こんなことがありました!

出来事

基礎学力テストを行いました

 今年度から本校でも水曜日は原則として部活動がなく、帰りの短学活修了後すぐに下校となっています。その時間を利用して、基礎学力の向上を図るためテストを実施しました。12月12日に第1回目の数学のテストを行いました。6日(木)から朝の時間を利用してプレテストを行い、その成果として12日にまとめのテストを行いました。プレテストでは、8割以上を合格点とし、各学級で合格率を競いましたが、3年1組、3年2組、3年3組がそれぞれ1回ずつ100%を達成するなど、素晴らしい成果が見られました。12日のテストでも、生徒全員が真剣に挑戦している姿が印象的でした。

薬物乱用防止教室を実施しました

 12月12日に、福島県相双保健福祉事務所主任薬剤技師の後藤様を講師にお迎えし、3年生を対象に、薬物乱用防止教室を行いました。
 防止教室では、後藤先生から、薬物について学習する意義についてや、正しい知識、そして、薬物は全体ダメという強い気持ちが大切であることについてご指導いただきました。

税の作文コンクール表彰式

 12月11日に福島県納税貯蓄組合連合会会長の菅野様、相馬税務署の柴田様においでいただき、税の作文コンクール表彰式を校長室にて行いました。本校からは、1年の但野さんが相双地区納税貯蓄組合連合会長賞を受賞し、表彰していただきました。おめでとうございます。

野馬追の里健康マラソン大会

 12月2日(日)に、雲雀ヶ原陸上競技場をメインに、野馬追の里健康マラソン大会が開催されました。今年度は、各種大会の日程と重なっていたため、本校からは陸上競技部が参加してきました。開会式では、出場する全選手を代表し、本校2年の福山さんと梅田さんが、声高らかに選手宣誓を行いました。立派な態度に集まっていた皆さんからお褒めの言葉をたくさんいただきました。大会では、暖かい日差しの中、それぞれに全力を尽くして完走しました。

スクールチャレンジ南相馬市大会

 12月1日(土)に、原町生涯学習センターでスクールチャレンジ南相馬市大会が行われました。スクールチャレンジとは、各学校で取り組んでいるプログラミング学習の成果としてペッパーのプログラミングを発表し合うものです。本校からは3年生の木幡さん、紺野さん、鈴木さん、渡辺さんの4名のグループが、「校舎を案内を行う」をテーマとしたプログラムを披露してきました。

情報モラル教室

 11月28日に、KDDI株式会社よりマネージャーの東島様においでいただき、今年度の情報モラル教室(安全・防犯教室)を行いました。携帯・スマホの使い方を中心にSNSの危険性について、アニメ等を使って実例に基づいて具体的にご指導いただきました。スマホは便利なものですが、使い方を誤ると危険なものであり、しかも、身体(脳)にも影響を及ぼすものでもあります。使い方には十分に注意が必要だと改めて実感しました。

放射線について学びました

 11月21日に東北大学名誉教諭の馬場先生においでいただき、今年度の放射線教育を行いました。短い時間ではありましたが、放射線の専門家である馬場先生から、映像を交えながら丁寧にご指導いただきました。放射線は、正しく知って正しく怖がることが大切であると言われます。学校では、このような講演会と各学級で行う放射線教育を組み合わせて、正しい知識に習得に努めています。

 

高校説明会、入試説明会、お世話になりました

 11月1日に、相馬地区の各高等学校の先生をお招きし、3年生と保護者を対象に「高校説明会」を行いました。保護者の皆様には、多数ご参加いただき、ありがとうございました。
 13時15分開会の今回の高校説明会では、まず相馬高校、そして、相馬東高校、休憩を挟んで、ふたば未来学園高校、小高産業技術高校、そして、相馬農業高校、原町高校の6校から、先生方においでいただき、学校の様子や募集について詳しくお話しいただきました。
 3年生にとっては、今後の進路選択、高校の選択に大いに役立ついい機会となりました。


 また、11月16日には、2年生の保護者を対象に入試関係の説明会を行いました。Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期制の受験は今年度までで、来年度からは新しい受験制度に移行します。受験のシステムを十分に理解した上で来年度を迎えたいと考え企画しました。

食育講座1年生

 11月16日午後に1年生を対象に食育講座を行いました。今年度も原町第一中学校栄養教諭の桜井先生においでいただき、ご講話いただきました。

 

