2018年1月の記事一覧

おもしろ不思議実験









いわき明星大学から梅村先生にお越しいただき、6年生を対象に「子どもサイエンス講座」を開きました。
まず最初に、ブドウ糖溶液、水酸化ナトリウム溶液、インディゴ溶液を混ぜ入れ、軽く振ると黄色に、思い切り振ると緑色になります。
しばらくそのままにしておくと、水溶液は黄色になるという実験をしました。
次に、アルギン酸ナトリウムに蒸留水を入れ、粘りけが出るくらいよくかき混ぜたところに食紅を入れます。
それを塩化カルシウム水溶液に1滴ずつ落とすと、何と人工イクラの完成です。
最後には、うみホタルの発光実験をしました。
暗くした部屋の中で、青白く光るうみホタルを見ることができました。
目も心も奪われてしまうようなおもしろい実験を次々と体験でき、楽しく理科の学習をすることができました。

物のあたたまり方







4年生は理科の時間に「物のあたたまり方」について学習しています。
この単元では、物の素材によって熱の伝わり方が違うということを学習します。
今日は、鉄の棒を温める実験や、ろうそくに火を付けてろうが溶けていく様子を学習しました。
2学期には、水が温度によって水蒸気や氷に変わることや、水が氷になると体積が増えることなどを学習しています。
3学期になって、4年生としてのまとめの学習をしっかりしてほしいと思います。

この寒さはいつまで?







毎日、本当に寒い日が続いています。
全国的に記録的な大寒波が来ていて、積雪が3mを超えたり観測史上最低気温を記録したりした場所があるようです。
首都圏の高速道路にも、だいぶ影響が出ているようです。
昨日、今日と、朝、子どもたちが登校してくる時間帯には雪が降っていました。
日中は日差しが出て、休み時間になると子どもたちは雪遊びに夢中です。
でも、日中溶けた雪が夜の冷え込みで凍結して、翌朝には道路がつるんつるんの状態になっている場所もあります。
学校前の交差点では10時頃、車がスリップして縁石に乗り上げ動けない状態になり、警察やレッカー車が来て作業をしていました。
子どもたちの登下校の時間帯でなかったのが、不幸中の幸いです。
子どもたちにも、転倒してけがなどしないように放送で注意を呼びかけました。

まぜて、ねじって、くっつけて








3年生の教室では、図工の時間にペン立てを作成していました。
ペットボトルで作った土台に、カラフルな紙粘土やビーズ、ボタンなどをつけて飾り付けをしました。
紙粘土は赤青黄白の4色のみでしたが、混ぜたりねじったりして、新しい色を生み出したり、マーブル模様を作ってみたりと、工夫を凝らしていました。
新しい発見をするたび、「見て見て!」と友だちと共有している様子が見られ、とても楽しそうに活動していました。

今日から全国学校給食週間







今日から30日までは、全国学校給食週間です。
それにちなんでこの期間、南相馬市の学校給食では、福島県にゆかりのある郷土食や行事食が提供されます。
今日は、みそラーメン、じゃこサラダ、ずんだ団子、牛乳という献立で、じゃこや枝豆を使って歯や骨を強化する「かみかみ献立」にもなっています。
よくかんでしっかり食べましょう。