こんなことがありました!

2020年11月の記事一覧

原町二中ブロック授業研究会

 原町二中学区の小中学校の教員が高平小学校に集まり、授業研究会を行いました。高平小学校の子供たちの挨拶や学びに向かう姿勢の素晴らしさに感動しました。校種や教科の違いを超えて教員同士が学び合うことができ、大変有意義な研修会になりました。

 

生活委員会、昼休み返上で頑張っています!

 生活委員会の生徒達が昼休みに集まって話し合っているのは、「服装の乱れをどう正していくか」ということ。私の目には普通に見えるのですが、彼らの基準は厳しく、髪の毛、靴下、ジャージの着こなし・・・チェック項目は多岐に及びます。「このままでは原町二中の評判が悪くなる」と憂える生徒も。規範意識の向を上目指し、アイディア沸騰中です。

期末テストが終わり、採点が始まる。

 期末テスト2日目が終了し、先生方は採点に大忙し。まずは、採点基準の打合せです。本校はタテ持ちで授業を行っているので、採点する人によって違いが生じないように、採点基準を統一し、公正・公平に採点を進めています。

 

「いじめ問題対策連絡協議会」を開きました

 第2回いじめ問題対策連絡協議会を開催しました。毎月行っている「いじめアンケート」等をもとに、本校の実態と指導の状況について報告し、意見交換をしました。本日いただいたご意見を踏まえ、いじめの予防、早期発見、早期対応に努めていきたいと思います。

「一人ひとりが」気をつけるべきこと

 本日朝の時間の様子です。生徒たちが真剣な眼差しで先生の話に耳を傾けています。

 1〜3学年それぞれのフロアで学年集会が開かれました。内容は、自転車による登下校についてです。自転車通学の生徒が多い原町二中だからこそ、一人ひとりが気をつけて自転車を使うことができるように、交通ルールとマナーの再確認を行いました。

「ふくしまジュニアチャレンジ」で銅賞決定!

 1年生は総合学習の時間にホストタウン応援グッズを製作しました。それを、福島民報社が主催する「ふくしまジュニアチャレンジ」に出品したところ、17作品のうち4作品が銅賞に入賞しました。試行錯誤を繰り返した甲斐がありましたね。おめでとう! 4チームのメンバーは、福島民報社の取材に笑顔で応えていました。

タテ持ち推進校授業研究会

 今年度、本校は、「教科タテ持ち」という手法を使って授業を改善し、生徒の学力向上につなげる取り組みを行ってきました。今日は、その具体的な取り組み内容と、現時点での成果と課題を発表しました。全体会での発表の後、5教科の授業公開を行いました。相双域内全中学校からお越しいただいた先生方が見守る中、生徒達は積極的に授業に取り組んでいました。