新着
ブログ
06/19
原町第三中学校
期末テストを来週の25日(火),26日(水)に控え,本日のパワーアップタイムは質問タイムです。 テスト範囲を中心に,先生方に積極的に質問しています。      
 食と健康に関する正しい知識とよりよい習慣を身に付け、自分の体を健康に保ち、発育ざかりのこの時期にしっかりと望ましい成長ができるようにするという目的の下、栄養教諭の先生を講師に迎え、体育館において食に関する指導を行っていただきました。   「○×クイズ」で「早寝早起き朝ごはん」クイズに挙手で答え、その後スライドを見ながら、どうしてその答えになるのかの説明を聞き、理解を深めました。   寝る前の激しい運動は体を興奮させ、眠れにくい状況を生み出してしまいます。       体内時計のメカニズムについても学びました。    10問の問題を準備していただきました。    今日得た知識で自分の生活に活かせる部分はどんどん活かし、自分のよりよい成長につなげてほしいと思います。
図書委員会の子どもたちが上真野小学校シンボルの明六の松の下で読み聞かせを行いました。 外での読み聞かせは、とても気持ちが良さそうでした。スイミーなど全3冊を読みました。 お話を聞いた子どもたちは、とても楽しかった。また、聞きたいと感想を言っていました。  
昨日、静岡県静岡市立清水両河内中学校から全校生及び教職員へお茶をお送りいただきました。震災後から続いている交流ですが、たいへん有り難くうれしく思います。お茶の袋には清水両河内中生徒からのメッセージがそえられており、生徒一人ひとりの思いが伝わるものになっています。以下に清水両河内中生徒会長さんからのメッセージを載せます。 福島県南相馬市立小高中学校生徒会のみなさんへ 「今年も5月10日に本校の茶園にて育てているお茶の新芽の茶摘みが終わりました。みなさんにおいしいお茶を飲んでもらうために、全校生徒36名で一生懸命摘み取りました。ぜひ味わってみてください。」   今年も清水両河内中学校にならって小高中版GTT(Green Tea Time)を近日行う予定です。
                                                                3年生の教室に行ってみると、図工の授業で「ふんわりふわふわ」という題材に取り組んでいました。 これは、ビニール袋などに思い思いの絵を描いて、それをうちわなどで下からあおぎながら、空中をふわふわ浮かばせる活動を楽しむ授業です。 子どもたちはマジックを使いながら、かわいいキャラクターやユニークなデザインなどを袋に描いていました。 ふわふわ飛ばしてみる活動も楽しそうですね。
  4時間目は、杉内先生〈2004年アテネパラリンピック、水泳リレー銅メダル〉から「夢」についてのお話をいただきました。お話では、杉内先生はどのようにして夢を叶えたのか、本気でやることの大切さ、感謝の心を持ち続けること、夢を叶えた今でもたくさんの夢を持っていることなど子どもたちの心に響く話をたくさんしてくださいました。  子どもたちはお話を聞いた後、宝物シートに思い思いの夢をかき、夢を叶えるためにどんなことをすればいいか真剣に考えていました。発表の時間には、たくさんの児童が自分の夢を堂々と発表することができました。  杉内先生がおっしゃった「夢に間違いなんてないんだよ」という言葉を胸に夢の実現に向けてがんばっていってほしいです。
  本日、3校時目と4校時目に5年生でスポーツ笑顔の教室が開かれました。本日は佐藤先生、山室先生、そして「夢先生」として杉内先生が講師として高平小に来てくださいました。  3校時目には、歩幅を合わせる運動やボールを運ぶ運動など今までやったことの無いような運動で体を動かしました。はじめてやる運動の難しさに苦しみながらも、ルールを覚え、話し合いを繰り返しながら上達していくことができました。1時間たっぷり体を動かした5年生たちは充実感や達成感を覚えながらスポーツに親しむことができました。
3校時に全校生で防犯教室を行いました。不審者が校舎内に侵入したことを想定し、緊急事態発生時の、全校生への連絡方法の確認や、非常時のベルが鳴ったときの校内での約束などについて学習しました。 体育館に避難した後は、不審者に遭ったときの行動や遭わないために大切なこと等について、警察署員やウルトラ警備隊の皆様、ボランティアの少年補導員の皆様から、寸劇を交えて分かりやすくお話をいただきました。 「お家の人に行き先を告げずに出かけ、知らない人の車に乗ってしまった小学生が、いつまでも帰ってこない・・・」子どもたちは、「それはだめ」「必ず〇〇する」などと答えながら一生懸命に話を聞きました。不審者の特徴を聞かれた子どもたち。多くの子が車のナンバーまで「福島〇〇〇・・・」と、正確に覚えており、真剣に話を聞くことができたようです。   最後はもしものための「いかのおすし」をみんなで確認しました。体育館ではみんなとても元気に答えることができました。ぜひ、おうちでも確認してみてください。
