ようこそ小高区4小学校のホームページへ

 小高区4小学校は 2年目になります
 昨年度より、小高区の4小学校(小高小、福浦小、金房小、鳩原小)は、小高区の小高小学校で4校合同で学習を進めております。小高区への復校にご尽力をいただきました皆様方のご労苦を忘れることなく、学校経営を進めて参ります。子供たちが、2年目を迎えさらにパワーアップした姿で、学び、笑い、歌い、語り合い、跳び回る姿を、ぜひご覧いただきたいと思います
 このHPでは、4校の子供たちが協力して学習や運動に取り組む姿をお知らせしております。各小学校のこれまでの歩みにつきましては、リンクを貼っておりますので、どうぞご利用ください。
 今年度の重点目標は、「レッツ!トライ! レッツ!チャレンジ! ~進んで・粘り強く・最後まで~」です。小高区での学校生活が2年目に突入した子供たちへのエールも含んでいます。何事にも自信をもって積極的に「トライ」し、「チャレンジ」する子供の育成が不可欠と感じたからです。その中で、地域をしっかりと見つめる「ふるさと学習」や最先端の「ICT活用」など、小高区ならではの学習を進めていきます。
 新しいスタートを切りました小高区4小学校の子供たちを、どうぞよろしくお願いいたします。

 小高・福浦・金房・鳩原小学校長  山本 秀和

 
新着情報

小高区4小学校

 学校だより「おだか」の最新号をUPしました。 バナーの「学校便り『おだか』」をクリックしていただき、ぜひごらんください。
ブログ
09/20
 今日は、北海道大学の高田真吾先生がおいでになり、4・5・6年生の子どもたちに「こころとからだの健康」について、お話をしてくださいました。高田先生は、金房小学校出身で、子ども達にとっては小高区出身の先輩です。  「こころとからだの健康」には、食事、運動、睡眠のバランスが大切であること。また、食事、運動、睡眠それぞれが、少なくても多すぎてもよくなく、”ふつう”が一番良いこと。さらに、自分の好きなことを見つけてチャレンジしていってほしいことなど、子どもたちは高田先生と言葉でやり取りをしながら、楽しく学んでいました。  高田先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。    
 大阪体育大学から、大学の先生と学生さん達がマット運動を教えに来てくれました。低学年と上学年に分かれて実施したのですが、楽しみながら運動に取り組むことができました。  学生さんと子ども達が4名程度の小グループを作って、様々なメニューに取り組みました。ところどころに先生が倒立などの素晴らしい技を見せてくださり、意欲がとても盛り上がりました。技ができなくても学生さんがサポートしてくださり、どんどんできるようになり笑顔にあふれていました。「初めはできなかったでんぐり返しができるようになってうれしかった」「マット運動が好きになった」などという子ども達からの感想からも分かるように、たいへん有意義な時間になりました。また機会がありましたら一緒に運動できればうれしいです。  
 夏の火の祭りと共に、小高の冬の風物詩はイルミネーションです。今年もイルミネーションで街中を飾る予定があります。今回は小高産業技術高校の生徒さん達が中心となって、このイルミネーションを盛り上げてくれるそうです。  そこで本日、産業技術高校の生徒さん達が小学生も一緒に街を盛り上げていこうということでイラストの募集の説明に来てくれました。雪だるまやサンタクロースなど冬に似合うイラストをイルミネーションに仕上げてくれるそうです。自分たちの力で街を盛り上げていくことができるような企画はとても素晴らしいと思います。世代を超え、みんなで協力することができて楽しみですね。  
 本日の全校集会は相馬地方理科作品展の表彰が行われました。今年度は、全部で38点の応募があり、先日の選考会の結果、準特選1名、入選1名、佳作2名が入賞しました。  準特選の3年生は、「どんな氷になるのかな??」、入選の4年生は、「カナヘビのかんさつ」を研究しました。なぜだろう?という気持ちをもち、実験や観察を続ければ素晴らしい成果が生まれてきます。今後も理科に興味を持ってほしいです。  
