学校日誌

学校日誌

3学年卒業式練習

本日6校時、3学年では、体育館において卒業式の練習を行いました。式歌や卒業証書授与の練習では、
 ・体幹を意識してふらつかないように
 ・悲しい顔でなく笑顔で
 ・女子は音程が取れているけどはやくなる
 ・男子はピアノの音を聴いて自信をもって 
など、生徒会役員や学級役員が中心となり、課題点を出し合い、皆で改善策を考え修正しながら思い出に残る卒業式をつくりあげようと頑張っています。

ロセット生とのお別れ

 本日8:52、ロセット校からの生徒13名と先生2名の訪問団一行が仙台を経由し東京に向けて原ノ町駅を出発しました。生徒達、保護者の皆さんは記念写真を撮ったりするなどして名残を惜しみました。ロセット校との交流事業にあたっては保護者の皆様、地域の皆様には多大なるご協力をいただきありがとうございました。この経験をとおして、さらにお互いの友情と文化交流の絆が深まることと思います。今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

ロセット生との交流2

午後は銘醸館で甲冑着付けを体験しました。戦国武将や足軽の衣装、甲冑を身につけて相馬野馬追の歴史に触れました。

15:30、南相馬市役所を訪れ、南相馬市長様、教育長様と「日本に来るにあたって楽しみにしてきたこと」「日本に来て一番思い出に残った場所」「美味しかった食べ物」などについて懇談しました。

ロセット校生との交流

本日18日(月)、1校時にロセット校の生徒達と先生方の歓迎式を行いました。
ロセット校生徒の日本語による自己紹介と歌(メリーポピンズより「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス "Supercalifragilisticexpialidocious"」)の発表、石神中生の英語による学校紹介の後、交流のための活動として玉入れを行い楽しい時間を過ごしました。

3校時、ロセット生は被服室において英国訪問団の生徒達とともに国語科の須田先生と遠藤先生による書道の体験学習に参加し、愛、海、絆、風、道、桜、望、創、響、楽、夢などの漢字を毛筆で書くことを通して日本文化にふれました。

4校時は各教室で社会、技術、美術、理科、数学の授業に参加し、昼食時には石神中生と一緒に給食を食べ談笑し交流を深めました。

歓迎式ではマーク先生とニコル先生から日本語で挨拶をいただきましたので紹介します。

「先生方、生徒の皆さんおはようございます。
私はマークです。こちらはニコル先生です。
私は石神中学校の訪問は2回目です。ニコル先生は初めてです。
2年前訪問した時、日本や日本の学校の素晴らしさを知りました。
石神中学校の生徒の皆さん、皆さんの先生は素晴らしい先生方ですね。
私たちは石神中学校に訪問することができてとても嬉しいです。
これからも学校間の歴史を刻んでいけることを光栄に思っています
この交換留学に参加できることは旅行ではありません。
私たちにとっても大きな意味があります。
地球のほぼ反対にある私たちの学校間の絆はとても大事です。
石神中学校で過ごせる時間を本当に楽しみにしています。
校長先生をはじめ先生方、生徒の皆さん、関係者の皆さん、
どうかよろしくお願いいたします。」

ロセット校より訪問団到着

本日16:40、英国ロセット校より13名の生徒達と2名の先生方が原ノ町駅に到着しました。本校多目的室で石神中生と再会し、ホームステイのため、それぞれのお家に向かいました。

 

放射線教室(3年生)

本日14日(木)、3年生を対象に放射線教室を開催しました。南相馬市健康づくり課様にご協力いただき、放射線測定機器で実験を行い、「放射線から身を守るにはどうしたらよいのか」を考えました。

 

給食試食会

2月12(火)日、保護者の皆様を対象に給食試食会を実施しました。栄養教諭櫻井長子先生による食育に関する講話の後、ご飯、おからハンバーグ、切り干し大根のサラダ、白菜スープ、みかん、牛乳を試食をしていただきました。

おいしい本って?

現在、図書室では「おいしい本」の特集をしています。「おいしい本ってどんな本?」と興味を持って図書館を訪れる生徒も増えてきています。


また、「どんな本を読んでみようか?」と迷ったときのために、カウンターには「くじ」が用意されています。くじをひくと、おすすめのジャンルが書かれています。ぜひ、くじをひいて、新しい本に出会ってみませんか?

