強く報告しました!