 14日(金)に立正大学のボランティアの方々が、窓そうじに来てくださいました。学生のみなさんは、大学のボランティアセンターの募集に応じて自主的に来てくださりました。  以前は学校周りの除草作業をしていただき、今回も教育環境の美化をしてくださいました。学校の窓はかなりの高さがある場所もあり、小学生ではなかなか手が届かない場所もありますし、児童数が校舎の規模に対して少なすぎるので普段できない場所まできれいにしていただき大変助かりました。子ども達も学生さんたちの姿を通して、奉仕の心に触れることができました。将来、困っている人を助けてあげられるような人になってもらいたいです。
 生活科で採ってきた虫を幼稚園生に教えに行きました。虫の名前や採れる場所、どんなものを食べているのかなど自分たちの経験や調べたことを一生懸命教えていました。小学校では一番小さな1年生ですが、幼稚園に行けば立派なお兄さん・お姉さんです。自信をもって交流している姿には頼もしさも感じました。
ブログ
09/10
 7日の金曜日には、獣医師派遣事業ということで、獣医師さんと愛犬ボランティアの方々が来てくださいました。はじめに獣医師さんから犬についていろいろくわしく教えていただきました。「犬の食べ物」「犬の病気」「犬のかわいがり方」など画像を見せていただきながら説明していただきました。また、聴診器を使って人と犬の心臓の音を比べてみました。すると、人間よりも犬の方が早いことに気づきました。  犬との触れ合いを通して、動物のかわいらしさや命の尊さなどを学ぶことのできた一時間になりました。  
 7日(金)に、株式会社佐藤工業さんからのお誘いを受けて「角部内地区の体験学習」に参加してきました。震災時の大津波で小高区の堤防も軒並み破壊されてしまったのですが、ようやく復興されてきて以前よりも頑丈で高い堤防が築かれています。その工事の真っただ中の現場をみんなで見学に行くことができました。現場では模型を使った液状化現象の仕組みを教えてもらったり、大型の建設機械に乗せていただき堤防周りを観察したりすることができました。  普段は目にすることの少ない堤防の工事ですが、今回の見学を通して多くの方々がふるさとの復興に手を貸してくださっていることが分かりました。今後のふるさと学習にも役立てていきたいと思います。                            
 獣医師派遣事業ということで、獣医師さんと愛犬ボランティアの方々が来てくださいました。はじめに獣医師さんから犬についていろいろくわしく教えていただきました。「犬の食べ物」「犬の病気」「犬のかわいがり方」など画像を見せていただきながら説明していただきました。また、聴診器を使って人と犬の心臓の音を比べてみました。すると、人間よりも犬の方が早いことに気づきました。  犬との触れ合いを通して、動物のかわいらしさや命の尊さなどを学ぶことのできた一時間になりました。
 低・中・高学年ブロックに分かれて交通教室を行いました。低学年は幼稚園児と一緒に交通安全のDVDを見て、路上で安全に歩く練習を行いました。中でも実際に歩く練習では、小学生が幼稚園児の手を取って交差点の渡り方を注意しながら上手にできていました。              中・高学年は、初めから外で自転車の乗り方の実習を行いました。ジグザグ運転に始まり、模擬コースを使っての自転車の乗り方の練習、最後に路上のコースを使った練習を行いました。普段から自転車乗りに親しんでいる子は経験をもとにコースを回ることができましたが、あまり乗っていない子は恐る恐る、丁寧に自転車に乗る姿が見られました。また、初めは自転車に乗れなかった人も、広場で練習していると上手に乗ることができている人もいました。              「手放し運転はしない」「並んで走らない」「乗る前にきちんと点検をする」など多くのことを学びましたが、実践を通してだんだんと身についていったようでした。こんごも自転車に乗る機会はたくさんあると思うので、絶対に事故にあわないように、安全な自転車乗りをしてほしいと思います。