 

本校のティラミスヒーロー

本日5日(火)、3年生の調理実習ではティラミスを作りました。ふんわりとしたクリーム、しっとりとしたスポンジ、そしてチョコレートの歯ざわりと様々な食感が楽しめました。甘さひかえめで、とても美味しかったです。

あいさつ運動

 本日2月1日(金)7:30より、本校正門前において、代表委員会による「あいさつ運動」を実施しました。今回の活動には、本校PTA会長様をはじめ石神第一小学校、石神第二小学校の校長先生やPTA役員の皆様も、石神三小中学校の児童生徒が作った標語の書かれた「のぼり旗」を掲げて参加してくださいました。

「あいさつは みんなを繋ぐ 愛言葉」
あいさつはコミュニケーションの入り口です。良いあいさつが良いコミュニケーションのスタートになります。毎朝、元気にあいさつをかわして、充実した一日を過ごして欲しいと思います。

インフルエンザ対応について(1月31日)

現在のインフルエンザ罹患状況により、本日・明日は以下のように対応を行います。

〇本日1/31(木)
1学年の生徒は給食後下校
 下校時間 13:20
2学年の生徒は6校時終了後下校
 下校時間 15:50
3学年(Ⅰ期受験者以外)の生徒は、5校時終了後下校
 下校時間 14:30

〇明日2/1(金)
全学年通常通り登校
全学年6校時終了後下校(短縮日程)
 下校時間 15:00

※部活動は大会がある部活動以外は2/3(日)まで活動を行いません。
※下校後の過ごし方について、ご家庭でもお話しください。よろしくお願いします。

 

Ⅰ期選抜事前指導

本日放課後、多目的室においてⅠ期選抜事前指導と各校に分かれての打ち合わせを行いました。

全体指導では学年主任大村勝先生より、
入試当日、緊張した時の「おまじない」を伝授していただきました。

今まで頑張ってきた自分を信じ、
目を閉じて「大丈夫」と3回唱え、
ゆっくり目を開けて、
「よしっ!!」とつぶやく。
そうすると緊張が取れていきます。

「彼も人なり我も人なり」
できそうに見える人も同じ中学生です。
何の違いもありません。


さらに進路指導主事佐藤朝恵先生と全体的な注意事項を確認し、高校ごとに分かれて引率の先生と細かな打ち合わせをしました。

家では、明日の準備をして、
ゆっくり休んでください。
明日はきっといい日になります。

インフルエンザ対応について(1月29日)

現在のインフルエンザ罹患状況により、本日9:49にマチコミメールでお知らせした対応に加え、新たに明日・明後日の対応についてお知らせいたします。

1月29日(火)
 1年生      下校時刻 13:20 部活動無し
 2・3年生  下校時刻 15:50   部活動無し
※3年生Ⅰ期選抜受験者は面接指導を行います。

1月30日(水)
 1年生
  1組    学級閉鎖
  2組・3組 通常通り登校 下校時刻13:00 部活動無し
 2・3年生  通常通り登校 下校時刻14:10   部活動無し

※3年生Ⅰ期選抜事前指導があります。14:40終了予定です。
※1・2年生対象の「生徒の健康を守る安全・安心支援事業」は3月に延期します。

1月31日(木)
 1年生
  1組    学級閉鎖
  2組・3組 通常通り登校 下校時刻13:20 部活動無し
 2・3年生     通常通り登校   下校時刻15:50    部活動無し
 ※3年生Ⅰ期選抜入試

2/1(金)以降の日程についてはインフルエンザ罹患状況により変更になる場合があります。その際はあらためて連絡いたします。

下校後の過ごし方について、ご家庭でもお話しください。よろしくお願いします。

インフルエンザ対応について(1月28日)

本日1月28日(月)のインフルエンザ罹患状況により、以下のように対応を行います。


1 繰り上げ下校を行う学年・学級
 1学年
 ※給食終了後(13:00)に下校します。
 ※明日以降の日程はあらためて連絡いたします。(マチコミメール)

2 2,3学年は15:15に下校となります。部活動は本日行いません。
3 3年生Ⅰ期受験者は予定通り放課後面接指導を行います。

下校後の過ごし方について、ご家庭でもお話いただけると助かります。よろしくお願いします。

Ⅰ期選抜入試事前指導

本日6校時3学年では、Ⅰ期選抜入試事前指導を行いました。まず、全体で服装や持ち物、交通機関の利用、気を引き締めた行動、インフルエンザへの対応等、全体に関わる注意事項を確認し、次に、受験する高校ごとに分かれて日程等の詳しい注意事項を確認しました。

中学校生活最後の定期試験

本日24日(木)は3年生の学年末試験2日目です。3年生にとって中学校生活最後の定期試験です。午後には県立Ⅰ期選抜直前ミーティングを予定しています。いよいよ高校入試に向けてスパートをかけていきます。頑張れ!3年生!

 

 

 

入学説明会

本日22日午後、平成31年度に石神中学校に入学を予定している小学6年生とその保護者の皆様を対象に入学説明会を開催しました。校舎見学と授業参観の後、体育館において中学校での学習や一日の生活、主な行事や約束事について先生方や生徒会役員が説明しました。小学生の皆さんは緊張の面持ちでしたが、真剣に話に耳を傾ける姿からは中学校生活に対する意気込みが伝わってきました。石神中学校生徒、教職員一同、皆さんの入学を心待ちにしています。

全国学校給食週間が始まりました

1月24日から30日は『全国学校給食週間』です。南相馬市では今日から一足先に『学校給食週間』をスタートします。今年の献立テーマは『福島県産を食べよう』です。そこで今日は福島県の郷土料理「いかにんじん」と南相馬市の特産物だった鮭を使った汁物「どさんこ汁」の登場です。どさんこ汁のみそは相馬農業高等学校の生徒のみなさんが作ったみそです。残念ながら、鮭はまだ南相馬市で捕れた鮭ではありませんが、みそのうま味と栄養が加わり、とてもおいしく仕上がりました。そして、ご飯は南相馬市産のおいしいコシヒカリ。「のまたんのり」でマイおにぎりを作って、ふくしまを美味しくいただきました。

