図書室だより
吉名の丘に建つ,小高校舎の北校舎3階。その眺望は,北西は遥か阿武隈の山並みが果てしなく
続き,鳩原地域が一望です。勿論,すぐ前は,復興の槌音を響かせている小高の街を眺めることが
できます。
ここに,市の大工さんに作って頂いた立派な本棚を,置きました。

いよいよ,小高中学校図書室,本格運営が開始いたします。!!


*  図書室だより  *
~ このページは,市の学校司書がおとどけいたします。~
図書室だより

図書室だより

図書便り第1号

図書便り第1号を発行しました。

図書委員が記事の作成を分担し、学校司書がレイアウトと印刷を担当します。

図書委員がテーマを決めておすすめの本を紹介する企画コーナーも始動です。

今回のテーマは「タイトルがおもしろい本」。

図書室の蔵書から、気になる題名の本を集めました。

 

「どういうこと?」「どんな話??」と興味がわくタイトルですね!

図書室、始動です。

この「図書室たより」は、今年度も学校司書が更新してまいります。

 

 

新入学生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 

委員会の編成がまだなので、わたくし学校司書が来るまで図書室の貸出はできませんでした。

 

8日、木曜日からスタートいたしました。

といっても、生徒の皆さんが利用に来るのはお昼休みなので、午前中はいろいろと準備、準備です。

 

新年度、1回目の季節の企画コーナーは、「部活小説」です。

図書室にあるものから、テーマにあわせた本を集めました。

バレーボール、陸上競技、剣道、野球、

吹奏楽、合唱、園芸、競技カルタ、

フラダンス愛好会、シンフロ部、飛行俱楽部、

ビブリオバトル部、水族館部、ユーチュー部????

……いろんな部活小説がありますよ。

上に挙げた部活の種類を見て、あ、あの作品かな?と思い当たった人もいるのでは。

 

 

 

 

今年度も木曜日の給食の時間に、「図書室ラジオ」を放送させていただけることになりました。

さっそく1回目の放送をお届けいたしまして、お昼休みには「放送、面白かったです!」という声も!

嬉しいです!

お昼休みは次々に生徒が来て、だいぶにぎわいました。

幸先の良いスタートが切れました。

図書室をよろしくお願いしますね♪

図書便り第6号と、季節の企画

図書便り第6号が発行になりました。

 

今年度最後の、図書委員作成の図書便りです。

 

そして季節の企画。

バレンタインが過ぎましたので、次の企画に移ります。

 

ひとつめ、「贈る言葉特集」

名言・格言集などを集めたコーナーを作りました。

折り紙で作るお守りも紹介。材料はご自由にお使いください。

 

 

図書便りのコーナーに「今月の言葉」というものがあります。

毎回図書委員が、「これ!」という名言を紹介しています。このコーナーを集めた「今月の言葉集」も作りました。

深い、です…。

 

 

ふたつめ、「東日本大震災と防災」

2011年の東日本大震災から、ちょうど10年の節目。

東日本大震災にかかわる本や、防災に関する本を集めたコーナーを作りました。

 

先日の地震は、びっくりしましたね。

まだ少し大きめの地震がぽつぽつあります。

 

平穏でありたいです。

少しだけ本の並べ替えを行いました

図書室です。

 

  

9類の本が、一部きゅうくつに並んでいたので、少しだけ並べ替えをいたしました。

 

これはすでに移動し終わった写真なのですが、赤い枠で囲んだところは、今朝まで季節の企画「冬本」を並べておりました。この後ろの棚のはじまりから、物語等の本が並んでいました。

本の背ラベルには作者の名前のはじめの2文字を取ったカタカナが書かれていて、9類・文学の棚はその50音順に並んでいます。

 

芥川龍之介は「アク」

オトフリート・プロイスラーは「フロ」

 

突然ですがここで(簡単な)クイズです。

 

1有川浩  2芥川龍之介  3有栖川有栖  4あさのあつこ  5アリソン・アトリー

…図書室の本棚に並べる順番に並び替えて下さい。

(答えはこのページの最後で!)

 

 

話を戻しまして、写真の赤枠のところに、「あ~え」から始まる作者の本を移動しました。

「お~」はこの後ろから、ゆったりめにスペースを取って少しずつ移動。

写真では「も」まで見えますが、この後ろ、「ら」くらいからは移動せずそのまま…という塩梅になっています。

すかすか、という感じもなく、面出しもバランスよくできて、すっきりしました。

 

このように少しでも本を移動してしまうと、「50音順に並んでいる」「背ラベルのカタカナに注目」というルールを忘れてしまう人は、「本を戻す場所が分からなくなった!」とあわててしまうことがあります… が。

午前中には並び替えを終了して昼休みを迎えたのですが、今日貸出を利用したのは常連さんばかりで、戸惑う様子もなく、シリーズ作品の返却するものを所定の場所に戻して続きを借りて行く、自然な姿がそこにありました。

たのもしい。

 

本を戻す場所が分からなくなったときは、カウンターの前に「戻す場所が分からなくなった本はここへ」と表示してブックカートを置いてありますので、全てそちらへお願いします。

 

コロナ対策の意味合いも含めて、本を返却するだけの場合は、図書室の入り口にある返却ボックスに入れるだけでOK、とも案内しています。メモなども不要。電算化の強み。

気軽に利用できるように、これからもいろいろ考えていきたいです。

 

 

 

クイズの答え。

1有川浩(ありか) 2芥川龍之介(あく)  3有栖川有栖(ありす) 4あさのあつこ(あさ) 5アリソン・アトリー(あと)

 

2文字目が一緒のときは、3文字目の50音の順番に注目です。

なので、図書室の本棚に並ぶ順番は、2→4→5→1→3です。

返却本がたくさんあると、たまに自分の知識としての50音が軽くゲシュタルト崩壊を起こします。

「ありかわ…ありすがわ…す、…と、か、ってどっちが先だっけ…」

適度に休憩を。

 

今年初めの運だめし

明けましておめでとうございます。

本年も、図書室をよろしくお願いいたします。

 

図書室1月前半の企画は、「本おみくじ」です。

 

おみくじの豆知識も。

おみくじの順番、中吉・半吉・吉、良い順番、わかりますか?

