こんなことがありました

5年生:学級活動

本日2月1日(金)の3時間目、5年2組では学級活動を行いました。

2月20日に行われる「お楽しみ会」で行うゲームについての話し合いをしました。

王様ドッジボールやドッジボール、リレー、バスケ、バレーなど

様々な意見が出てきました。

意見を言うときはきちんと挙手をしています。

出てきた意見を自分のノートに書き込む姿も見られました。

 楽しい会にしようと一生懸命友達と意見を交わしたとてもいい時間でした。

 

鬼は外!福は内!

本日2月1日(金)の5時間目、豆まきが行われました。

 

年男年女になる5年生がそれぞれの教室に分かれ、豆を模した新聞の玉を投げました。

豆まきについての放送も5年生が中心となっています。

各教室には、豆まきに向けて自分の中の追い出したい鬼を書いたクラスもありました。

新聞紙の豆の中には何か入っているものもあるそうです。

みんな一生懸命拾っています。

当たりの新聞紙豆の中には顔の書かれたかわいい豆が入っていました。

自分の中の追い出したい鬼を5年生に追い払ってもらいました。

あと2ヶ月、病気なく元気に学校生活を過ごせるといいですね。

今日の給食の伊予柑は愛媛県からいただきました。

<献立>

麦ごはん・酢豚・中華サラダ・ふりかけ・牛乳

<一口メモ>

今日は中華の献立です。日本の食事は大きく分けて和食・洋食・中華がありますが、どれもそれぞれのよさがあります。昔の中国では温かい料理を食べることがマナーとされていたため、油を多く用いて、強い火力で調理する炒め物がよく食べられていたそうです。日本で食べられている中華料理は、日本人の好みにアレンジされたものが多く、今日の酢豚も給食 用にアレンジしました。さあ、酢豚を一口食べてみましょう。

今日のいよかんは、「NPO法人えひめ311」と「愛媛県の食健連」さんが被災地(ひさいち)に住んでいる人を励まそうと、栽培・収穫をしたものです。

NPO法人えひめ311に渡部寛志さんも携わり、作業をしています。渡部さんは、震災前は小高区で農業をしていました。避難をしても南相馬市やほかの被災地のために「いよかん」や「せとか」などの柑橘類を支援してくださっています。