ブログ
09/05
 9月4日の全校集会でよい歯の表彰を行いました。賞は「歯ッピー大賞」「歯ッピー賞」「がん歯り賞」の3つです。  歯ッピー大賞は、5月の歯科検診の際に、むし歯も治療した歯もないと診断された児童13名に贈りました。つまり、今ある歯が一度もむし歯になったことがないという、素晴らしい賞です。  歯ッピー賞は、歯科検診の際に、むし歯の治療を終えていて新しく治療が必要なむし歯がなかった児童9名に贈りました。  がん歯り賞は、歯科検診の際に見つかったむし歯を、表彰の日までに治療し終えた児童19名に贈りました。現在治療中の児童や、これから治療に行く児童も治療が終わったらその都度、がん歯り賞を贈ります。歯はこれから何十年も使うので、毎日の歯みがきやむし歯の治療をして、大切にしていってほしいです。  歯ッピー大賞の中から、6年間1本もむし歯になったことがない児童が代表で表彰を受けました。  
 昨日は1・2・5・6年生、本日は3・4年生の水泳記録会が行われました。水中石拾いや水中輪くぐり、25mビート板、13m自由型や25m自由形、そして50m自由形など学年ごとに様々な種目に挑戦しました。本校舎に戻って2年目ですが、仮設校舎時代に比べると水泳学習の時間は格段に増えていて、その分だけみんな上手に泳げるようになっています。  子ども達からは、「練習より長く(距離を)泳げてよかった」「25m泳げなくて悔しかったけれど、最高記録が出せてうれしかった」「右手が動かなくなりそうになったけど、50m泳げたぁ!」などの感想を聞くことができました。友達の応援や保護者の方からの声援が力になったようです。  来週初め位まではプールが使えるようなので、あと一回くらいは水泳の学習をして来年につなげていきたいと思います。応援に来てくださった保護者の皆様、お忙しい中応援ありがとうございました。  
 今回の全校集会では「よい歯の表彰」を行いました。虫歯も治療した歯も無い人は「歯っぴー大賞」、虫歯の無い人は「歯っぴー賞」、きちんと虫歯を治した人は「がん歯り賞」の賞状をもらえます。そして、6年間虫歯になったことのない6年生が代表で賞状を受け取りました。これからもずっと自分の歯を大切にしてもらいたいです。このたび小高にも歯科医院ができたので現在虫歯のある人も治療してほしいです。  また、生徒指導の先生からは、「ともだちのよいところを見つけよう」という今月のめあての話をしていただきました。少しでも多くの良いところが見つかるとあたたかい気持ちで生活していけますね。
 本日は下学年と上学年に分かれて、おそうじ教室を行いました。はじめに、なぜそうじをしなくてはならないのかということを学習しました。お掃除をすると①気持ちよくするための「快適」②物を長く使うための「長持ち」③元気に過ごすための「健康」という3つの良いことがあるということを知りました。  続いて、ほうきやちり取りの正しい使い方を実践たり、ぞうきんのしぼり方を教えていただき実際にやってみたりしました。短い時間でしたが、そうじの大切さとよりきれいにする方法を学びぶことができ、本日の清掃時間から早速活用することができていました。ご家庭でも毎日の掃除のお手伝いなどやらせてみていただくと、さらにおそうじ上手な子になると思います。
 平成30年度全国学力・学習状況調査結果についてお伝えいたします。 4月17日に6年生を対象に行われた「全国学力・学習状況調査」の結果とそれをもとにした学力向上の取り組み及び保護者・地域のみなさまへのお願いをまとめました。今後も地域一体となって学力の向上に努めていきたいと思います。さらなるご協力,ご指導をよろしくお願いいたします。 H30 ホームページ全国学力・学習状況調査結果の公表(小高区4小).pdf