学校給食週間
学校給食の意義や役割について児童生徒や教職員、保護者の皆様そして地域の方々の理解と関心を深めるための週間のことです。第二次世界大戦下、中断していた学校給食が1947年12月24日より再開されたことを記念して、12月24日を学校給食感謝の日と定め、冬季休業と重ならない1ヶ月後の1月24日からの一週間を「学校給食週間」として設定し、学校給食のより一層の充実発展を図ることをねらいに全国的に学校給食に関する各種の行事等を実施しています。

石神日英交流訪問団受け入れ準備

本日18:00より、来月2月16日からの石神日英交流訪問団受け入れの準備のための保護者会を開催しました。
訪日メンバーとホームステイ先の確認や3日間の交流活動の計画について意見交換を行い共通理解を図りました。

カップケーキをつくりました

2年生の家庭科では調理実習を行いカップケーキをつくりました。生地にチョコチップを入れたり、包装に工夫を凝らしたりと、食べて美味しく、見て楽しいカップケーキでした。

「通学路 慣れてる道でも 要注意」

 南相馬市交通安全スローガンコンクールにおいて、高田愛未さん(2年)が、中学生の部「最優秀賞」をいただきました。毎日、自転車通学をしている高田さんは、慣れている通学路にも、交差点や障害物など、様々な危険が潜んでいることに気付き、小学生や地域の方々に呼びかけたいとの思いから考えました。

「通学路 慣れてる道でも 要注意」

 冬期間は日没が早く、路面凍結のおそれもあります。自転車を利用する際は、反射材用品を取り付け、夕暮れ時の早めのライト点灯を習慣づけるとともに、路面凍結時・降雪時は、スリップして危険なので、無理な自転車利用を控えましょう。また、歩く際には、履物や携行品などに反射材用品を取り付けるとともに、車両接近時には無理な横断はしないことを徹底しましょう。

授業研究を行いました

本日3校時、1年生英語の授業研究を行いました。生徒達は「自分の一日のスケジュールを相手に伝えよう」という本時のゴールをめざして、ペアやグループで積極的にコミュニケーション活動に取り組みました。

のぼり旗が完成しました

 保護者の皆様にもご協力いただき決定した「あいさつ標語」が印刷されたのぼり旗が完成しました。今後、正門付近や玄関、昇降口などに立てて、あいさつ運動を推進していきます。ご協力ありがとうございました。

 

 

先輩も頑張っています

昨日、本校卒業生で、現在、郡山女子大附属高校バレー部で活躍している柏原凪沙さんが本校を訪れました。柏原さんは、大きな怪我を乗り越え、今後、春高バレーなどの全国の舞台での一層の活躍を期待されている先輩です。在校生へののアドバイスとして「文武両道」が大事であると話してくれました。

冬休みの学習の成果は?

本日1月9日(火)、1・2学年では冬休み課題テスト、3学年では校内実力テストを実施しています。冬休みの学習の成果を発揮すべく,生徒全員が真剣に問題に取り組んでいます。

3学期始業式

新しい年を迎え、気持ちも新たに今日から第3学期がスタートしました。

1校時に第3学期始業式を行いました。

3学期より校歌伴奏は2年生(3名)が担当します。
今日は遠藤直希君が担当です。

 

校長式辞の後、各学年代表が、冬休みの反省と3学期の抱負を発表しました。

<1年生代表 佐藤加奈子さん>

 冬休みは、3学期にテストや県アンサンブルコンテストがあることから、何事にも全力で取り組むことを目標に過ごしました。部活動面では県大会に向けて音色やリズムを合わせるという課題に一つ一つ取り組みましたが、学習面や生活面では冬休みの宿題が間に合わずに夜更かしをしてしまうことがありました。
 3学期は、学習面では学年末テストで良い成績がとれるようにしっかり復習して授業に臨みたいと思います。生活面では委員長としてけじめある学校生活を送りたいと思います。また、風邪が流行する季節なので体調管理、うがい手洗いを心がけたいです。部活動面ではチームが協力し今まで練習してきたことを十分に発揮し東北大会に進めるように頑張ります。今年は2年生になるので後輩から尊敬される先輩になりたいです。

 

<2年生代表 渡部瀬莉さん>


 冬休みは規則正しい生活を送ること、計画的な学習をすることを目標にして過ごしました。生活面では早寝早起きができ、けじめある規則正しい生活を送ることができました。部活動面では部長として練習メニューを考え、部をまとめ、しっかり練習できました。学習面では年内に宿題を終え、年明けは2学期の復習やテストに向けての学習ができました。全体的に昨年よりゆとりのある生活ができました。
 3学期は、学年末テストに備えて1年間のまとめをしっかり行うことと自分の役割をきちんと果たすことを目標にしたいです。また、部活動では大会に万全な状態で挑み勝ちたいです。更に学級委員長としてクラスをよりよくして楽しく生活したいと思います。