 本日2校時目に、3年生の社会科の一環でドローン教室を行いました。今まで社会の時間に高平地区について学んできた3年生。今日はドローンの映像で、上空から高平小学校周辺の様子を見て学びました。  児童は事前に地図で見たり、校外学習で実際に歩いたりして確認した高平地区を空から見られる貴重な機会に胸を躍らせているようでした。映像がテレビに映されると、子ども達は食い入るように画面に集中し、意欲的に学習に取り組むことができました。    
ブログ
06/19
小高中学校
ダイユーエイト小高店のオープンに先だち、ダイユーエイト様から冷水機が寄贈されました。寄贈された冷水機は自動洗浄機能付きで24時間毎にタンクの水を新鮮な水と入れ替えてくれる優れものです。この機能により水質の安全性が確保できますので、生徒の皆さんは安心して冷たい水を飲むことができますね。ぜひ大切に使用していきたいと思います。ダイユーエイト様、寄贈誠に有り難うございました。      校長室で目録をいただきました。        冷水機は2年生教室前に設置されました。
本日の給食をご紹介いたします。    今日は『味』についてお話します。さて、みなさんは食べた時のおいしさを言葉で表現する時、どんなふうに表現しますか?『ジューシー、ふわふわして柔らかい、シャキシャキな歯ごたえ、いい香り・・・』とか、いろいろな言葉で表せますね。おいしさとは、視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚という五感を使って感じているのです。もちろん一番おいしく食べるのに大事なのは『味覚』です。よくかむことによって鋭くなるそうです。『味覚』はよくかむことで自分で鍛えることができますよ。よくかんでおいしく食べましょう。
 今日は『味』についてお話しします。さて、みなさんは食べたときのおいしさを言葉で表現するとき、どんなふうに表現しますか?『ジューシー、ふわふわして柔らかい、シャキシャキな歯ごたえ、いい香り・・・』とか、いろいろな言葉で表せますね。おいしさとは、視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚という五感を使って感じているのです。もちろん一番おいしく食べるのに大事なのは『味覚』です。よくかむことによって鋭くなるそうです。『味覚』はよくかむことで自分できたえることができますよ。よくかんでおいしく食べましょう。 今日の献立:味噌ラーメン 切り干し大根のサラダ 大学芋 牛乳
6月19日(水) 5年教室では、外国語活動でした。 ALTの先生や外国語の先生と一緒に、クイズに挑戦しました。 自分達で、シルエットクイズや3ヒントクイズを作りました。 出来上がったクイズをALTの先生に出して、確かめています。 次の時間は、出来上がったクイズをお互いに出し合う予定です。  
ブログ
06/19
八沢小学校
6月19日(水) 今日の献立は、「味噌ラーメン、切り干し大根のサラダ、大学芋、牛乳」でした。 今日は「味」についての話です。 みなさんは、食べたときのおいしさを言葉で表すと、どんなふうに表現しますか? 「柔らかい、ジューシー、シャキシャキ、いい香り・・・」など、いろいろ表せますね。 おいしさは、視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚という五感を使って感じています。 一番美味しく食べるのに大事な味覚は、よく噛むことで鋭くなるそうです。 よく噛んで美味しく食べましょう。
19日(火)18:30より,本校,太田小,大甕小の三校のPTAの皆さんで,区連Pレク大会に向けた合同練習会が行われました。本校では初の練習となりましたが,多くの保護者の皆さんにお集まりいただきました。三校の交流を図りながら,楽しく汗を流すことができたようです。 6月29日(土)には,区連Pレク大会が開催されます。応援をよろしくお願いします。   
6年生の総合的な学習の時間。今日はふるさとクラブでお世話になっている木幡忠義さんを招いてのふるさと学習です。まず法螺貝(ほらがい)の吹き方や、様々な合図、命令をする法螺貝の役割などについて学んでから、実際に法螺貝に挑戦しました。 はじめは、なかなか音が出ずに四苦八苦している子も多かったですが、木幡さんにご指導をいただきながら、少しずついい音がだせるようになっていきました。 地域の伝統文化について触れる貴重な体験となりました。  
1学年家庭科の授業で相馬魚類株式会社からお魚マイスターの加藤さんと藤岡さんをお迎えして食育実践サポーターによる授業を行いました。今回の授業は地域の魚や漁業に関心を持ち、地域の食文化を理解して、地域の食材を生かした調理ができることを目的として進められました。導入部分では世界、日本、相双地区には何種類の魚がいるかなどのクイズをした後に、「コガレイのからあげ」、「シラウオとアオサのお吸い物」の調理実習に入りました。生徒は慣れないながらもお魚マイスターの説明を真剣な眼差しでよく聞きながら調理を進めていました。ぜひご家庭でも機会が有ったら今回の経験を生かしてお魚料理にチャレンジしてみてくださいね。