2017年10月の記事一覧

外国の行事を体験してみました








明日はハロウィンということで、6年生は思い思いのお化けに扮し、廊下をねり歩きました。
洋風のゴーストや魔女に紛れて、日本の妖怪「一つ目小僧」や「歩く二宮金次郎」もおり、バラエティーに富んだ行列でした。
2年生は、まち探検の学習をグループごとに新聞にまとめていました。
クーピーや付箋紙を使用し、見る人の目を引くいい新聞になっていました。

放射線を正しく理解する







高エネルギー加速器研究機構の高橋さん、環境再生プラザの松本さんと山口さん、市役所健康づくり課の高橋さんと桜井さんが来校され、5年生を対象に放射線教室が開かれました。
まず校庭に出て、周辺の放射線量を測定しました。
その後教室に入り、放射線は生物の細胞を傷つけるものであり、大量に浴びると危険なことや、放射線は生物の細胞に傷をつけますが、小さなものであればその傷は治すことができること、放射線に負けない元気な体をつくるには、しっかりと食事をとり、運動してよく寝ることが大切であることなどを教わりました。

学習発表会に向けて








6年生は来月11日の学習発表会に向けて練習を始めていました。
台本を見ずに台詞をいうことができている児童がたくさんいました。
次の課題は、動作を付けながら伝わるように話すことのようです。
練習の様子から、笑顔と感動の渦を巻き起こす発表になる予感がしています。

秋を生かして







以前にもお知らせしましたが、1年生はこれまで育ててきた植物の茎やつるの部分を乾燥させてリースを作りました。
今日は、校舎周辺を歩きながら秋を探して、木の実や枯れ葉などを拾い集めて、前に作ったリースに飾り付けをしました。
一人一人が思い思いに自分だけのリースを仕上げていました。
前の物よりまた一段とバージョンアップしましたよ。

秋の雲雀ヶ原を駈け抜けて







雲雀ヶ原陸上競技場で校内マラソン記録会を行いました。
昨日の台風がうそのようなさわやかな秋空の下で、低学年は800m、中学年は1,400m、高学年は2,000mを走りました。
たくさんの保護者の皆さんにも応援に駆け付けていただき、子どもたちはこれまでの練習の成果を発揮すべく、最後まで頑張って走り抜くことができました。
スポーツの秋にふさわしく、さわやかな汗を流すことができました。