2018年9月の記事一覧

実りの秋!梨園見学

2年生は、斎藤梨園に見学に行ってきました。

1学期に見学に訪れたときは、まだ実がなっていませんでした。

そのときからどのように変わったのか、子どもたちはとても気になっていたようです。

 

まずは、ここで作られている梨の種類などについて教えて頂きました。

1本の木から、なんと平均600個も実ができるそうです。

多いものだと1200個もできるそうです!

「えー!」と驚きの声があがりました。

 

お話を聞いたあとは、畑の中を自由に見学させていただきました。

帰りには、1人1個おみやげを頂きました。

初夏と秋の梨の違いを知ることができましたね。

 

5年国語科「天気を予想する」

今日は、5年生の国語科の授業を参観しました。

説明文を「読むこと」の指導において、筆者が表・グラフ・写真等の資料を提示した意図を考える授業です。

 

まず自分の考えを明らかにします。

 

一人一人に寄り添いながら、個別の支援をします。

次は、グループでの話し合いです。

同じ資料を選んだ者同士がグループになって、話し合います。

発表の時間です。それぞれの資料を取り入れた効果について発表します。

話し合いが進みます。

まとめまでしっかり進めることができました。5年生はみんなしっかり学習していました。

 

 

2年道徳「やりぬく心」

今日は、2年生の道徳の学習を参観しました。モニター画面は、以前アンケートで聞いた「今頑張っていること」の内容です。

子どもたちの新しい意見をタイピングするので、リアルタイムで増えていきます。

授業のねらいは「希望と勇気」「努力と強い意志」について考えることです。

教材文「さかあがりできたよ」を読んで、主人公の気持ちや行動について話し合います。

一人一人の考えを見とり、その後の話し合いを構成していきます。

話を良く聞いて、自分の意見を発表しています。

ワークシートに考えをまとめていきます。

教材文が「さかあがりできたよ」なので、鉄棒に見立てた棒を握りながら、私の気持ちを表現します。

「できるかなぁ」「おなかをつけてやらなくちゃ」「今日もがんばるぞ」などのつぶやきが聞かれました。

最後に、これからの生活で頑張りたいことを発表しました。先生の子どもの頃にがんばった話を聞きました。

努力と強い意志について考えることができた1時間でした。

 

 

南相馬市☆未来絵日記表彰式を行いました!

本校児童5年川崎雅也さんが、「南相馬市☆未来絵日記」コンクールで最優秀賞をいただきました。

本日、その表彰式を校長室で行いました。

市役所復興企画部長様より、賞状と盾をいただきました。

その後、担任の先生と一緒に取材を受けました。

たくさんの人や新聞記者に囲まれて緊張しましたが、作品にこめた思いを語りました。

 

はえある最優秀賞をいただいた作品です。幼稚園のころから積み重ねてきた環境についての学びが絵と文章で表現されています。将来、アグリパークで働きたいという夢をもっているそうですので、楽しみです。

 

5年生が校舎内の放射線測定!

9月26日に、5年生の放射線教育をおこないました。

まず、グループ毎に校地内の放射線量を測定しました。

測定の高さは、50cm(カラーコーン)です。

外回りも測定しました。

北側も測定しました。

戻ってきました。

 

測定結果をマッピングします。

次に、担任がマッピングの結果をみて、全体をとらえます。

その後、講師の先生による説明と指導を行いました。

内容は、以下のとおりです。

1 マッピング体験からわかること

2 放射線はどういうものか

3 どうして除染をするのか

4 放射線による健康影響

5 市の検査体制について

子どもたちは、真剣に聞いています。

講師の先生の説明に聞き入っています。

市役所健康づくり課以外にもたくさんの方が参観しました。

大型モニターで分かりやすく教えていただきました。

それぞれが、今日の学習の振り返りをしました。

放射線は正しく知ることが大切ですので、5年生のこれからの生活に生かしてほしいです。