 

<3年生代表 安藤佑真君>


 冬休みは、学習環境を整え入試に備えた学習をすることを目標に生活しました。しかし、
自分の中のスイッチの切り替えがうまくできずに気が緩んでしまい学習への意欲が低下することがあったり、集中力が持続せず気が散ってしまうことがありました。
 3学期は、集中を切らさない環境と状態の維持を心がけて、入試までの残り少ない時間、これまでの反省を踏まえ、面接や小論文の練習と並行して学習にも力を入れていきたいと思います。
 これまでの課題を課題のまま終わらせないように自分自身としっかり向き合って克服し、入試や卒業に向けて悔いの残らない中学校生活を送りたいと思います。

 

 3学期は1年間のまとめと次への準備をする学期です。時間を有効に使い、何事にも意欲的に取り組み自分自身の力を高めて下さい。

仕事納めの日

 本日、12月28日は仕事納めの日です。校舎内、校庭、体育館で練習をしている各部活動でも普段練習で使用している施設の大掃除を行い、2018年を締めくくりました。年末年始は、計画的な学習と家族の団らんを大切にし、健康や安全に気をつけて有意義に過ごしてください。

 保護者の皆様、地域の皆様には、本校教育活動に対して深いご理解とご支援をいただき、2018年も充実した教育活動を行うことができました。ありがとうございました。 
 2019年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

地域のために私達ができることは?

「報徳仕法に関する道徳の特別授業」11月27日(火)5,6校時

総合的な学習の時間でも世話になっているNPO法人南相馬サイエンスラボの齋藤実先生を講師にお迎えし、道徳の特別授業を実施しました。先人達が飢饉や自然災害からいかに復興したか、など私たちの現状にも通ずるお話を分かりやすくしていただきました。生徒達は、お話をもとにふるさとのために自分たちができることは何かについて深く考えました。

 

 

集まったお金を届けました

 本日、ボランティア委員会が中心となって行った白い羽根運動で集まったお金、7,612円を日本赤十字社に送りました。このお金は日本赤十字社と日本放送協会(NHK)の協力により海外たすけあいキャンペーンを通して、世界で援助を必要としている人達に届けられます。
 また、赤い羽根共同募金で集まったお金、12,876円は南相馬市社会福祉協議会様に届けました。このお金は地域の様々な福祉に関する課題解決のために活用されます。
 ご協力ありがとうございました。

第2学期終業式

本日4校時に第2学期終業式を行いました。


◎校歌
・一年間、儀式の際のピアノ伴奏をしてくれたのは、但野舞衣さん(3-2)です。
 3学期からは2年生にバトンタッチします。一年間ありがとうございました。

 

◎表彰報告
・平成30年度スクールチャレンジ南相馬市大会中学生部門 
  優秀プログラミング賞 3-1羽根田唯君 3-2田中拓海君 3-2山崎達之君
・南相馬市総合美術展覧会 
  書の部 教育長賞 3-3佐藤吏紗さん
      奨励賞 書の部23名、平面作品の部18名、立体作品の部9名、
             技術家庭の部9名
・第64回福島県読書感想文コンクール
  入選 2-2坂本陽菜さん 佳作 1-3岡田綾菜さん
・全国中学生人権作文コンテスト福島県大会 奨励賞 3-1森聖愛さん
               相双大会  奨励賞 3-1櫻千優さん
                     奨励賞 3-3桃井瞭茄君
・第72回福島県下小中学校音楽祭相馬地区大会
  第3部創作 優良賞 3-1森聖愛さん
・相馬市ソフトテニス秋季大会 
  中学女子2年生の部 第3位 2-2佐藤夏恋さん 1-2菊地陽奈さん


・福島県アンサンブルコンテスト相双支部大会(全て金賞)
【金管六重奏】1-3西内野乃さん 2-1遠藤愛奈さん 2-1高野杏花さん
       2-2坂本陽菜さん 2-3山田玲奈さん 1-2佐藤愛花さん
【打楽器四重奏】1-1西内理紗さん 1-2志賀葵さん 2-3遠藤直希君
        1-1富田結衣さん
【木管八重奏】1-1菅野まりあさん 1-1佐藤加奈子さん 1-2小野内玲音さん
       2-2小椋瑞姫さん  2-2澤田明依さん  2-3菅原徳馬君
       2-3遠藤陽菜さん  1-3福島志織さん

 

◎生徒発表 「2学期を振り返って」

<1年生代表 1-1川崎孝輔君>


・テスト勉強がつらいなと思うこともあったがクラス全体に学習にしっかり取組む雰囲気があるので頑張ることができた。これからも続けていきたい。
・文化祭では、一から全て自分たちで考えて創り上げていくのは大変だったが、多くのお客さんに楽しんでもらえて安心した。
・合唱コンクールでは、同じ目標に向かって頑張ることでクラスの絆が強まった。
・CM物まね選手権は役になりきることができた。優勝できて嬉しかった。
・3学期は、仲良く、楽しく、絆を大切にしながら、中学生としての自覚を持ちメリハリ のある生活を送れるよう、委員長として皆をまとめ最後まで頑張りたい。