リラクゼーション教室

 今年度も上智大学教授の久田先生においでいただき、全学年対象に「リラクゼーション教室」を行いました。塔下祭、スポーツ大会が終わり各学年とも学習へ全力を傾ける時期になってきました。また、3年生にとっては進路実現を図る大切な時期です。この時期に、それぞれが感じるストレスを、いかに上手に解消していくか、その方法について丁寧に教えていただきました。

スポーツ大会、大いに盛り上がる

 今年度も、11月13日~15日の3日間、学年ごとにスポーツ大会を行いました。この行事は、一昨年の生徒会が発案し、昨年度、生徒の力で立ち上げた行事です。この行事を今年度も引き継ぎ、実施しました。実施に当たっては、企画・運営を生徒の手で行いました。実現に至るまでは、各学年ともに検討に検討を重ね、種目の選定、ルールの設定等、苦労を重ねました。そのため、当日は大変盛り上がる、充実感のある大会となりました。

なすび氏来校

 11月7日、市教委の「スーパーティーチャー招聘事業」の一環で、福島県出身のタレントなすびさんをお招きし、講演会を開催しました。「チャレンジ:夢を実現するために、今こそ学ぶべきこと、そして~」と題し、自らの経験やヒマラヤ登山への挑戦の様子など、夢をもって頑張ることの大切さ、諦めないことの大切さについて、約2時間ご講演いただきました。生徒たちも熱心に話に聞き入っていました。

キャリア教育、今年も実施

 11月5日に、NPO法人16歳の仕事塾にご協力いただき、 キャリア教育の授業を今年度も3年生を対象に行いました。今年も、社会人による授業とインタビューワークショップを組み合わせた授業でした。社会人講師には、ソニーコンピュータサイエンス研究所の吉村様、清水建設の平林様、柳屋本店の菅井様と、どちらの方もそれぞれの美智の第一線でご活躍の方でした。

 後半はインタビューワークショップでした。どのクラスも鋭い質問をし、講師の先生方にお褒めの言葉をたくさんいただきました。

漢字検定、今年も全校生徒で受験

 11月2日に、今年度2回目の漢字検定試験を行いました。今回は日本漢字検定協会より、受験料半額補助のご支援をいただき、残り半額を学校から支出する形で、今年度も全校生徒で受験しました。検定試験は、5校時終了後の、放課後の時間を利用して行いました。試験開始から時間いっぱいまで、一生懸命に取り組んでいました。

Pepperを使ったプログラミング学習

 今年度もペッパーを使ったプログラミング学習が始まりました。今年度は、1・3年生は総合的な学習の時間を使って、2年生は技術科の時間でそれぞれプログラミング学習を行います。3年生は昨年度の経験を生かして、工夫を凝らしたプログラムを作成していました。

ドローンを使ったプログラミング学習

 11月1日に、東京大学の駒形先生と東京大学の学生3名においでいただき、1年生を対象にプログラミング学習を行いました。今回はドローンを使っての学習でしたが、ドローンを操縦するのではなく、あらかじめ作成したプログラムに基づいて自動で飛ぶドローンに、生徒たちも興味津々でした。講義のあと、自分たちでプログラムしてドローンを飛ばす実習を行いました。

素晴らしい塔下祭でした!その2

 各学年の総合的な学習の時間の成果発表、吹奏楽部の演奏、そして、午後からは、各学年の催しを中心とした展示・発表と、例年と同様の催しを行いましたが、どれも工夫が見られたり、地域への貢献を意識した発表になっていたりと、原町第二中学校の生徒、保護者の皆様、そして、指導に当たった先生方の素晴らしさをあらためて実感した一日でした。


 また、PTAの皆様には、焼きそば、おにぎり、ハンバーガーや唐揚げなど、たくさんのメニューを準備していただきました。役員の皆様はじめ、当日お手伝いいただきました保護者の皆様、すばらしい味、本当にごちそうさまでした。

 朝からおいでのたくさんの保護者の皆様と、本当にたくさんの感動を共有できた素晴らしい1日となりました。

素晴らしい塔下祭でした!その1

 10月27日に開催しました第17回塔下祭では、朝早くからたくさんの保護者の皆様、そして地域の皆様にお出でいただきまして誠にありがとうございました。特に、PTAの模擬店では朝早くから準備に取り組んでくださいました役員はじめ保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 本年度の塔下祭は、テーマ「足跡~私たちのしるし~」のもと、生徒達の実行委員会や生徒会が主体となって企画・計画し、準備を進めてきました。
 
