ようこそ! 原町第一小学校のホームページへ!!

南相馬市立原町第一小学校は福島県の浜通りに位置する南相馬市原町区の中心部にあります。明治6年学制発布により南新田小学校として創設され、2013年に創設140周年を迎えた歴史ある小学校です。

 

こんなことがありました!

学校の様子です。

7月6日の給食

 今日は「のまたん献立の日」、南相馬市産食材活用デーについてのお話でした。
「南相馬市産の食材は「トマト」です。
 夏の光をたっぷり浴びたトマトには、リコピンという赤色の色素が含まれています。リコピンは紫外線から私たちの肌や体を守ってくれます。
 水分豊富なトマトには、体の余分な熱をとり体を冷やす働きもあります。
 今日は、スパゲティのソースに生のトマトを加えて調理しました。トマトは加熱するとうまみが出て、甘くおいしく変身します。
 トマトは、ケチャップやピューレー、ジュースなどに加工されます。旬のおいしいトマトを食べて暑さに負けない体を作りましょう。」

 

今日の献立:ツナとトマトのスパゲティ さっぱりサラダ スイカ 牛乳

 夏になると、いろいろなトマトを使った料理が出ます。今日のスパゲッティソースは、この時期ならではのさっぱりとしたトマトソースです。旬の物はおいしいので、使う頻度も多くなります。家庭では、どんなトマト料理を食べていますか?

7月4日の給食

 今日は、夏においしい「ピーマン」のお話しです。
「ピーマンは、フランス語で「とうがらし」を意味する「ピマン」がなまった日本語です。
 とうがらしの仲間のうち、辛みがなくて大きな実のものをピーマンといいます。
 英語では、「スィートペッパー」とか「グリーンペッパー」といいます。
 ピーマンには、体調を整え、免疫力をアップするビタミンAやビタミンC、ビタミンCが熱で壊れるのを防いだり、毛細血管を強くしたりしてくれるビタミンPが含まれています。
 今日は、旬の甘みが増したピーマンをチンジャオロース―にしました。ごはんと一緒においしくいただきましょう。」

今日の献立:ご飯 野菜スープ チンジャオロースー。 いかナゲット 牛乳

 ピーマンは嫌い!という子どもたちも、今日のチンジャオロースーは食べやすかったようです。お肉と一緒で、オイスターソースを使った味付けで食べやすく作りました。家庭でもいろいろな味付けで、苦手な食べ物に挑戦してみてはどうでしょうか。

7月1日の給食

 今日は、たべものクイズでした。
「豆乳の原料は何でしょうか? 次の3つのうちから選びましょう。

 1番 牛乳
 2番 そらまめ
 3番 大豆

 

 

今日の献立:ウィンナードックパン 豆乳スープ イタリアンサラダ 牛乳

 

 正解は、3番大豆です。
 豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁です。
 これを加工することによって豆腐になります。豆乳は、豆腐と同じ栄養素、たんぱく質やイソフラボン、サポニンなど、体をつくったり、ホルモンのバランスをととのえたりする効果もあります。
 今日は、大豆の甘くやさしい味わいの豆乳スープです。おいしく食べて、暑さに負けない体をつくっていきましょう。」

 給食では、いろいろな味のスープが出ます。豆乳を使ったり、牛乳を使ったり、コンソメ味、トマト味、醤油味、中華味など、具材も工夫して使ってます。給食でどんな味のスープが好きなのか、お子さんと話してみてください。

1・5年生が歯科保健教室を実施しました

29日に歯科保健教室を実施しました。

 1年生には「むし歯の予防」、5年生には「歯肉炎の予防」について、南相馬市保健センターの歯科衛生士さんが説明してくださいました。

 また、自分の歯の汚れを確認して歯磨きもしました。

 

6月30日の給食

 今日は「きゅうり」のお話でした。
「きゅうりは、鮮やかな緑色をした夏を代表する野菜です。みずみずしさと歯切れのよさから、サラダや漬け物によく使われます。
 きゅうりは、95%が水分で、昔から夏のほてった体を冷やし、むくみなどをとってくれるといわれています。水分豊富なきゅうりは、熱中症の予防にも役立ちます。カリウムも多く、カリウムには体の余分な塩分(ナトリウム)を体の外に排出し、血圧を下げるはたらきがあります。
 今日は、コロコロ状にカットしたきゅうりづけです。さあ、食べてみましょう。」

今日の献立:ご飯 ジャガイモとタマネギの味噌汁 鶏肉のねぎダレかけ コロコロキュウリ漬け サワーゼリー 牛乳

 きゅうりは夏野菜の代表選手ですね。南相馬市では、きゅうりを作っている農家さんが多くいます。また、家庭菜園でも作っている方がいるのではないでしょうか?おいしい地元のきゅうりを食べて、夏バテしないで、元気に過ごしましょう。

6月29日の給食

 今日は、給食クイズでした。
「サーターアンダーギーは、どこの名物でしょうか?
次の3つのうちから選びましょう。

 1番 福島県
 2番 東京都
 3番 沖縄県


今日の献立:タンメン 糸寒天サラダ サーターアンダギー 牛乳

 正解は、3番沖縄県です。
 「サーター」は沖縄の言葉で砂糖、「アンダーギー」のアンダは油、「アギー」は揚げるという意味です。
 丸い揚げドーナツで、黒砂糖を使っています。
 黒砂糖は、沖縄県の特産品にもなっていて、サトウキビの絞り汁を煮詰めて作ります。白砂糖よりもミネラル分が豊富です。
 給食では、粉末タイプとブロックタイプの2種類の黒砂糖を使っています。」

 給食のサーターアンダギーは、とても人気があります。ポイントは、黒砂糖を2種類使うことです。また、ブロックタイプを刻んで使用するのですが、その刻み具合でも、固さが変わってきます。試作に試作を重ねて、今があります。子どもたちは給食でのサーターアンダギーを味わって食べていました。

6月28日の給食

 今日はみそ汁に入っている「さやえんどう」のお話でした。
「さやえんどうは、別名『きぬさや』ともいわれ、こすり合わせると絹がすれるような音がするため、この名がついています。春から初夏に収穫される野菜で、パッとした緑色が料理に彩りを添えてくれます。
 さやえんどうは、中に豆ができるより早い段階で収穫し、さやごと食べるものをいいますが、より豆が成長したものがグリンピース。そして、さらに成長したものがエンドウ豆となります。
 今日のさやえんどうは、調理員さんたちがひとつひとつ筋をとって、食べやすいようにしてみそ汁に入れました。
 シャキシャキとした食感を味わいましょう。」

今日の献立:ご飯 サヤエンドウの味噌汁 サケのさっぱり漬け マカロニサラダ 牛乳

 年に1回、生の「さやえんどう」を給食で使用します。サヤ取りは手間がかかり大変ですが、香りや味は冷凍の物とは比べものにならないです。今日のみそ汁も、さやえんどうの香りがとてもよいアクセントになってました。旬のものを家庭でも味わってみてください。