<2年生代表 2-3山田玲奈さん>


・2学期は部活動と勉強の両立に努めた。
・部活動では、全員がアンサンブルコンテスト県大会に行くことを目標に取組み、目標を達成することができた。このことを通して団結力の大切さ、協力することの大切さを学 んだ
・学習面では苦手な英語に集中的に取り組んだ。自分で単語テストをしたり、ローマ字読みで覚えるなど、克服するための学習方法を工夫したことで目標以上の結果を残すこと ができた。
・冬休みは、規則正しい生活と集中して勉強に取り組むことを目標に、時間を有効に使い2学期の復習をしたい。

<3年生代表 3-3中野流楓君>


・朝が苦手なため、あいさつ運動に遅れてしまうことがあった。冬休みに気を緩めず3学期最初のあいさつ運動にしっかり取り組みたい。
・3学期は学級委員長として、クラスをまとめらるように、呼びかけていきたい。
・冬休みには、受験のための面接と小論文の練習をしっかりしたい
・特に礼法を完璧にし、過去の質問内容についてはしっかり答えられるようにしておきたい。また、小論文は、冬休みにたくさん書いて慣れて本番に備えたい
・生活面では、早寝早起きをして、受験に備えたい。

 

◎冬休みの過ごし方について 生徒指導担当より


・時間を大切に
 早寝、早起き、朝ご飯を忘れずに。有意義に時間を使い、冬休みにしかできないことに取組もう!
・将来を大切に
 計画的に学習しよう!法に触れる行為は絶対にしません!
・お金を大切に
 感謝の気持ちを持ち、お金は大切に使おう!大金を持ち歩いてトラブルに遭わないようにしよう!
・家族を大切に
 家族との時間を大切にし、家の手伝いをしよう!親戚にも礼儀正しくしよう!
・命を大切に
 自転車の乗り方に注意しよう!病気や怪我に注意しよう!自分の身は自分で守ろう!

 

本日で2学期が終了しました。保護者の皆さん,地域の皆さん,大変お世話になりました。ありがとうございました。3学期もよろしくお願いします。

少年非行防止キャンペーン

本日7時20分より本校正門前で、南相馬市防犯協会石神支部、石神青少年を育てる会主催による少年非行防止キャンペーンを行いました。キャンペーンには南相馬警察署生活安全課の皆様、消防団原町区第5分団の皆様、防犯指導隊原町区石神隊の皆様、交通安全協会石神分会の皆様、石神区区長会の皆様にご参加いただき、少年非行防止啓発パンフレットとポケットティッシュを配付しながら冬休み中の非行防止と犯罪被害防止を呼びかけていただきました。本校ボランティア委員会も参加し、あいさつ運動を行いました。早朝の寒い時間帯のキャンペーン活動ありがとうございました。

1学年レク

本日6校時に1学年では体育館において学年レクを開催し、クラス対抗で大縄跳びとドッジボールを行いました。各クラスとも、勝ちたいという気持ちを全面に出しつつも、みんなで協力して、声をかけ合いながら頑張っていました。明日の2学期終業式を前に、いい気分転換になったように思います。

石神日英交流協会第2回役員会

 本日、多目的室において石神日英交流協会第2回役員会を開催し、英国での研修の成果、会計中間決算を報告させていただくとともに、来年2月のロセット校生徒の訪日プログラムの概要について提案させていただきました。
 石神中学校の生徒が英国の生徒と直接コミュニケーションを図り友情を深めていくことは、今後の人生において、かけがえのない経験となることと思います。ご支援とご協力を宜しくお願いいたします。

学年レク大会

本日5,6校時に3学年ではレク大会を開催し、クラス対抗のドッジボール、3クラス合同チームでのバレーボールとバスケットボールを行いました。12月に入り、「受験」という言葉に追われる毎日を送っている3年生ですが、この時間は、「受験」という言葉を忘れて、お互いに声をかけ合いながら、楽しむことができました。笑顔と笑い声のたえない大会となりました。

Lunch Break English Group

今日からシェリー先生と英語科の先生方による昼休みの英語活動が始まりました。毎週月曜日、火曜日、金曜日の週3回、多目的室で実施します。今日は英語を使ったジェスチャーゲームを楽しみました。学年を問わず参加できます。

面接練習が始まりました

Ⅰ期選抜入試の面接練習が始まりました。初めての練習となる今日は面接試験の流れ、心構え、服装や礼儀作法などを学びました。説明を聞いて実際にやってみると、受け応えや立ち居振る舞いなどは思った以上に難しいということに気づき、これから毎日の生活の中でも意識しながら行動することが大切だということを実感しました。

