トップページ

相双地区中学校新人体育大会(第1日)

今朝は曇り空ですが,学校に集合した1,2年生の選手のみなさんは,元気いっぱい。
平成27年度の相双地区中学校新人体育大会,第1日が相馬地区の各会場にて開催されます。
学校からは,鹿島より北方面にある会場,サッカー部が相馬の「光陽サッカー場」,ソフトテニス部は同じく相馬の「角田庭球場」に,貸切バスで出発しました。

鹿島での試合会場は,剣道部が「鹿島中学校」です。

原町では,バレーボール部が「 原町第一中学校」,そしてバスケットボール部が,「原町第二中学校」を会場に試合が行われます。

各会場とも,9時試合開始が標準ですが,それぞの都合で運営されます。どうぞ,応援よろしくお願いいたします。

なお,会場では,大型バスをはじめ,たくさんの車両で混雑いたしますので,運転にはお気をつけてお願いいたします。

小高中,今では各部,震災前の4分の1ほどになってしまった部員数で,サッカー部はなんと[7人]での出場です。同窓の先輩の応援を背に,堂々と試合に臨んできてほしいと思います。
0

選手壮行会で新人戦にむけて各部意気込み披露

きょうの6校時に,「相双地区中学校新人体育大会」の選手壮行会を行いました。



6 月の相双地区中学校体育大会まで部活動を支え,引っ張ってきた3年生が引退してから, 1,2年生で,チームづくりから本格プレーの練習を,あの暑かった夏休みもがんばって練習してきました。


校長先生からは,1,2年生の新人選手の皆さんに,3つの励ましのことばがありました。

ひとつ目は,部活動は小高中学校の誇り高き伝統,どんなに苦しくても,最後まで全力を尽くすことが大切。共に練習してきた仲間を信じ,自分自身を励ますことで,来年の本大会につながります。

二つめは,大きな声でのあいさつや,精一杯の応援で,自分自身を奮い立たせること。そして,仲間や相手チームの良さにも気付き,賞賛できるこころを持つことで,自分自身が大きく成長できます。
 
三つめは,「チーム小高」として,仲間を励まし,人の良さを見つめ,助け合いながら互いの力を合わせて試合に臨むこと。 小さな力でも,仲間と合わせて大きな力に。笑顔あふれる大会にしてください。


1,2年生の選手の皆さん,3年生とともに,皆さんの活躍をこころから応援しています。

0

相双中体連新人大会壮行会

 本日、1,2年生の初の公式の試合となる相双中体連新人大会の壮行会を行いました。各部とも、限られた人数や場所、時間の中、夏休みから練習を重ねてきました。各部の決意表明は力強いもので、頼もしく感じました。よき伝統を引き継ぎ、最後まで、全力を尽くし、「チーム小高」として一丸となって試合に臨んでほしいと思います。結果は後からついてくるはずです。
0

「三浦雄一郎氏」特別授業・PTA浮舟講演会

 2013年5月、史上最高齢登頂記録となる80歳でのエベレスト登頂に成功した「三浦雄一郎氏」(今年83歳)を講師にお招きして、道徳の特別授業・PTA浮舟講演会(テーマ:チャレンジ・夢を実現するために、今こそ学ぶべきこと、そして~)を実施しました。挫折をした経験から3回目のエベレスト登頂が成功するまでの経験談を通して、「人と比べず遅れようが気にしないこと、マイペースで一歩一歩元気に前向きに進むこと、そのために体力をつけること、最後に成功を想像してあきらめなければ夢は叶うこと」などの貴重な話を聴くことができました。2年後、世界で6番目に高い山を登り、スキーで降りる計画があり、その準備中とか。その元気さには脱帽です。『夢いつまでも』のメッセージ(色紙)もいただき、たくさんの元気をもらいました。「夢の実現」めざして今後も頑張ります。




0

後期生徒会役員選挙

 本日の6校時、後期生徒会役員選挙がありました。複数の立候補者がいなかったため、無投票当選となり、新役員一人ひとりから所信表明演説を聴きました。新生徒会長の渡辺さんから、「元気なあいさつができる学校、いじめのない楽しい学校にしたい」という力強い演説があり、大変頼もしく思いました。まずは、群青祭の大成功に向けリーダーシップを発揮できるよう期待しています。

0

PTA浮舟講演会2次案内を配布しました

 先日、「PTA浮舟講演会」のお知らせをしましたが、現在参加希望者が10名程度です。エベレスト登頂の史上最高齢記録を4歳更新(当時80歳)した、世界的にも有名な「三浦雄一郎氏」をお招きして、「夢の実現」のための貴重なお話をいただきます。本日2次案内を配布しましたので、多数の参加をお待ちしております。
 1 日時 平成27年9月24日(木)13:15~14:45
 2 場所 多目的室
 3 講師 三浦雄一郎氏
 4 演題 「チャレンジ 夢を実現するために、今こそ学ぶべきこと、そして~」
 
0

第1回スーパーティーチャー招へい事業

 本日、秋田県由利新庄市の教育専門監「阿部亨」先生を講師にお招きして、1年生の数学の模範授業並びに事後研究会、学力向上の講演会「学力向上に向けた秋田県の取り組みについて」を実施しました。どの生徒も問題解決に参加し、自力解決や学び合いの場面、考えを述べる授業が展開されました。全国学力学習状況調査問題の類似問題にも取り組みました。事後研究会、講演会では具体的な視点に基づいた話し合いや講義がなされ、今後の教師の指導力向上につながるものとなりました。





