学校日誌

2018年11月の記事一覧

入試事務説明会

本日18:00、本校多目的室にて3学年保護者の皆様を対象に入試事務説明会を行いました。高校入試の流れや必要な書類の作成・提出について、受験にあたっての注意事項について、3学年主任と進路指導主事より説明させていただきました。進路実現に向けての子供達の頑張りに応えるため、学校と家庭が共通理解のもと一緒に頑張っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

 

ロセット校訪問団帰国報告会

11月26日(月)13:30より、訪英団生徒11名は、南相馬市役所を訪れ、ロセット校訪問団帰国報告会に参加し、一人一人がイギリスでのホームステイや交流活動を通して学んだこと、成長したこと、感じたこと等を発表しました。市長様、教育長様との懇談の場面では、「イギリスで日本の良さについて気づいたことはありますか?」「ロセット校から生徒が来日したら、どのような事を心がけて迎え入れますか?」などの質問に積極的に手を挙げて答える姿が見られました。積極的にコミュニケーションすることの大切さについて学んできた成果が、さっそくあらわれているようでした。

訪英団、無事到着しました。

11/24(土)22:30  訪英団、無事到着しました。

ロセット校の皆様、たいへんお世話になりました。

    帰校式では訪英団を代表して荒金里紀君が迎えに出た保護者の皆さん、先生方に対してお礼の言葉を述べました。

   今回の訪英にあたり、石神日英交流協会の皆様、石神地区各方部の皆様、南相馬市当局の皆様をはじめ多くの皆様に多大なるご協力をいただきましたことに対し厚く御礼申し上げます。

    訪英の成果等につきましては今後ホームページ、各種通信等で報告してまいります。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

この一週間で成長したこと

帰りのバスの中で、訪英前と比べて、成長したと思うところを発表し合いました。

 小野内玲音さん

まず、お金の使い方が成長した。これまでは自分の好きなものを何も考えずに買っていたが、決まったお金を、考えながら使うことができた。また以前は人前で話すことが恥ずかしかったが、ホストファミリーの積極的に話しかけてくれる姿から、自分も相手に伝えなければという気持になり、自分の気持ちを相手に伝えられるようになった。

 

佐藤涼夏さん

最初は異国の話したこともない相手に自分から話しかけることができなかったが、ホストファミリーが頑張って伝えてくれようとする姿を見て、自分も頑張って話しかけてみようと思った。これまで学校では、仲の良い友達と過ごすことが多く、あまり話したことない人とは積極的に話すことがなかったが、これからは積極的に話しかけようと思った。

 

伊藤康介君

訪英を通してコミュニケーション能力がついたと思う。ホームステイ先で何をしゃべったらいいか分からず、会話が続かなくなってしまった時に、ホストファミリーが積極的に話しかけてくれたことが嬉しかったので、今後は、それを参考にして、学校生活でも積極的にコミュニケーションを図っていきたい。

 

佐藤春人君

コミュニケーションが苦手で自分の気持ちを相手に話すことはあまりなかったが、今まで通りでは相手も苦労するし、自分も伝えないとダメだと思い積極的に行った。これまでは、やりとりが面倒で簡単な受け答えしかせずに誤解されることもあったので、これからは、自分の気持ちを表現しコミュニケーションを図りたい。

 

志賀巧都君

ホームステイでは、たくさん質問された。質問が難しくなってくると答えられなくなり、ジェスチャーや単語で頑張って答えたら、なんとか伝えることができた。伝えようとする気持ちがあれば伝わるんだなと実感した。これまでは恥ずかしさもあり、伝えようとする気持があまりなかったが、これからは伝えようとする気持ちを大切にして人と接したい。

 

池田颯人君

英語は会話だということを学んだ。最初は教科書で習った文をそのまま言っているだけだったが、次第に自分の感情を乗せられるようになり、自分の気持や冗談など、日常の他愛のない会話ができるようになった。また文化や言語は異なるが、根本は日本人もイギリス人も同じなんだということが一緒に暮らしてみて分かった。

 

遠藤直希君

ホームステイで、会話が続かなくなった時、ホストファミリーが積極的に話題を切り出してくれている姿に触れて、実際にコミュニケーションの大切さを経験することができた。学校生活でもこれまで話したことのない人に積極的に話しかけたい。イギリスでは生活の中に募金やチャリティーなど宗教的な考えが根付いていることに日本との違いを感じた。

 

荒金里紀君

日本にいる時は、自分から積極的にコミュニケーションをとろうとは思わなかったが、ホームステイを通して、自分からどうコミュニケーションをとろうかと考えるようになった。まだまだ英語でのコミュニケーションは難しいところがあるので、次に外国に行く時までに、もっと英語力を高めていこうと思った。

 

森聖愛さん

訪英前よりも積極的に行動するようになった。言葉も文化も違うという環境で、最初は消極的だったが、環境に慣れるに従い、自分から話したり理解したりしないと何も変わらない、何も伝えられないと思うようになり、自分から積極的に行動した。最終的に自分一人で買い物もできるようになったことが成長した点だと思う。

 

山崎達之君

これまでは人を見た目で判断していたが、初めて会う人に対して、第一印象で判断しないで、積極的に関わろう、理解しようとする気持ちが大切だということに気づいた。また、積極的に話してみれば、自分の気持ちが伝わるということも分かり、自分自身にも自信を持つことができるようになった。

 

柚原花音さん  

2年前は中1ということもあり、ホストファミリーとあまり喋れなかったが、今回は積極的に英語で話しかけようという意識でコミュニケーションをとることを心がけ、自分の気持ちを伝えたり相手の気持ちを理解したりすることができるようになった。また、3年生として小さなミスが大きなことにつながるということを心して行動できた。