こんなことがありました!

2020年7月の記事一覧

夏休みの計画の立て方は?

 1年生は学活の時間に夏休みの計画を立てました。「実現しない目標」と「実現する目標」の違いについて説明を受けた後、皆真剣に計画づくりに取り組んでいました。先生の指示をきちんと理解し、「1日2ページ自主学習をする」や「部活のない日も30分運動する」など、具体的な目標を立てることができました。

 今日配布した「学校だより」の「スマホ利用調査結果」を熟読している生徒もいました。夏休みの16日間を自分でしっかり管理しましょう。

大雨による下校時刻の変更について

 現在、南相馬市に大雨・洪水注意報が発令されており、今後さらに雨が強くなることが予想されます。そこで本日は、放課後の活動を中止し、15時10分下校といたします。お迎えにおいでの際は、正門前の混雑に十分注意してください。

 生徒には、ハザードマップの確認や災害への備え、情報の収集と迅速な行動等について指導しました。ご家庭におかれましても、安全確保を最優先に行動するようお願いします。なお、非常の際は、オクレンジャーやポータルサイトを確認していただくとともに、学校との連絡がとれるようにしておいてください。

 

タブレットで撮影するのは・・・

 3年生の国語の授業の様子です。タブレット機器を構えた生徒の先には、手書きの資料を用いてスピーチをする生徒の姿が見られます。この日は、これまで練習してきたスピーチの発表会が行われました。生徒たちは、「新型コロナウイルス感染拡大」「レジ袋の有料化」「あおり運転」など、実際の社会のニュースを取り上げながら自分の考えを述べていました。

 

 

 

 

発表会を終えてから撮影した動画を確認すると、話し方や視線、資料の使い方など、さまざまな気づきがあったようです。より良いスピーチにするために、再スピーチに挑戦した人もいました。

えっ?もう、夏休みの宿題!?

 今年の夏休みは8月8日からです。通常より約2週間短くなっています。そこで1、2年生には、夏休み用の問題集をすでに配付しました。今から計画的に進めることによって、円滑に夏休みに移行するためです。問題集を解いて間違いを直す。これが成績アップの基本です。一冊の問題集を最後までより通し、達成感を持って2学期を迎えてほしいと思います。

ロボットテストフィールドを見学しました!<1年1組>

 今日は、1年1組がロボットテストフィールドを見学しました。生徒達は積極的に質問していました。いくつかを紹介します。

Q:建設費はいくらですか。

A:155億です。(生徒「え~っ!」)

Q:全国にこういう施設はあるのですか。

A:陸海空がそろっているのはここだけです。(生徒「え~っ!」)

Q:津波が来ても大丈夫ですか。

A:同レベルの津波が来ても大丈夫です。(生徒「ほっ」)

 

ロボットテストフィールドを見学しました!

 今日は、1年2組と3組がロボットテストフィールドを見学しました。生徒の感想をいくつか紹介します。「東日本大震災や今までにたくさん起こった災害など、これからはドローンやロボットが助けていく時代になるんだなあと未来のスゴサを実感しました。ドローンやロボットを開発するには、人間の知識・能力が必要になってくると思うので、その開発や機械の点検をする方々は本当にすごいなあと思いました。」「ロボットは人命救助やインフラ点検に使われているということ、何社もの企業が研究所に入居して、よりよいロボットをつくろうとしていることを知り、ロボットテストフィールドは私達の未来に必要なものだと感じました。」その他、「将来美容師になったらロボットを使って何かしてみたい」「未来がとても楽しみになりました」等の感想もあり、夢が膨らむ見学になったようです。明日は1組が見学します。

 

「みんなちがって、みんないい」~福祉について学ぶ~

 「総合的な学習の時間」に、3年生は福祉について学習しています。今日は、南相馬市社会福祉協議会のご協力の下、しゃりん梅、原町共生授産園、原町聖愛こども園で働く皆さんに来ていただき、高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉についてお話をしていただきました。

 生徒達は、福祉の最前線で働く人たちの熱の入った言葉に真剣に耳を傾け、メモを取ったり対話したりしながら学びを深めていました。感想を尋ねると、「ちがうことはいいことだ」「かわいそうだと思わず、対等な立場で接することが大事」「大変な仕事だと思っていたけど、見方が変わった」というような言葉が返ってきました。