春に花を咲かせるために

本日放課後、 3学年ではⅠ期選抜入試の願書の下書き・清書をしました。願書は自分の将来を託す大切な書類です。願書を書くことが進路希望実現への第一歩となります。生徒達は緊張しながら一字一字確かめ丁寧に書いていました。保護者の皆様には署名・捺印をいただきます。どうぞ宜しくお願いします。

自転車の安全な乗り方を考える

本日6校時に全校一斉に学級活動を行い、先生方や生徒達のヒヤリハット体験や通学路の写真を見て予想される危険について考えたり、グループで話し合ったりすることを通して、自転車の安全な乗り方について考えました。今日の学びを忘れずに、登下校時ばかりでなく普段の生活や将来の生活でも「交通事故にあわない、起こさない」ように努めてほしいと思います。

Ⅰ期選抜に向けた全体指導

本日放課後、Ⅰ期選抜受験希望者を対象に全体指導を行いました。進路指導主事佐藤朝恵先生からはⅠ選抜試験当日までの流れやこれから取り組んでいかなければならないことについて説明を受けました。学年主任大村勝先生からは受験に向けての心構えについて指導がありました。
進路希望実現に向けて学校全体で3年生をサポートしていきます。頑張れ3年生!!

 

租税教室

本日、相馬税務署よりお二人を講師にお迎えし、租税教室を実施しました。生徒達は講義を通して、税金にはどのような種類があり、どのようにして納められるのか、また集められた税金はどのように社会の中で使われるのかについて学びました。講義が始まる前と後では税に対する意識が大きく変わったようです。

人権作文表彰式

本日14時30分に、福島地方法務局相馬支局長 新田公夫様、人権擁護委員 佐藤和子様にご来校いただき、平成30年度人権作文コンテスト入賞者の表彰式を行い、森聖愛さん(3年)が福島地方法務局長及び福島県人権擁護委員連合会長連名「奨励賞」を、桃井瞭茄君(3年)、櫻千優さん(3年)が福島地方法務局相馬支局長及び相馬人権擁護委員協議会長連名「奨励賞」をいただきました。おめでとうございます。また、応募者全員には、ライト付ボールペンが贈られました。

第2回学校評議員会、第2回いじめ問題対策連絡協議会を行いました

本日11時30分より、第2回学校評議員会を開催しました。評議員の皆様には、4校時の授業を参観いただき、お昼には給食を試食していただきました。午後の協議では文化祭、石神ブロック授業公開、報徳仕法の学習、石神日英交流事業など、これまでの本校教育活動における取り組みや学校評価アンケートの集計結果について報告し、御意見、御要望、御評価をいただきました。

14時より開催した第2回いじめ問題対策連絡協議会では、委員の皆様に対し、本校の状況や本校の取り組について、ソーシャルスキルトレーニングやアサーショントレーニング、QUテストの活用、石神中人権宣言、情報モラル講演会、各種通信による啓発活動などの具体的な実践とともに報告し、委員の皆様より、御意見、御要望、御感想をいただきました。

吹奏楽部、県大会へ

本日、鹿島区さくらホールで行われたアンサンブルコンテスト相双支部大会において、本校より参加した打楽器四重奏、金管六重奏、木管八重奏の3チームは、これまでの練習の成果を発揮し、見事、県大会への出場権を獲得しました。おめでとうございました。

県大会は来年1月19日(土)いわき市のアリオスにおいて行われます。

アンサンブルコンテスト壮行会を開催

本日4校時、12月9日(日)に鹿島区さくらホールで開催されるアンサンブルコンテストに出場する吹奏楽部の壮行会が行われ、打楽器4重奏、金管6重奏、木管8重奏の3つのチームが演奏を披露しました。

まず、生徒会長 森洋斗士君が、
「これまでの練習の成果を十分に発揮して後悔の無い演奏をしてきてください。」と激励の言葉を、
次に、吹奏楽部前部長 高野玲実さんが、
「いよいよ、アンコンがすぐ目の前となりましたね。朝、昼、放課後と、みんなの頑張っている音が私達の階にも聞こえてきていました。時間が無い大変な中、よく頑張っていましたね。緊張していると思いますが、2年生は最後のアンコンになってしまうので、その緊張を良い方向に変えて、悔いが残らないように、今までやってきたこと、そして自分と仲間を信じて、ホールいっぱいに音を響かせてきてください。応援しています。」
と応援メッセージをおくりました。


それを受けて、吹奏楽部部長 遠藤愛奈さんが、
「練習時間が少ない中でも合間を見つけて曲を仕上げてきました。本番では県大会出場を目標にして、自分と仲間を信じ、悔いのない演奏をしてきたいと思います。」
と決意を発表しました。

演奏の後、全校生が、総合大会、新人戦、陸上大会、駅伝大会の際に各運動部を応援演奏で送り出してくれたことへの感謝の気持を込めて大きな拍手をおくりました。

「読書まつり」実施中です

12月に入り図書室にツリーが飾られました。さて、図書室では、現在、「読書まつり」を実施しています。図書室で読書をしたり、本を借りたり、本に関するクイズに答えたりする「スタンプラリー」に参加すると、楽しいプレゼントがもらえますよ。ぜひ図書室を訪れてください。