 開催式に続き、少年の主張・英語弁論、そして、合唱コンクールを行いました。

 

原町二中の伝統をしっかり受け継いだ素晴らしい歌声が、体育館に響き渡りました。全体的にレベルが高く、どの学年の合唱も聞き応えがあり、クラスの団結力を感じさせるすばらしいものでした。

市教委モデル授業実施

 10月11日に授業研究会を行いました。今回は、合唱コンクールを控えた音楽科の授業となりましたが、本校のテーマである「学び合い」に焦点を当てた素晴らしい授業が展開されました。当日は南相馬市教育委員会より指導の先生をお呼びし、授業を見ていただきましたが、一生懸命に取り組む素晴らしい生徒たちですねとお褒めの言葉をいただきました。

 

総合的な学習の時間学年発表会

 10月10日の総合的な学習の時間に、これまでの学習の成果を発表する学年発表会を行いました。この発表会は、塔下祭での学年発表の代表を決定するためのものでした。各班ともこれまでの学習の成果を工夫を凝らして発表していました。

栄光をたたえて~相双新人大会結果~

今年度の新人大会も種目ごとの開催となりましたが、本校生徒はこれまでの練習の成果を十分に発揮すべく、各種目で素晴らしい活躍を見せてくれました。応援ありがとうございました。以下は、県大会出場を果たした部です。

軟式野球(原町二中・原町三中・石神中・中村二中連合) 地区大会優勝

バスケットボール女子 地区大会優勝

ソフトテニス女子個人 県大会1ペア出場

バドミントン男子個人 県大会W1、S1出場

 また、10月7日には、郡山市開成山陸上競技場で、県新人陸上競技大会が行われました。それぞれに自己ベストをマークするなど素晴らしい大会となりました。入賞者は以下の通りです。
中学共通男子200m1位 寳 君、同3位 福 山 君
中学2年男子100m4位 寳 君
中学2年女子100m4位 梅 田 さん
男子総合第7位 天 野 君、鎌 田 君、寳  君、京 谷 君、鈴 木 君、

        福 山 君、星  君、佐 藤 君、益 山 君、原   君

 

平成30年度後期生徒会組織

 9月19日に行われた後期生徒会役員選挙を皮切りに、後期の学級組織、生徒会組織が改編されました。生徒会役員選挙では、投票日までの間、朝や昼の時間を利用して選挙運動が繰り広げられました。

 どの候補者も意欲をもって取り組もうとする姿勢は素晴らしいものがありました。
 後期生徒会役員は以下の皆さんです。
  会 長  金 澤 さん
  副会長  鈴 木 さん・福 島 さん
  庶務会計 青 田 さん・田 原 さん・舟 田 さん・吉 村 さん
  10月4日に生徒会役員、学級委員の認証式を行い、いよいよ後期の活動がスタートしました。

性教育出前講座

 10月1日に、国際ソロプチミスト原町の皆様のご支援により、今年度も福島市の西口クリニック婦人科野口先生においでいただき、1年生を対象に性教育授業を行いました。
 国際ソロプチミスト原町からも4名の方々においでいただきご挨拶のあと、野口先生に、産婦人科の医師という専門の立場から、思春期の今だからこそ必要な知識について、特に、身体の仕組みや生命の誕生について、詳しくご指導いただきました。

相双新人大会に向けて~壮行会~

 9月21日に相双新人大会に向けての選手壮行会を行いました。
 今年度も、年間の計画にはありませんでしたが、生徒会役員や3年生から、後輩のために「ぜひ壮行会を」という声が上がり実施しました。
 壮行会では、それぞれの部がユニフォーム姿を披露し、大会への意気込みを力強く決意宣言したあと、3年の先輩からの激励の言葉が続きました。学校が一丸となってそれぞれの部の活躍を願う、素晴らしい壮行会になりました。
 また、10月7日に郡山市で行われる福島県新人陸上競技大会の壮行会も行いました。本校からは相双予選を勝ち抜いた21名が参加します。

スーパーティーチャー授業研修会

 9月18日に、香川大学の植田和也教授をお招きし、道徳の授業研修会を行いました。当日は、植田先生に1年2組で授業をしていただきました。
 出会ったばかりの先生による授業でしたが、生徒たちも一生懸命に考えたり話し合ったりしていました。この様子を本校の教員ばかりでなく、市教委や市内の小中学校の先生方にも参観していただきました。授業後に植田先生からは、1年2組の生徒の発表や取り組みの素晴らしさにお褒めの言葉をいただきました。充実した実りの大きい研修会となりました。

