新着情報

小高区4小学校

 学校だより「おだか」の最新号をUPしました。 バナーの「学校便り『おだか』」をクリックしていただき、ぜひごらんください。
ブログ
02/15
 13日には中学年、15日に低・高学年のなわとび記録会が行われました。寒い中ですが、みんな元気に練習の成果を発揮できるように頑張っていました。保護者の皆様も応援ありがとうございました。  
 社会科の「私たちの生活と政治」の学習の一環として南相馬市役所を見学しました。秘書課の職員さんの案内で市民課、税務課、生活環境課、教育委員会、秘書課、議会事務局など市役所の様々な部署の仕事について詳しく教えていただきました。市議会の議場も見学させていただき、議員さん方のイスにも座ることができました。教科書の学習だけでは分からなかった市役所の方々の仕事について詳しく知ることができ、大変有意義な見学となりました。お忙しい中、市役所の皆様、ありがとうございました。
 次年度に入学予定のみなさんが来てくださり、入学説明会と体験入学がありました。体験入学では1年生と2年生が学校生活について説明したり、読み聞かせをしたり、一緒に遊んだりしました。その後、少しだけ学校探検にも出かけて3年生と6年生教室を見学しました。今日は1年生がとってもお兄さん、お姉さんに見えました。  新入生のみなさん、学校は楽しいことろです。みんなで待ってます!
 3つ目の本校舎見学は鳩原小学校です。校舎に到着すると、ヘルメットをかぶった人が数名校庭で作業をしていました。植木の剪定や校庭の整備などをしてくださっていたようです。誰も通っていなくても、できるだけ美しい姿で子ども達の元気な声が響き渡る日を待っているのでしょう。              さて、校舎内はとても整理されていて明日にでも再開できるような雰囲気がありました。しかし、ところどころに震災当時を思い起こさせる跡も見られました。そのままのカレンダーや当時のままの靴箱、日直が次の月曜日に向けて書き換えていた3/14の日付などがありました。他にも当時の子ども達の作った図工の作品や提出したまま戻ることのなかった理科のノートなど、壁の時計と同じく時が止まってしまっていました。              鳩原小学校も長い歴史のある学校です。この長い伝統も大切にしていきたいですね。
ブログ
02/05
 2月初めの全校集会でした。はじめに、野馬追健康マラソンに入賞した4年生と、図書室主催の完読賞3名が表彰されました。完読賞とは司書の先生が各学年ごとに選んでくださったおすすめの本を、全部読んだ人が表彰されます。各学年ごとに25~30冊あり、読みごたえのある本ばかりです。読書力がじわじわとついてくると感じられました。  後半は、生徒指導の先生のお話でした。校長先生のお話にもあったように残りの時間を有意義に過ごしてほしいということです。「寒さに負けずにがんばろう」という2月の生活目標を、冬でも葉の緑色の「椿」を例に話してくださいました。