 

歯科保健指導

11月26日から11月30日までの一週間、今年度も南相馬市健康づくり課の歯科衛生士の方々に、歯肉炎のチェックの仕方や予防・改善のためのブラッシングを教えていただきました。
生徒達は、鏡で自分の歯肉の状態をチェックしたり、染め出されたところを一生懸命磨いていました。


染め出しの後、みんなでにっこり

 

歯ブラシで磨いた後は、デンタルフロスの使い方を学びました。歯ブラシだけでは歯垢は落としきれないそうです。1人1人にデンタルフロスをいただきましたので、ぜひご家庭でも使ってみてください。

 

朝の挨拶運動継続中

12月に入り、冷たい風が吹きだし寒くなってきましたが、生徒会役員は元気に挨拶運動に取り組んでいます。今朝は歩道にたまっている落ち葉の掃き掃除も行いました。

 

おめでとう!

本日12月1日(土)、Pepper社会貢献プログラム・スクールチャレンジ南相馬大会が原町生涯学習センターにおいて開催され、本校代表チーム(羽根田唯君、山崎達之君、田中拓海君)が見事プログラミング優秀賞を受賞しました。おめでとうございます。

平成30年度訪英団報告会

本日6校時、体育館において訪英団報告会を実施しました。まず、一週間の訪英団の活動の概要について報告し、次に、団員一人一人がホームステイ、交流活動を通して学んだことや感想等を発表しました。

訪英団代表 荒金里紀君の発表
今回の訪英で一番学んだことはコミュニケーションについてです。ロセット校の生徒は、日本語を習っていないのに、少し勉強してくれていて、日本語で話そうとしてくれました。このことから、言いたい単語が出てこなくてもジェスチャー等で伝えようとする気持ちが大切だということを学びました。これからの学校生活では、英語でだけでなく、日本語でもどんどん積極的に話していきたいと思います。

入試事務説明会

本日18:00、本校多目的室にて3学年保護者の皆様を対象に入試事務説明会を行いました。高校入試の流れや必要な書類の作成・提出について、受験にあたっての注意事項について、3学年主任と進路指導主事より説明させていただきました。進路実現に向けての子供達の頑張りに応えるため、学校と家庭が共通理解のもと一緒に頑張っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

 

ロセット校訪問団帰国報告会

11月26日(月)13:30より、訪英団生徒11名は、南相馬市役所を訪れ、ロセット校訪問団帰国報告会に参加し、一人一人がイギリスでのホームステイや交流活動を通して学んだこと、成長したこと、感じたこと等を発表しました。市長様、教育長様との懇談の場面では、「イギリスで日本の良さについて気づいたことはありますか?」「ロセット校から生徒が来日したら、どのような事を心がけて迎え入れますか?」などの質問に積極的に手を挙げて答える姿が見られました。積極的にコミュニケーションすることの大切さについて学んできた成果が、さっそくあらわれているようでした。

訪英団、無事到着しました。

11/24(土)22:30  訪英団、無事到着しました。

ロセット校の皆様、たいへんお世話になりました。

    帰校式では訪英団を代表して荒金里紀君が迎えに出た保護者の皆さん、先生方に対してお礼の言葉を述べました。

   今回の訪英にあたり、石神日英交流協会の皆様、石神地区各方部の皆様、南相馬市当局の皆様をはじめ多くの皆様に多大なるご協力をいただきましたことに対し厚く御礼申し上げます。

    訪英の成果等につきましては今後ホームページ、各種通信等で報告してまいります。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

この一週間で成長したこと

帰りのバスの中で、訪英前と比べて、成長したと思うところを発表し合いました。

 小野内玲音さん

まず、お金の使い方が成長した。これまでは自分の好きなものを何も考えずに買っていたが、決まったお金を、考えながら使うことができた。また以前は人前で話すことが恥ずかしかったが、ホストファミリーの積極的に話しかけてくれる姿から、自分も相手に伝えなければという気持になり、自分の気持ちを相手に伝えられるようになった。

 

佐藤涼夏さん

最初は異国の話したこともない相手に自分から話しかけることができなかったが、ホストファミリーが頑張って伝えてくれようとする姿を見て、自分も頑張って話しかけてみようと思った。これまで学校では、仲の良い友達と過ごすことが多く、あまり話したことない人とは積極的に話すことがなかったが、これからは積極的に話しかけようと思った。

 

伊藤康介君

訪英を通してコミュニケーション能力がついたと思う。ホームステイ先で何をしゃべったらいいか分からず、会話が続かなくなってしまった時に、ホストファミリーが積極的に話しかけてくれたことが嬉しかったので、今後は、それを参考にして、学校生活でも積極的にコミュニケーションを図っていきたい。

 

佐藤春人君

コミュニケーションが苦手で自分の気持ちを相手に話すことはあまりなかったが、今まで通りでは相手も苦労するし、自分も伝えないとダメだと思い積極的に行った。これまでは、やりとりが面倒で簡単な受け答えしかせずに誤解されることもあったので、これからは、自分の気持ちを表現しコミュニケーションを図りたい。