ロボットテストフィールド見学

 9月5日に、南相馬市に現在建設中のロボットテストフィールドに見学に行ってきました。今回は、キャリア教育の一環で、1年生を対象に行いましたが、市の商工労政課ロボット推進室の皆さんの全面的なご協力をいただき実施することができました。当日は、ロボット産業の現女運についての説明や、ドローンを使った実習など2時間の学習でしたが充実した内容でした。

全力を尽くしました ~相双駅伝大会~

 9月5日に、小高中学校周辺コースを会場に、中学校体育大会駅伝競走相双地区予選会が行われました。本校からも夏休み中に猛練習を積んだ選手達が出場し、その成果を十分に発揮していきました。惜しくも県大会出場は逃してしまったものの、男子8位、女子6位とそれぞれ入賞を果たすという素晴らしい結果を残すことができました。お疲れ様でした。

駅伝壮行会

 9月3日には、5日に開催される相双中体連駅伝競走大会の選手壮行会を行いました。夏休み期間中、毎日苦しい練習に進んで励んできた選手達の姿に、在校生一同大きな声援を送りました。当日は、是非頑張ってきて欲しいと思います。

 

資源物回収、お世話になりました

 9月1日にPTA主催の資源物回収が行われました。当日は、PTA奉仕作業でテニスコートの整備を予定しておりましたが、あいにくの天気のため、奉仕作業は延期となり、資源物改修のみの実施となりました。PTA役員、そして、学年委員をはじめとするPTA各委員の皆さん方のご協力によりスムーズに進めることができました。感謝申し上げます。なお、益金については、各部のユニフォーム等、生徒のために大切に使ってまいりたいと思います。

英語弁論大会が行われました

 8月29日、相馬市民会館で第67回相馬地方中学校英語弁論大会が行われました。本校からは、暗唱の部に小山さん、舟田さん、そして、創作の部に塩谷さんの3年生3名が出場しました。3人は、英語科の教師とALTによる熱心な指導を受け、夏休みも返上して練習に取り組みました。これまでの練習の成果を落ち着いて堂々と披露してくれました3名はそれぞれに素晴らしいできばえで、その中でも、小山さんは見事2位に入賞しました。

東北中学校陸上競技大会

 8月7~9日の日程で岩手県北上市で行われました東北中学校陸上競技大会に、本校から女子2年100mと女子低学年リレーの2種目に出場してきました。

 8日の大会当日は南相馬は台風の影響がありましたが、北上市は晴天で、暑さの厳しい中でしたが、それぞれの種目で持てる力を精一杯発揮して、それぞれのレースに取り組んできました。

西日本豪雨義援金贈呈式

 1学期末に生徒会執行部、JRC委員会が中心となり、全校あげて行った西日本豪雨災害に対する義援金募金では、たくさんのご協力をいただきありがとうございました。おかげさまで総額61,074円という非常にたくさんの皆さんの善意が集まりました。

 7月25日、贈呈式を行いました。金澤生徒会長、池田JRC委員長から、福島民報南相馬支社長様に贈呈しました。この募金活動は生徒会そしてJRC委員会の発案により、生徒自身の手で活動し集めたものでした。現実を前に、自分でできることを考え、実践した生徒たちの姿勢は非常に素晴らしいと思います。

福島県中学校体育大会総合大会、応援ありがとうございました

 7月22日から行われた県中体連総合大会では、朝早くから遠方まで応援に駆けつけていただきありがとうございました。選手たちは保護者の皆様の熱い応援に支えられ、精一杯のプレーを見せてくれました。男子バスケットボール部、女子バスケットボール部は、それぞれ1回戦を勝ち上がり、2回戦にコマを進めることができました。また、男子ソフトテニス部も個人戦で2回戦まで進み、思う存分のプレーをしてきました。

県大会、東北大会壮行会

 20日の終業式修了後、22日から行われる福島県中体連総合大会と26日の福島県吹奏楽コンクール、そして、8月7日からの東北中体連陸上競技大会の壮行会を行いました。壮行会では、各部から決意表明をしました。県総合大会に出場する部は、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、女子バレーボール部、男子ソフトテニス部、男子バドミントン部、そして、特設の水泳部です。最後に生徒会長が激励の言葉を述べました。それぞれ、原町二中の代表として、相双地区の代表として、そして、陸上は福島県の代表として、持てる力を十分に発揮して、悔いの大会にして欲しいと思います。がんばれ!

