学校日誌

2018年12月の記事一覧

仕事納めの日

 本日、12月28日は仕事納めの日です。校舎内、校庭、体育館で練習をしている各部活動でも普段練習で使用している施設の大掃除を行い、2018年を締めくくりました。年末年始は、計画的な学習と家族の団らんを大切にし、健康や安全に気をつけて有意義に過ごしてください。

 保護者の皆様、地域の皆様には、本校教育活動に対して深いご理解とご支援をいただき、2018年も充実した教育活動を行うことができました。ありがとうございました。 
 2019年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

地域のために私達ができることは?

「報徳仕法に関する道徳の特別授業」11月27日(火)5,6校時

総合的な学習の時間でも世話になっているNPO法人南相馬サイエンスラボの齋藤実先生を講師にお迎えし、道徳の特別授業を実施しました。先人達が飢饉や自然災害からいかに復興したか、など私たちの現状にも通ずるお話を分かりやすくしていただきました。生徒達は、お話をもとにふるさとのために自分たちができることは何かについて深く考えました。

 

 

集まったお金を届けました

 本日、ボランティア委員会が中心となって行った白い羽根運動で集まったお金、7,612円を日本赤十字社に送りました。このお金は日本赤十字社と日本放送協会(NHK)の協力により海外たすけあいキャンペーンを通して、世界で援助を必要としている人達に届けられます。
 また、赤い羽根共同募金で集まったお金、12,876円は南相馬市社会福祉協議会様に届けました。このお金は地域の様々な福祉に関する課題解決のために活用されます。
 ご協力ありがとうございました。

第2学期終業式

本日4校時に第2学期終業式を行いました。


◎校歌
・一年間、儀式の際のピアノ伴奏をしてくれたのは、但野舞衣さん(3-2)です。
 3学期からは2年生にバトンタッチします。一年間ありがとうございました。

 

◎表彰報告
・平成30年度スクールチャレンジ南相馬市大会中学生部門 
  優秀プログラミング賞 3-1羽根田唯君 3-2田中拓海君 3-2山崎達之君
・南相馬市総合美術展覧会 
  書の部 教育長賞 3-3佐藤吏紗さん
      奨励賞 書の部23名、平面作品の部18名、立体作品の部9名、
             技術家庭の部9名
・第64回福島県読書感想文コンクール
  入選 2-2坂本陽菜さん 佳作 1-3岡田綾菜さん
・全国中学生人権作文コンテスト福島県大会 奨励賞 3-1森聖愛さん
               相双大会  奨励賞 3-1櫻千優さん
                     奨励賞 3-3桃井瞭茄君
・第72回福島県下小中学校音楽祭相馬地区大会
  第3部創作 優良賞 3-1森聖愛さん
・相馬市ソフトテニス秋季大会 
  中学女子2年生の部 第3位 2-2佐藤夏恋さん 1-2菊地陽奈さん


・福島県アンサンブルコンテスト相双支部大会(全て金賞)
【金管六重奏】1-3西内野乃さん 2-1遠藤愛奈さん 2-1高野杏花さん
       2-2坂本陽菜さん 2-3山田玲奈さん 1-2佐藤愛花さん
【打楽器四重奏】1-1西内理紗さん 1-2志賀葵さん 2-3遠藤直希君
        1-1富田結衣さん
【木管八重奏】1-1菅野まりあさん 1-1佐藤加奈子さん 1-2小野内玲音さん
       2-2小椋瑞姫さん  2-2澤田明依さん  2-3菅原徳馬君
       2-3遠藤陽菜さん  1-3福島志織さん

 

◎生徒発表 「2学期を振り返って」

<1年生代表 1-1川崎孝輔君>


・テスト勉強がつらいなと思うこともあったがクラス全体に学習にしっかり取組む雰囲気があるので頑張ることができた。これからも続けていきたい。
・文化祭では、一から全て自分たちで考えて創り上げていくのは大変だったが、多くのお客さんに楽しんでもらえて安心した。
・合唱コンクールでは、同じ目標に向かって頑張ることでクラスの絆が強まった。
・CM物まね選手権は役になりきることができた。優勝できて嬉しかった。
・3学期は、仲良く、楽しく、絆を大切にしながら、中学生としての自覚を持ちメリハリ のある生活を送れるよう、委員長として皆をまとめ最後まで頑張りたい。

<2年生代表 2-3山田玲奈さん>


・2学期は部活動と勉強の両立に努めた。
・部活動では、全員がアンサンブルコンテスト県大会に行くことを目標に取組み、目標を達成することができた。このことを通して団結力の大切さ、協力することの大切さを学 んだ
・学習面では苦手な英語に集中的に取り組んだ。自分で単語テストをしたり、ローマ字読みで覚えるなど、克服するための学習方法を工夫したことで目標以上の結果を残すこと ができた。
・冬休みは、規則正しい生活と集中して勉強に取り組むことを目標に、時間を有効に使い2学期の復習をしたい。

<3年生代表 3-3中野流楓君>


・朝が苦手なため、あいさつ運動に遅れてしまうことがあった。冬休みに気を緩めず3学期最初のあいさつ運動にしっかり取り組みたい。
・3学期は学級委員長として、クラスをまとめらるように、呼びかけていきたい。
・冬休みには、受験のための面接と小論文の練習をしっかりしたい
・特に礼法を完璧にし、過去の質問内容についてはしっかり答えられるようにしておきたい。また、小論文は、冬休みにたくさん書いて慣れて本番に備えたい
・生活面では、早寝早起きをして、受験に備えたい。

 

◎冬休みの過ごし方について 生徒指導担当より


・時間を大切に
 早寝、早起き、朝ご飯を忘れずに。有意義に時間を使い、冬休みにしかできないことに取組もう!
・将来を大切に
 計画的に学習しよう!法に触れる行為は絶対にしません!
・お金を大切に
 感謝の気持ちを持ち、お金は大切に使おう!大金を持ち歩いてトラブルに遭わないようにしよう!
・家族を大切に
 家族との時間を大切にし、家の手伝いをしよう!親戚にも礼儀正しくしよう!
・命を大切に
 自転車の乗り方に注意しよう!病気や怪我に注意しよう!自分の身は自分で守ろう!

 

本日で2学期が終了しました。保護者の皆さん,地域の皆さん,大変お世話になりました。ありがとうございました。3学期もよろしくお願いします。

少年非行防止キャンペーン

本日7時20分より本校正門前で、南相馬市防犯協会石神支部、石神青少年を育てる会主催による少年非行防止キャンペーンを行いました。キャンペーンには南相馬警察署生活安全課の皆様、消防団原町区第5分団の皆様、防犯指導隊原町区石神隊の皆様、交通安全協会石神分会の皆様、石神区区長会の皆様にご参加いただき、少年非行防止啓発パンフレットとポケットティッシュを配付しながら冬休み中の非行防止と犯罪被害防止を呼びかけていただきました。本校ボランティア委員会も参加し、あいさつ運動を行いました。早朝の寒い時間帯のキャンペーン活動ありがとうございました。