ブログ

2018年11月の記事一覧

万が一の火災に備えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相馬地方広域消防本部から伊賀さんと渡邊さんにお越しいただき、避難訓練を行いました。

今回は、火事を想定した訓練です。

非常ベルが鳴り放送で避難の指示があった後、全校生が校庭に避難しました。

消防署の方からお話をいただいた後で、代表の児童と教職員が訓練用の消火器を使ってみました。

実際にこんなことが起こっては大変ですが、学校や自宅にいる時に災害が起こるとは限りませんので、日頃からの訓練が大事であることを痛感しました。

ペッパーを動かそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年生が総合的な学習の時間に、ペッパーの動かし方を学習しました。

まず電源を入れて、パソコンを通して基本的なデータの入力方法をやってみました。

操作が複雑なのでなかなか思うように動かないグループもあり、悪戦苦闘しながら取り組んでいました。

放射線について考える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

環境再生プラザの青木先生にお越しいただき、6年生を対象に放射線教室を行いました。

青木先生からは、私たちは自然界にある放射線から年間およそ2.4ミリシーベルト受けていること、また、医療機関でのレントゲンやCTスキャンなどの検査を通して年間およそ3.9ミリシーベルト受けていることを教わりました。

また、ガラスバッジやホールボディーカウンター検査、食品の放射性物質の測定なども行われ、私たちの健康を守っていることのお話もありました。

さらに、風評被害についてどう対応していったらよいのかをみんなで考えました。

青空の下でティーボール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末と比べると、今朝の冷え込みはそれほどでもなく、日中もとてもよいお天気になりました。

4年生は校庭で、ティーボールに取り組んでいました。

ゲームが楽しくできるように、学級それぞれにルールを決めて活動していました。

自分たちのチームを応援する子どもたちの声が校庭に響いていました。

食育について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石神第二小学校の栄養士の髙木先生にお越しいただき、2年生で食育の授業がありました。

今日は、おやつの取り方について考えようというお話です。

実際に甘い飲み物やおやつなどを前に、その中に含まれている砂糖の量などを考える子どもたちの姿が見られました。