 

夏休みを有意義に過ごすために

 20日で平成30年度の第1学期が無事終了しました。保護者の皆様の多大なるご理解とご協力により、大きな事故等も無く、学校運営ができましたことに、心より感謝申し上げます。
 1学期は、授業にも意欲的に取り組む姿が多く見られ、とてもうれしく思います。学校訪問など、学校としての大きな事業もありましたが、その中で現在取り組んでいる「学び合い、支え合い」の姿を見せることができました。また、部活動では、生徒はもとより教職員も共に活動し、全ての部活動で素晴らしい活躍を見せてくれました。
 いよいよ明後日から夏休みに入ります。終業式では、各学年代表による意見発表がありました。1学期の反省と夏休みの目標をテーマに、それぞれの学年に応じた素晴らしい意見発表でした。この夏休みには、それぞれの計画に従い、事故の無い充実した毎日を過ごして欲しいと思います。

イノベーションコースト構想に関するキャリア教育講座

 19日には2年生を対象に「イノベーションコースト構想に関するキャリア教育講座」を実施しました。市ロボット産業推進室、ゆめサポート南相馬の全面協力を得て、市内の企業5社の皆様に参加していただき、体験等を通して地域産業等への関心を高めることができました。学校に地元企業の方々をお招きしての事業は、初めての試みで新聞社をはじめテレビ局も取材に来ていました。

キャリア教育支援事業

 18日にNPO法人南相馬こどものつばさのご協力による2年生対象の「キャリア教育支援事業」を行いました。当日はキャリアコンサルタント・進路アドバイザーの川田先生においでいただき、職場体験の目的・心構え、マナーなどについてご指導いただきました。第一印象の大切さなどこれからの職場体験学習をはじめ多くの機会に役立てることができると思います。

福島県吹奏楽コンクール相双支部大会

 15日に、ゆめはっとで、福島県吹奏楽コンクール第36回相双支部大会が開催されました。本校からも吹奏楽部員23名が、中学校小編成の部に出場し、これまでの練習の成果を披露してきました。
  吹奏楽部はこれまで、コンクールのための練習の傍ら、入学式や壮行会といった行事でも見事な演奏をして花を添えてくれていました。これまでの練習の成果を遺憾なく発揮して、顧問の清信先生の指揮の下、本当に心揺さぶられる素晴らしい演奏を披露してくれました。結果は、見事金賞を受賞し、さらには県大会への支部代表の座も獲得することができました。県大会は7月26日に、いわき芸術文化交流館アリオスで行われます。

3年生、介護について体験

 7月11日、3年生を対象に介護教室を行いました。今年度も市当局及び東電パートナーズの皆さんには大変お世話になりました。
 介護教室は、3年生の学級ごとに行いました。全体での説明を受けた後、杖や車いすを使う体の不自由な方に対して、どのように介助したらよいかを実習しました。介護について考えるよい機会となりました。

「少年の主張」南相馬市大会

 7月10日に、第12回「少年の主張」南相馬市大会が、石神中学校を会場に行われました。本校からは3年生の金澤さんと原さんが出場し、堂々と立派に発表することができました。金澤さんは「思いを言葉にすること」と題し、自分の意思で決めて行動することの大切さについてを、また、原さんは「今の私がいるのは」と題し、友人との交流をもとに友だちから受けた言葉の尊さ、素晴らしさについてを訴えるとともに、これからの自分のあり方について、しっかりと表現していました。審査の結果、金澤さん、原さんともに優秀賞を受賞しました。

福島県中体連陸上競技大会報告

 7月4日~6日にいわき陸上競技場で行われました第61回福島県中学校体育大会陸上競技大会では、応援ありがとうございました。本校からは総勢20名の選手がエントリーし、持てる力を十分に発揮して、熱戦を繰り広げました。
 今大会では、女子2年100mで梅田さんが2位、女子1・2年4×100mRで本校チームが3位となり、東北大会出場の切符を手にすることができました。また、惜しくも東北大会出場は逃したものの、男子2年100mで寳君が5位、(2年)男子1・2年4×100mRでも5位と素晴らしい成績を残すことができました。いわき市まで応援にきていただき保護者の皆様、本当にありがとうございました。8月7~9日に岩手県北上市陸上競技場で行われる東北大会には、6名の選手が出場します。

