学校日誌

学校日誌

先輩も頑張っています

昨日、本校卒業生で、現在、郡山女子大附属高校バレー部で活躍している柏原凪沙さんが本校を訪れました。柏原さんは、大きな怪我を乗り越え、今後、春高バレーなどの全国の舞台での一層の活躍を期待されている先輩です。在校生へののアドバイスとして「文武両道」が大事であると話してくれました。

冬休みの学習の成果は?

本日1月9日(火)、1・2学年では冬休み課題テスト、3学年では校内実力テストを実施しています。冬休みの学習の成果を発揮すべく,生徒全員が真剣に問題に取り組んでいます。

3学期始業式

新しい年を迎え、気持ちも新たに今日から第3学期がスタートしました。

1校時に第3学期始業式を行いました。

3学期より校歌伴奏は2年生(3名)が担当します。
今日は遠藤直希君が担当です。

 

校長式辞の後、各学年代表が、冬休みの反省と3学期の抱負を発表しました。

<1年生代表 佐藤加奈子さん>

 冬休みは、3学期にテストや県アンサンブルコンテストがあることから、何事にも全力で取り組むことを目標に過ごしました。部活動面では県大会に向けて音色やリズムを合わせるという課題に一つ一つ取り組みましたが、学習面や生活面では冬休みの宿題が間に合わずに夜更かしをしてしまうことがありました。
 3学期は、学習面では学年末テストで良い成績がとれるようにしっかり復習して授業に臨みたいと思います。生活面では委員長としてけじめある学校生活を送りたいと思います。また、風邪が流行する季節なので体調管理、うがい手洗いを心がけたいです。部活動面ではチームが協力し今まで練習してきたことを十分に発揮し東北大会に進めるように頑張ります。今年は2年生になるので後輩から尊敬される先輩になりたいです。

 

<2年生代表 渡部瀬莉さん>


 冬休みは規則正しい生活を送ること、計画的な学習をすることを目標にして過ごしました。生活面では早寝早起きができ、けじめある規則正しい生活を送ることができました。部活動面では部長として練習メニューを考え、部をまとめ、しっかり練習できました。学習面では年内に宿題を終え、年明けは2学期の復習やテストに向けての学習ができました。全体的に昨年よりゆとりのある生活ができました。
 3学期は、学年末テストに備えて1年間のまとめをしっかり行うことと自分の役割をきちんと果たすことを目標にしたいです。また、部活動では大会に万全な状態で挑み勝ちたいです。更に学級委員長としてクラスをよりよくして楽しく生活したいと思います。

 

<3年生代表 安藤佑真君>


 冬休みは、学習環境を整え入試に備えた学習をすることを目標に生活しました。しかし、
自分の中のスイッチの切り替えがうまくできずに気が緩んでしまい学習への意欲が低下することがあったり、集中力が持続せず気が散ってしまうことがありました。
 3学期は、集中を切らさない環境と状態の維持を心がけて、入試までの残り少ない時間、これまでの反省を踏まえ、面接や小論文の練習と並行して学習にも力を入れていきたいと思います。
 これまでの課題を課題のまま終わらせないように自分自身としっかり向き合って克服し、入試や卒業に向けて悔いの残らない中学校生活を送りたいと思います。

 

 3学期は1年間のまとめと次への準備をする学期です。時間を有効に使い、何事にも意欲的に取り組み自分自身の力を高めて下さい。

仕事納めの日

 本日、12月28日は仕事納めの日です。校舎内、校庭、体育館で練習をしている各部活動でも普段練習で使用している施設の大掃除を行い、2018年を締めくくりました。年末年始は、計画的な学習と家族の団らんを大切にし、健康や安全に気をつけて有意義に過ごしてください。

 保護者の皆様、地域の皆様には、本校教育活動に対して深いご理解とご支援をいただき、2018年も充実した教育活動を行うことができました。ありがとうございました。 
 2019年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

地域のために私達ができることは?

「報徳仕法に関する道徳の特別授業」11月27日(火)5,6校時

総合的な学習の時間でも世話になっているNPO法人南相馬サイエンスラボの齋藤実先生を講師にお迎えし、道徳の特別授業を実施しました。先人達が飢饉や自然災害からいかに復興したか、など私たちの現状にも通ずるお話を分かりやすくしていただきました。生徒達は、お話をもとにふるさとのために自分たちができることは何かについて深く考えました。

 

 

集まったお金を届けました

 本日、ボランティア委員会が中心となって行った白い羽根運動で集まったお金、7,612円を日本赤十字社に送りました。このお金は日本赤十字社と日本放送協会(NHK)の協力により海外たすけあいキャンペーンを通して、世界で援助を必要としている人達に届けられます。
 また、赤い羽根共同募金で集まったお金、12,876円は南相馬市社会福祉協議会様に届けました。このお金は地域の様々な福祉に関する課題解決のために活用されます。
 ご協力ありがとうございました。