2020年7月の記事一覧

調理実習を行いました!(6年生)

7月28日、29日の4・5校時に6年生が調理実習を行いました。

今回は野菜炒めとスクランブルエッグに挑戦しました。

  

野菜を切る人、炒める人、味付けをする人などの分担を決めて、班の友達と協力して進めることができました。

  

調理実習の反省では、「にんじんが少しかたかった」「味がしょっぱかった」などという声があがりました。

普段の当たり前に食べている保護者の皆様が作ってくださっているごはんのありがたさ、おいしさを実感できた時間にもなりました。

「次に調理するときには今日の経験を生かしたい」という感想が1番多かったので、次回の調理実習がとても楽しみです。

各ご家庭におかれましても、この経験を生かせるよう親子で調理の機会をもっていただければ幸いです。

4年 下水処理場見学

7月29日に4年生は社会科の学習で下水処理場へ見学に行きました。
家庭や学校で使われた水がきれいになる仕組みを実際に見ることができました。

微生物の力を使って水をきれいにすることや水を消毒し川に流すところを
実際に見ることで理解を深めることができました。

微生物を顕微鏡で見た時の子どもたちの歓声が特に心に残っています。

微生物がきれいにしてくれていたんだという感想が多く聞かれました。

見学に行ったからこその驚きが数多くありました。

下水処理場の皆様,雨の中見学させていただきありがとうございました。

朝顔の絞り染めを使って作ったよ(1年生)

先日、1年生は朝顔の色水を使って絞り染めを行いました。

今回は、その時作った絞り染めの紙を使ってあるものを作りました。

絞り染めの紙と、自分で折って切った折り紙などを重ねて、ラミネートをしました。

それを半分に折って左右をテープでとめると……かわいい小物入れができました!

マスクを入れてもいいし、ティッシュペーパーを入れてもいいですね。

学習机の横につり下げることもできそうです。

世界に一つだけのデザイン、みんなとても気に入っていました。

いきているって・・・1年1組道徳の授業より

本日の5校時目は、福島大学附属小学校の小柳 竣先生においでいただき、1年1組で道徳の授業をしていただきました。

生命尊重について1年生なりに楽しく、真剣に学習する機会となりました。

今日の学習は、漫画家「やなせたかし」さんが作詞した「手のひらを太陽に」の歌詞を通して、「いきていること」についての考えを深めていく学習でした。

自分で考えたり、考えたことを友達と話し合ったりしながらたくさんのことを考えました。

「生きているからできること」

・自転車に乗ること

・食べること

・みんなとごはんを食べること

・友達と遊ぶこと

・しゃべること

・笑うこと

・泣くこと

・体育ができるということ

・歌うこと

「自分のこと」「人とのかかわり」を視点に当たり前のことで見過ごしがちな「生きている証」を実感することができました。

すばらしい1年生の姿でした。

 

放課後は、小柳先生を講師として、研究会を行いました。

普段から悩んでいることや疑問に思っていることなどについて教えていただくことができました。

今回教えていただいたことを今後の石神二小の道徳の授業に生かしていきたいと思います。