2020年1月の記事一覧

英語の大型本の読み聞かせ

 読書教育の一環として、毎週水曜日の朝読書の時間に、外国語指導助手のシェリー先生が英語の本の読み聞かせをします。

 今週(29日)は1年生に、エリックカールの「From Head to Toe(できるかな?あたまからつまさきまで)」を読んでもらいました。シェリー先生の英語を聞いて絵本の絵を見ながら動きをまねしたり、体の部分を英語で表現したりして楽しみました。

3年生 博物館見学

1月30日,3年生は、社会科の学習で南相馬市博物館へ見学に行きました。

むかしの道具や暮らしについて,実物やレプリカを見て学習しました。

南相馬市の歴史についても勉強をすることができました。

実物を見て,たくさんメモをして・・・。

学びを深めることができました。

南相馬市博物館の皆様,ありがとうございました。

4年 手話教室

 1月29日に、手話サークル「耳通口(みみずく)」の方々を講師にお招きし、手話教室を行いました。

「おはよう」「ごめんなさい」などのあいさつや「佐藤」「鈴木」など人口の多い名字の手話を教えていただきました。

 どんな手話をしているかを当てるゲームでは、手話をされている方をじっと見て、何の手話か考えている姿が印象的でした。

 手話ではなく、ジェスチャーで何を表しているかを伝えるゲームも行いました。正しく手を動かすことだけでなく、相手に伝えようとする気持ちが大切だと感じる1時間でした。

 2月にも来校していただき、また手話を教えていただく予定です。

豆腐作りに挑戦しました(3年 総合的な学習の時間)

昨日、1月22日に本校3年生は豆腐作りに挑戦しました。

国語科「すがたをかえる大豆」の学習で膨らませた思いや願いを生かして大豆が姿を変える豆腐作りに挑戦しました。

南相馬サイエンスラボ様を講師にPTA役員の保護者の皆様にもご協力いただき、おいしい豆腐を作ることができました。

 

 

 

 

 

 

今後、姿を変える大豆についての自分なりの課題をパソコンや本などを使って追究していきます。

ロボットのまち南相馬ブランディング映像の撮影

南相馬市商工労政課の方が来校し,
「ロボットのまち南相馬」のPR映像の撮影をしました。

今回は、以前、授業でドローン体験をした3年生と6年生が、その時の学習を生かしてドローンを操作する映像を一緒に撮影しました。

その後、代表の児童3名がインタビューをうけました。

 


ドローン体験やロボットテストフィールドなど,
南相馬のロボット事業はどんどん進化しています。

そのPRのお手伝いができたことはとても誇らしいことです。

児童たちにとっても身近な存在になっていくだろうと思います。

石神の子どもたちは、そんなふるさと南相馬を愛する心がどんどん深まっています。

南相馬市商工労政課の皆様,ありがとうございました。