「凶」を引いた時の対処法、「待ち人来る」って、待ち合わせの人が来ること????

 

 

 

一緒に、神様についての本なども集めました。

おみくじはすべてお手製です。

”本”おみくじの名の通り、「ラッキーブックス」ということで、読むと運が開けるかもしれないおすすめの本も1冊紹介しています。

わたくしもさっそく引いてみました。

結果は… 今年も自分で作ったおみくじにはげまされました…。

ラッキーブックスはミヒャエル・エンデの『モモ』でした。再読いたしましょう、ふふ。

 

 

それでは

良い一年でありますように。

 

図書便り第4号 季節の企画「冬本」 寄贈図書

12月14日付で、図書便りを発行しております。

今号は冬休み直前号。

11月の読書祭りの結果もまとめています。

 

12月に入ってからは、読書祭りの飾りを片付けてさみしくなったところに、季節の企画「冬本」を設置しました。

 

 

冬におすすめの本を一挙に取り揃えました。

 

新しい本も届きました。

平成30年度から、創価学会様より新刊本を寄贈していただいています。

今年も20冊届きました。ありがとうございました!

 

 

急いで登録と装備を進めまして、冬休みの長期貸出に間に合いました!

おもしろそうな本ばかりです。

読書祭りです!!

 

10月27日から11月9日までは、読書週間です。

 

 

図書室ではそれにちなんで、11月いっぱい読書祭りを開催いたします!!!

 

Q.読書週間ではないの??

A.月をまたぎますし、2週間てあっという間じゃないですか。キリ良く。

 

というわけで11月いっぱいです!

 

「スタンプゲットで景品ゲット!」

11月中に5冊本を借りるか、本のタイトルでしりとりをして10分類全部繋げるかのどちらか達成で、素敵な景品に応募できます。主に図書室でとっている雑誌のふろく、学校司書の手作りの豆本などなど、など、など。いろいろです。

さっそく、1年生が大勢、本を借りてスタンプをゲットしていきました。

目当ての景品があるのかな?

一つの景品に複数名の応募があった場合は抽選になります。

 

 

「読書パズル」

11月中に本を借りると、一人につき1ひとつ、パズルのピースを渡します。

2階学習室の掲示板の図書室コーナーに、読書パズルの台紙があるので、それに貼っていってもらいます。

 

 

1年生が、読書祭りスタート1日目にして早くも過半数ピースをゲットしていかれました(写真は半分ですが)。

 

「小高中生が選ぶ、素敵な表紙大賞2020」

図書室にある本の中から、図書委員が「これ!!良い!!!」という表紙の本をエントリーしました。

この中で、ぱっと見て自分が「好き!」と思う表紙に投票してもらいます。

大賞に選ばれた作品は、12月発行の図書便りで大特集いたします。

 

  

新着図書も並びました。2階の掲示板のところには、背表紙のコピーを貼りだしています。

きょうの給食の時間の「図書室ラジオ」で新着案内をしたのですが、紹介した本を手に取って読んでくれたり、借りていく様子が見られました。ほくほく。ニコニコ。

 

企画コーナーその1「先生の本棚」

 

図書便りのレギュラーコーナー、「先生にインタビュー」で、これまで紹介していただいたなかで図書室にある本を集めました。

 

企画コーナーその2「本屋大賞の本」

図書室にある本屋大賞受賞作を集めました。

 

このほか、11月の貸出が一番多かったクラスに「読書賞」として、トロフィーと賞状を進呈いたします。

 

 

 

…あ、と、本を借りたらその場でゲット!読書祭り特製しおり♪

…が、現在まだ制作中でございます、申し訳ありません…

もうちょっと、がんばる。

 

 

図書室、盛り上がってまいります~(*'▽')

図書便り第4号を発行しました

 

 

1枚目(白黒) 図書委員が作成

 

2枚目(カラー) 学校司書が作成

 

1枚目も原稿はカラーで仕上げているのですが、取り込むスキャナの都合で白黒です…残念。

 

今号より、新たに編成された後期図書委員が作成しました。

 

 

 

小高中学校の文化祭、群青祭が間近です。

先ほどは、力強い合唱の練習が聞こえてきました。

大成功間違いなしの予感です。

 

 

群青祭が終わると、読書週間が始まります。

図書室では、11月まるっと「読書祭り」を開催する予定です。

さて、準備をするぞぅー(これから着手)(間に合って)(まにあ…え…)

 

図書室季節の企画「おいしいおはなし」

 

物語を読んで、登場人物がおいしそうに何かを食べているシーンに、わくわくしませんか。

 

読書の秋と食欲の秋をまんきついたしましょう♪

 

〈注意〉夜中に読むと、危険です。

 

 

 

おいしいシーンを抜粋して、貼りだしました。

 

ブックスタンドに立てかけられない本には表紙に。

 

物語以外の、食べ物や料理の本もご一緒に。

 

 

おいしいって、しあわせ、ですよね。