 今年も大阪大学の学生さんによる、アカペラグループ「うたゆい」さんのミニコンサートを昼休みに開催しました。半年ぶり2回目なので、子ども達も学生さん達もフレンドリーな感じで和やかな雰囲気のコンサートになりました。星野源さんの「恋」、前回も演奏してくださった「オー・シャンゼリゼ」、そして「ふるさと」「夢をかなえてドラえもん」、復興を目指して「花は咲く」などを、美しい歌声で聞かせてくださいました。  アンコール曲の「涙そうそう」を聞かせていただいた後には、子ども達からお返しに4小学校の校歌を歌いました。また、子ども達からは、「『花は咲く』が上手だった」「とてもきれいな歌声で素敵だった」という感想が聞かれました。            「うたゆい」のみなさんにおいては、遠く大阪からわざわざ南相馬市に支援に来てくださって感謝しています。今後も他の地区の方々とのつながりを大切にしていければ素晴らしいことだなと感じました。また来年も会えると嬉しいですね。
 今日のはりきりタイムは、マラソンをするにはまだ暑いので体育館で長縄跳びを行いました。福島県では今後、体力向上ムーブメントとして「長縄跳びコンテスト」を実施し、体力向上の啓蒙・啓発を図るそうなので先取りしているのかもしれません。今日は6年生が3分間で291回、5年生が153回しか跳べませんでしたが、今後どんどん回数を伸ばしていけるはずです。1年生も波のように動かした縄を跳ぶ練習をしていました。  
 保健主事の先生と3年生のみんなから、2学期初めの生活について発表がありました。生活の基本はやはり「早寝・早起き・朝ごはん」ということでクイズを交えながら楽しく確認することができました。 1 小学生の睡眠時間はどれくらいが望ましいでしょうか?  A…6時間 B…7時間 C…9時間 2 朝すっきりと起きるにはどうすればよいか?  A…寝る前にゲームをする B…朝に太陽の光を浴びる C…あきらめる 3 朝ごはんを食べないとどうなるか?  A…イライラする B…エネルギーが無くなる C…太る              答えは、簡単だとおもいますが、けっこう間違ったり驚いたりしている子もいました。2学期も元気な生活をおくって行ければいいですね。
ブログ
08/27
 1学期に出展していた「七夕展」の表彰を行いました。5名の特選のお友達と共に「銀河賞」に輝いた1年生が全校生の前で堂々と表彰されました。中でも「銀河賞」はかなり素晴らしい賞で、賞状だけではなくトロフィーも授与されました。身近な友達がこのような賞をいただくことは、全校児童の意欲の向上だけではなく、次は自分もとれるかなという希望が生まれます。1年生の小山君、本当におめでとう!  
 81日間という長い2学期が始まりました。今学期も学習だけではなく、水泳記録会、秋の遠足、学習発表会、校内走ろう会などの行事も予定されています。  2校時目には第2学期の始業式が行われました。校長先生からは、頭・心・体を鍛えることに笑顔をプラスしていけば無敵のパワーが生まれるというお話がありました。また、自分や友達の良いところを見つけ、いじめの無い学校にしていきましょうというお話もありました。              1・3・5年生の代表の子たちからは「夏休みの思い出と2学期のめあて」の発表もありました。「みんなで釣りをして楽しかった」「子どもだけのキャンプにチャレンジした」などたくさんの思い出ができたようでした。さらに「計算をはやくできるようにする」「休まず学校に来る」「苦手な学習にも挑戦する」「下級生の見本になる」といった自分なりの目標を立てていました。3人の発表を聞いて、小高区4小の全員が情実した2学期をおくれるような意欲に満ち溢れました。
 25日(土)の第2回PTA奉仕作業では、多くの保護者の皆様に協力していただき校庭や校舎周辺の除草作業を行うことができました。当日は朝から太陽が照り付け、7時過ぎの時点で30℃に迫る気温でしたが、草刈り機や手作業で伸び放題だった雑草をきれいにすることができました。清々しい気分で子ども達を迎えることができます。ありがとうございました。学校でも用務員さん達や先生方が全力で草むしりをしていたのですが雑草の力には勝つことができずにいました。今回は保護者の皆様の力を借りることができて大変助かりました。