ようこそ! 大甕小学校のホームページへ!!

 ここは大甕小学校のホームページです。
 ブックマークは https://minamisoma.fcs.ed.jp/ にお願いします。
 保護者の方に月の行事予定や日々の学校生活についてお知らせするとともに、避難中や区域外就学中の児童や保護者の方にも、学校だより等を通じて大甕小学校の「今」をお知らせしていきたいと考えています。
 左端のメニューから閲覧したいページを選んで下さい。

 ※ 旧ウェブサイトは こちら
 です.
         これからの更新の予定はありませんが、震災から約2年間の「活動の様子」や「ご支援の記録」
   などがアップされています。

新着情報
トピックがありません。
こんなことがありました!

出来事

大甕小の一コマ(7月27日夏休み)

 7月27日(金)夏休み中の大甕小学校の様子をお伝えします。

 今日は、緑の少年団岩手大会に参加していた大甕緑の少年団代表が、原ノ町駅に帰ってきました。

「山登りが・・・」とたいへん疲れた様子でしたが、笑顔を見せてくれました。

 保護者の皆様、引率や送迎等大変お世話になりました。ありがとうございました。

大甕小の一コマ(7月26日夏休み)

 7月26日(木)夏休み中の大甕小の様子をお伝えします。

 今日は、大甕小学校で、南相馬市算数・数学研究部会が開かれました。算数や数学科の授業づくりについて研究を深めたい南相馬市の小・中学校の先生方が来校されました。同じように各小中学校でさまざまな教科部会があり、本日出張された先生方もいれば、今後出張する先生方もいます。少しでも、何かを自分のものにして、2学期の授業等に生かしていけるようがんばっております。

 算数・数学部会では、大学の先生をお招きして、「深い学び」を実現する算数・数学科の授業づくりについてご講義をいただき、授業改善への意欲を高めておられました。

 

大甕小の一コマ(7月25日夏休み)

 7月25日(水)の大甕小学校の様子をお伝えします。

 今日は、大甕緑の少年団代表が、岩手県緑の少年団大会参加に向け、南相馬市を出発しました。第50回記念大会とということで、全国植樹祭に参加した本校大甕緑の少年団にもお声がかかり、代表が出席する運びとなりました。岩手県の緑の少年団はもとより、秋田県からも参加予定とのことで、自然体験を通して、県外の少年団との交流を図れるよい機会となりました。保護者の協力も得られたことも有難いことでした。よい思い出になる事間違いなしです。

 7月27日(金)には、帰ってくる予定です。ひとまわりたくましくなった代表の子ども達に会えるのが楽しみです。

大甕小の一コマ(7月20日)

 7月20日(金)の大甕小学校の様子を紹介します。

 今日は、1学期終業式。大きな事故もなく、学校の教育活動が実施できこと、保護者や地域の皆様、関係機関の皆様に感謝しております。ありがとうございました。

 終業式の前に、表彰を行いました。「たなばた書道展」と「陸上競技の日清カップ」そして、「バレーボールスポーツ少年団関係の大会」で、優秀な成績を修めた児童を表彰しました。

終業式の後には、生徒指導の先生のお話と児童発表を行いました。

1学期がんばったことと夏休みがんばりたいことを発表しました。

大甕小の一コマ(7月19日)

 7月19日(木)の大甕小学校の様子をお伝えします。

 今日は、美化活動がありました。1学期間使用してきた教室等を感謝の気持ちを込めて清掃しました。普段の清掃では、なかなか手が届かないロッカーやげた箱もきれいにしました。5・6年生は、特別教室もきれいに仕上げてくれました。

大甕小の一コマ(7月18日)

 7月18日(水)の大甕小学校の様子を紹介します。

 今日は、大甕幼稚園の年長さん達が、小学校のプールに遊びにきました。

 

 大甕小学校と大甕幼稚園のつながりを大切にしていくことで、少しでも、安心して入学できるようになればと思います。

大甕小の一コマ(7月17日)

 7月17日(火)の大甕小学校の様子をお伝えします。

 

 1・2年生は、プール学習。

3年生は、リズワン先生と外国語活動。

 

 4年生は、算数の時間に、そろばんの学習をしていました。

 

5年生は、家庭科。裁縫で小物作り。

なかなかかわいい作品ができました。

 

 6年生は、音楽。グループごとに発表を行いました。

 いよいよ夏休みが間近に迫って参りました。1学期のやり残しがないよう各学年がんばっていました。1学期の成果と課題を明らかにし、夏休みの学習や生活につなげていけるよう指導に励みたいと思います。

ハート 大甕小の一コマ(7月13日)

校庭の砂場で1年生が「砂あそび」をしていました。

でも、それは間違い。失礼しました!! 「図画工作」の学習でした。

学習ですから、その活動にはしっかり「目標」と「ねらい」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3ツ星3ツ星3ツ星3ツ星

子どもたちは、幼稚園でも砂場あそびをしています。

でも、幼稚園の先生は、単に遊ばせているのではなく、

遊びを通して「なんで」「どうすれば」といった

気づき(学び芽生え)が生まれるよう意図的に保育しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような幼稚園(保育園)での学びが、小学校の学習にもつながっています。

子どもたちが、様々な体験を通し、「なぜ」「どうして」「うわあ」「なるほど」「そうか」

といった言葉が飛び交う学校でありたいなと思いました。

ハート 大甕小の一コマ(7月12日)

7月12日(木)大甕小学校の様子をお伝えします。

今日は、子どもたちの朝(始業前)の様子を紹介します。

 

この子どもたちは、決して廊下に立たされているわけではありません。

代表委員が自主的に行っている「朝のあいさつ運動」です。

昇降口より、「おはようございます!!」という元気なあいさつが、校舎中に響きます。

 

 

校庭を見渡すと、あちらこちらで栽培活動にいそしむ、様々な学年の子どもたちの姿が見られます。

「朝顔」「ミニトマト」「パプリカ」「なす」「バケツ稲」等々・・・。

植物にも命あるものとして、大切に育てている子どもたちの姿からは、「やさしさ」「思いやり」がにじみ出ています。

 


 

 

 

 

 

 

 

※ 本コーナーを担当している教頭先生は本日より明日まで出張です。

  代役の素人が本日作成しておりますので、レイアウト的に見苦しい点ございましたらご容赦ください。