スローガン

重点目標

自立した品格を目指し

学び合い 認め高め合い

最後までやり遂げよう

 

スローガン

「創造」「秀・和」「不屈」

 ~ 挨拶は 心の絆 挨拶で 心を磨く

 
学校便り

※ 過去の学校便りは左側の「学校だより等」をご覧ください。 

 

R2学校便り4月号.pdf

R2学校便り5月号.pdf

R2学校便り6月号.pdf 

R2学校便り7,8月号.pdf

R2学校便り8,9月号.pdf

R2学校便り9月号.pdf

R2学校便り10月号.pdf

R2学校便り11月号.pdf

R2学校便り12月号.pdf

R3学校便り1月号.pdf

R3学校便り2月号①.pdfNEW

R3学校便り2月号②.pdfNEW

お知らせ 

電話相談、SNS相談(リーフレット).pdf 

令和2年度年間行事予定.pdf ※変更の可能性があります。

R2 学校いじめ防止基本方針.pdf 
○南相馬市授業改善プラン.pdf

運動部活動の方針(鹿島中).pdf


   


       

  

日々の出来事

出来事

卒業式練習(3学年)

本日3月5日(金)5校時、3学年では体育館において卒業式練習を行いました。式全体の流れにそって、入退場、礼の仕方など細かな点について一つ一つ再確認し磨きをかけました。

図書室の季節の企画(3月)を紹介します

季節の企画(1)「贈る言葉」特集
少しずつ春の便りが聞こえてくる3月は別れの季節でもあります。図書室では特集「贈る言葉」と題して名言・格言集などを集めたコーナーを作りました。さらに、折り紙で作る「お守り」の作り方も紹介しています。お守りづくりの材料も用意してありますので、自分が選んだ言葉を紙に書いて封じ込めれば、思いを形にしたお守りを作ることができます。卒業する先輩やお世話になった先生に、後を託す後輩に、離ればなれになる友人に、そして未来の自分に言葉をおくりましょう。

季節の企画(2)「3.11 東日本大震災と防災」
二つ目の企画は、「3.11東日本大震災と防災」です。
先月13日の福島県沖で発生した大きな地震は東日本大震災の余震であり、この余震はまだ何年も続くと考える専門家もいます。東日本大震災から10年。震災当時はまだ未就学・未就園児だった現在の鹿島中生にも、今こそ東日本大震災とはどんな災害だったのか、また防災にどのように取り組むべきなのかを考えてほしいと思います。
東日本大震災関連の本や防災に関する本、南相馬市にかかわる本を揃えました。もしもの時に自分でできることを増やしておくために、危機を乗り越えるために「知識のストック」を蓄えておきましょう。

 

県立高校前期選抜事前指導

県立高校前期選抜前日の本日3月2日(火)6校時、体育館において県立高校前期選抜事前指導を行いました。学年主任、進路指導主事、生徒指導主事の先生方から入試前夜、入試当日朝の過ごし方、試験への臨み方等についてのアドバイスをいただくとともに、しおりに基づいて諸注意についての確認を行いました。

先生方から激励のメッセージと応援のエールがおくられました。

また、昨年度までお世話になった先生方からもメッセージが届きました。

いよいよ明日、入試本番を迎えます。今日のうちに持ち物の確認を済ませ、明日の朝をベストコンディションで迎えられるように、今夜はしっかりと睡眠をとってください。

あなたが頑張っている時は、仲間も同じように頑張っています。先生方もパワーを送ります。頑張れ3年生!

 

 

表彰状をいただきました

2月26日(金)、本校校長室において南相馬市体育協会長 佐久間光弘様より、本校の3名の生徒に対して南相馬市体育協会優秀選手賞が贈られました。
この賞は今年度スポーツの分野で優秀な成績(県大会1位)をおさめた選手を讃えるものです。今後の一層の活躍を期待しています。

テニス競技(3年)
「このような賞に選ばれてとても嬉しかったです。今後も良い成績を残すことができるように、日々技術の向上に努めていきたいと思います。」

テニス競技(2年)
「今年度は新型コロナウイルスの影響で例年よりも試合が少なかったけれど、一つ一つの試合に集中して、良い結果を残すことができました。来年度は東北大会があるので一つでも多く勝てるようにしたいです。」

水泳競技(1年生)
「今回の受賞に満足しないで、これからも日々の水泳の練習に一生懸命頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。」