0

生き方を考える体験活動

 本日と明日の2日間に渡り、総合的な学習の時間の一環として、体験活動が実施されます。1年生は地域学習として、本日は「南相馬市博物館」、明日は「南相馬ソーラー・アグリパーク」を見学します。2年生は職場体験学習、3年生は福祉体験学習に臨みます。事前準備もしっかりしました。地域・故郷を考え、職業観を養い、新しい自分発見「夢の実現」につながることを期待しています。


0

力を出し切った相双駅伝大会



昨日、相双駅伝大会が開催されました。男子チームは12位、女子チームは6位入賞し、県大会の出場権を得ることができました。一人一人が自分の役割をきちんと果たし、最後まであきらめず走る生徒、声をからして応援する生徒、力を出し切った生徒に声をかけサポートする生徒、チーム小高中の感動的な姿をたくさん見ることができました。保護者の皆様の温かい応援、サポートに心より感謝申し上げます



0

本日,中学校駅伝競走地区予選大会の選手壮行会を行いました。

全校生徒103名がそれぞれ部活動を行っている合間に,走ることの得意な生徒16名が特設で「駅伝部」を構成,あの夏のさ中から練習を積み重ねてきました。

きょうは,壮行会を行い,全校生徒で選手を激励しました。
校長先生からは,「最近の日本人の宇宙開発,とりわけ宇宙飛行士の活躍が素晴らしいですが,大切なのはチーム一人一人の役目があってこそ。駅伝競走も,一人一人の活躍がチームとして互いに効力が発揮できるよう,自分の力を出し切ることが大切。」と励ましのことばがありました。


選手代表の佐藤君,渡邊さんが,「練習の成果を発揮し,自分に勝つことができるよう,仲間を信じて大会にのぞみます。」と力強いあいさつを行いました。

大会は9月2日水曜日,原町の博物館周辺コースで行われます。
震災後は狭い仮設校舎と,毎日送り迎えの登下校で,スタミナと筋力のアップが「練習の鍵」でしたが,それを克服できたと思います。
みな様のあたたかい,そして力強い応援をよろしくお願いいたします。
0

県下小中学校音楽祭第1部合唱県大会・英語弁論大会~思いを伝える~




 



 昨日、県下小中学校音楽祭第1部合唱の県大会が郡山市民文化センターで開催され、唯一相馬地区の中学校代表として大規模校に負けない、美しい歌声とハーモニーを披露しました。どの生徒も達成感で満ちていました。また、本日、相馬市民会館では英語弁論大会が開催され、壮行会を経て、茂木君、清信さん、牛来さんの3名の皆さんが、とても美しい発音で英語のスピーチを堂々と披露しました。
0

2学期がスタート~実り多い学期に~

 本日、2学期がスタートしました。一段とたくましくなった生徒の姿を見ることができ、大変うれしく思います。
 「夏に鍛えた」成果を生かし、次の3つを重点に充実した学期にします。①授業を大切に ②群青祭へ主体的に ③部活動を真剣に
 学校通信(8号)と2学期式辞を掲載しました。「学校通信」と「学校案内(校長あいさつ)」の各コーナーをご覧ください。
 2学期もなお一層のご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

0

「小高区5校PTA夏祭り」開催中!!

本日,9時より,鹿島区「さくらホール,万葉ふれあいセンター」において,
「小高区5校PTA夏祭り」を開催しております。


参加料は,もちろん「無料」です。鹿島区にお住まいの方をはじめ,遠くから避難されていらっしゃる方など,どなたでもご参加ください。
お飲み物,カキ氷,クレープ,景品,そして楽しい楽しいゲームが盛りだくさん。





なんと,11時30分,閉会です。
みなさ~ん。鹿島区,桜田山へ急げー!!


0

福島県下小中音楽祭第1部合唱相馬地区予選大会~感動しました~

                      
本日、鹿島区生涯学習センターさくらホールで「第69回福島県下小中音楽祭第1部合唱」が開催されました。夏休みの猛暑の中、練習を積んだ成果を思う存分発揮し、課題曲「プレゼント」と自由曲「組曲スピリチュアルズ」を見事歌い上げました。聴衆に訴え、思いが伝わるすばらしい演奏を披露してくれました。今月27日(木)の郡山で開催される県大会での活躍を期待しています。
0

ホタテの貝柱ごはん,カツオの揚げ煮,エノキたっぷりのすまし汁,かち栗

  と,キュウリの昆布漬けまでついた,きょうは豪華給食です。


エノキダケは,養殖で手軽に手にはいり,また調理も手軽でどんな料理でもおいしくいただける,優れものの食材ですね。

ビン詰めで,”なめたけ”として冷蔵庫の定番みたいに親しまれているこのエノキダケ,じつは生徒の皆さんにも簡単においしく料理ができちゃうんです。

エノキダケは,袋から出したら,根のようのところ(石づき)の部分を1.5cmほど切り落とします。全体を3分の1程の長さに切りましょう。それをパラパラと耐熱食器に入れて電子レンジで1分半ぐらい,しんなりしたら,しょう油を少々,みりん,そばつゆなどで味付けします。(味のバリエーションは,様々。オリジナルな味を創作してみては!)それをもう一度電子レンジで2分ほど,全体に火が通ったのを確認したら,器に移して(耐熱食器のままでもOK)冷まします。

エノキダケは調理をするととろみがつきますから,なんと,ビン詰めで売っている”なめたけ”の出来上がりです。
アツアツごはんにかけて,どうぞ召し上がれ~!!
0