社会を明るくする運動がありました

 7月4日朝7時30分から、社会を明るくする運動の啓蒙活動が行われました。当日は、7時過ぎから相馬地区保護司会の皆様や地域の皆様方にお集まりいただき、毎朝あいさつ運動を行っている本校の生徒会役員と一緒に、登校してくる生徒にポケットティッシュなどを配布して、非
行の防止などを呼びかけました。
 本校でも常日ごろからあいさつを大切にし、規範意識の向上をめざして指導しております。これを一つの機会として、ご家庭でも話題にしていただければ幸いです。

学校訪問がありました

 7月3日に学校訪問がありました。学校訪問とは朝から福島県相双教育事務所、南相馬市教育委員会の先生方、そして、南相馬市学校教育指導員の先生方に来ていただき、授業をはじめ学校生活全体の参観を通して指導をしてもらう事業です。
 2校時目、3校時目、4校時目と授業参観をいただき、その後、教科ごとの分科会で、一つ一つの授業について丁寧な指導をいただきました。今年度本校では、「学び合い、支え合い」をキーワードにして指導の改善に努めておりますが、今回指導を受けたことを糧に、今後さらに研究実践を深めていきます。

お疲れさまでした~原町区連Pレク大会~

 1日に南相馬市スポーツセンターで行われました原町区PTA連絡協議会レクリエーション大会では、多くの保護者の皆様にご参加いただきありがとうございました。
 本校PTAはA・Bの2チームでの出場でしたが、どちらも接戦に次ぐ接戦で、最後まで諦めない感動的な試合となりました。また、当日に向け、6月22日、26日、28日の3日間の19時からの練習で培われたチームワークは素晴らしく、PTA会員相互の親睦をさらに深めることができました。出場いただきました皆さんのご協力に感謝申し上げます。お疲れ様でした。

県陸上大会選手壮行会

 福島県中学校体育大会陸上競技大会は、7月5・6日にいわき陸上競技場で行われます。そこで、26日に、選手壮行会を行いました。過日の相双大会を勝ち抜いて出場する20名の選手が一同にそろい、生徒会長からの激励を受け、選手紹介、そして、力強い決意表明をしてくれました。大会当日は、学校の代表として、そして、相双地区の代表として、精一杯の力を出し切ってきてほしいと思います。

防犯教室を実施しました

 15日に今年度の防犯教室を実施しました。今年度は、講話を中心にDVDによる注意の喚起を中心に行いました。
 講師には、南相馬警察署生活安全課の伊藤様、そして南相馬警察署スクールサポーターの鈴木様においでいただきました。初めに鈴木様から、不審者に遭遇したときに、自分の身は自分で守るという意識を持つことが大切であるというお話がありました。その後、伊藤様から、声かけ等の不審者への対応と、DVDを利用して「SNSによるストーカー被害」についてご指導いただきました。

栄光をたたえて~相双中体連総合大会より~

 6月6・7・12日に行われた相双中体連総合大会では、応援等ご支援いただき、ありがとうございました。おかげさまで生徒たちも、各種目で、これまでの練習の成果を十分に発揮してくれました。今大会での生徒たちの活躍は素晴らしく、その栄誉をたたえます。
 団体競技 優 勝 男子バスケットボール部 【県大会出場】
      優 勝 女子バスケットボール部 【県大会出場】
      第2位 女子バレーボール部   【県大会出場】
      第3位 男子ソフトテニス部   【県大会出場】
 個人競技 第2位  バドミントン男子ダブルス 井川・吉田組【県大会出場】
      ベスト8男子ソフトテニス      高橋・村田組【県大会出場】
      ベスト8男子ソフトテニス      板倉・渡部組【県大会出場】
      第3位  バドミントン女子シングルス 大廹茉奈可

 

 今大会に臨んで1年生は、3年生に向けてメッセージを送ってくれました。学校が一つになり、「チーム原二中」として頑張っている姿に、全生徒の大きなパワーを感じることができた素晴らしい大会になりました。

中間テスト

 5月24日は、今年度初めての定期テスト、第1学期中間テストでした。

 1年生にとっては初めての定期テスト、取り組みも大変だったと思います。時間をめいっぱい使って、精一杯テストに取り組んでいました。

 テストが終わるといよいよ中体連総合大会です。次の目標に向かって、頑張りましょう。