こんなことがありました

今日の給食~大好き揚げパン~

これは、今日の給食です。

<献立>

揚げパン・ミネストローネ・イカと水菜のマリネ・牛乳

<一口メモ>

今日は、砂糖をまぶしたシンプルな『揚げパン』です。揚げパンは、昭和40 年代の給食によく出されていました。昔は、固くて大きなコッペパンだったので、パンをおいしく全部食べてもらいたいために、考 え 出されたようです。今日はその当時の揚げパンを再現しました。学校給食は、子供たちの栄養 補給という大切な役割を持って始まり、現在では『食育』の重要な柱になっています。献立もバラエティー豊になり、日本各地の郷土食や世界各国の料理ガ登場します。また食事のマナーを学び、さらに日本の食文化を継承することも大切にされています。今日も、これからも、感謝の心を持って残さずよくかんで食べましょう。

 

揚げパンは、子どもたちが大好きなメニューです。

今日は、衛生面への配慮から、ナイロン袋に入れて食べました。

6年生 租税教室

本日、6年生では、相双法人会の方々を講師に迎え、租税教室を行いました。

 

クイズを交えた分かりやすいお話しや、ビデオの観賞を通して、税が私たちの生活を支えている物だと言うことを理解していたようです。

 

授業の最後には、一億円のレプリカを使って、全員が一億円の重さを体験しました。

 

相双法人会のみなさん、ありがとうございました。

5年生:介護教室

本日、5年生が介護教室を実施しました。1組2組別々に実施しましたが、この記事はまとめてあります。

講師は、東電パートナーズの方々です。

 

まず、視野について学びました。

高齢者の疑似体験も行いました。

杖を使って歩いてみました。

高齢者の方、障がいのある方の大変さを実感することができました。

今日の給食風景~手作りゆべし、最高!~

これは、今日の給食です。

<献立>

肉うどん・ソフト麺・手作りゆべし・なごみ和え・牛乳

<一口メモ>

今日は『てづくりゆべし』のお話です。「ゆべし」は東北から北関東を 中心に昔から伝わる郷土の和菓子です。もともとは「柚餅子」といって 柚子やくるみの実を使った餅菓子ですが全国各地でいろいろな形・味・作り方があるそうです。福島県ではあん入りのゆべしがよく作られています。 今日は、”ごまゆべし”をスチームコンベクションで蒸しあげて作りました。調理員さんたちが心をこめて一つずつ手作りした郷土の和菓子をみんなで味わいましょう。

 

手作りゆべし、最高でした!