学校日誌

学校日誌

中学校生活最後の定期試験

本日24日(木)は3年生の学年末試験2日目です。3年生にとって中学校生活最後の定期試験です。午後には県立Ⅰ期選抜直前ミーティングを予定しています。いよいよ高校入試に向けてスパートをかけていきます。頑張れ!3年生!

 

 

 

入学説明会

本日22日午後、平成31年度に石神中学校に入学を予定している小学6年生とその保護者の皆様を対象に入学説明会を開催しました。校舎見学と授業参観の後、体育館において中学校での学習や一日の生活、主な行事や約束事について先生方や生徒会役員が説明しました。小学生の皆さんは緊張の面持ちでしたが、真剣に話に耳を傾ける姿からは中学校生活に対する意気込みが伝わってきました。石神中学校生徒、教職員一同、皆さんの入学を心待ちにしています。

全国学校給食週間が始まりました

1月24日から30日は『全国学校給食週間』です。南相馬市では今日から一足先に『学校給食週間』をスタートします。今年の献立テーマは『福島県産を食べよう』です。そこで今日は福島県の郷土料理「いかにんじん」と南相馬市の特産物だった鮭を使った汁物「どさんこ汁」の登場です。どさんこ汁のみそは相馬農業高等学校の生徒のみなさんが作ったみそです。残念ながら、鮭はまだ南相馬市で捕れた鮭ではありませんが、みそのうま味と栄養が加わり、とてもおいしく仕上がりました。そして、ご飯は南相馬市産のおいしいコシヒカリ。「のまたんのり」でマイおにぎりを作って、ふくしまを美味しくいただきました。

学校給食週間
学校給食の意義や役割について児童生徒や教職員、保護者の皆様そして地域の方々の理解と関心を深めるための週間のことです。第二次世界大戦下、中断していた学校給食が1947年12月24日より再開されたことを記念して、12月24日を学校給食感謝の日と定め、冬季休業と重ならない1ヶ月後の1月24日からの一週間を「学校給食週間」として設定し、学校給食のより一層の充実発展を図ることをねらいに全国的に学校給食に関する各種の行事等を実施しています。

石神日英交流訪問団受け入れ準備

本日18:00より、来月2月16日からの石神日英交流訪問団受け入れの準備のための保護者会を開催しました。
訪日メンバーとホームステイ先の確認や3日間の交流活動の計画について意見交換を行い共通理解を図りました。