 

志賀巧都君

ホームステイでは、たくさん質問された。質問が難しくなってくると答えられなくなり、ジェスチャーや単語で頑張って答えたら、なんとか伝えることができた。伝えようとする気持ちがあれば伝わるんだなと実感した。これまでは恥ずかしさもあり、伝えようとする気持があまりなかったが、これからは伝えようとする気持ちを大切にして人と接したい。

 

池田颯人君

英語は会話だということを学んだ。最初は教科書で習った文をそのまま言っているだけだったが、次第に自分の感情を乗せられるようになり、自分の気持や冗談など、日常の他愛のない会話ができるようになった。また文化や言語は異なるが、根本は日本人もイギリス人も同じなんだということが一緒に暮らしてみて分かった。

 

遠藤直希君

ホームステイで、会話が続かなくなった時、ホストファミリーが積極的に話題を切り出してくれている姿に触れて、実際にコミュニケーションの大切さを経験することができた。学校生活でもこれまで話したことのない人に積極的に話しかけたい。イギリスでは生活の中に募金やチャリティーなど宗教的な考えが根付いていることに日本との違いを感じた。

 

荒金里紀君

日本にいる時は、自分から積極的にコミュニケーションをとろうとは思わなかったが、ホームステイを通して、自分からどうコミュニケーションをとろうかと考えるようになった。まだまだ英語でのコミュニケーションは難しいところがあるので、次に外国に行く時までに、もっと英語力を高めていこうと思った。

 

森聖愛さん

訪英前よりも積極的に行動するようになった。言葉も文化も違うという環境で、最初は消極的だったが、環境に慣れるに従い、自分から話したり理解したりしないと何も変わらない、何も伝えられないと思うようになり、自分から積極的に行動した。最終的に自分一人で買い物もできるようになったことが成長した点だと思う。

 

山崎達之君

これまでは人を見た目で判断していたが、初めて会う人に対して、第一印象で判断しないで、積極的に関わろう、理解しようとする気持ちが大切だということに気づいた。また、積極的に話してみれば、自分の気持ちが伝わるということも分かり、自分自身にも自信を持つことができるようになった。

 

柚原花音さん  

2年前は中1ということもあり、ホストファミリーとあまり喋れなかったが、今回は積極的に英語で話しかけようという意識でコミュニケーションをとることを心がけ、自分の気持ちを伝えたり相手の気持ちを理解したりすることができるようになった。また、3年生として小さなミスが大きなことにつながるということを心して行動できた。

訪英プログラム終了

 900ホテルを出発しバッキンガム宮殿、ウエストミンスター、国会議事堂を見学しました。バッキンガム宮殿では衛兵交代式に向かう兵隊の行進を間近に見ることができました。

昼食はロンドン中心街にあるチャイナタウンでいただきました。

イギリス滞在時間も残りわずか。午後は大英博物館を見学し、プログラムの一切を終了しました。

17:30、ロンドン・ヒースロー空港に到着し、搭乗出国手続きを完了しました。

予定通り帰国の途につきます。

英国での最終日


現地時間11月23日(金)7:25にロビー集合、7:40から朝食をいただきました。みな元気です。

朝食後、各自部屋に戻って荷造りをし、9:00ホテルを出発します。



無事ロンドン到着

ハロゲートからロンドンまではバスでおよそ6時間。途中、レスター市のホテルで昼食をいただきました。

ロンドン市内では、セント・ポール大聖堂、ロンドン塔、タワーブリッジを見学しました。

19:30ロンドン郊外、ラマダホテルに到着し、夕食をいただきました。

ホームステイの振り返り

ロセットスクールからロンドンまでのバスの車中で、3日間のホームステイを振り返り、嬉しかったことや楽しかったこと、困ったこと、印象に残ったことを一人ずつ発表しました。

森聖愛
最初の頃、耳が慣れないせいか聞き取れなくて戸惑ったが、昨日、ホスト生徒にハロゲートのことをいろいろ紹介してもらいながら一緒に買い物できたことが嬉しかった。イギリスは自由でいいと思った。でもそれは、互いの文化を受け入れ合っての自由なのだと思った。

柚原花音
ホストファミリーが優しくアイススケートを教えてくれたり、弟と一緒にマリオカートで遊んだりすることを通して英語でコミュニケーションが図れたことが嬉しかった。ご飯の量が多くて残すのが申し訳なかった。家族の仲がよくて、スキンシップ等、日本では恥ずかしいと思うことが、普通にできるのがいいと思った。

山崎達之
ホームステイ先のお父さんが優しく気遣ってコミュニケーションをとってくれたのが嬉しかった。ホスト生徒とはゲームという共通の趣味で盛り上がることができたが、熱中しすぎないようにするのが大変だった。こちらの人はコミュニケーションの積極性が高く、積極的に話しかけてもらえたので、ロセット校生が日本に来た時は、自分から話しかけたい。

荒金里紀
初日、家に帰る車の中では話題を探すのが大変だったが相手が優しく話しかけてくれて助けられた。イギリスの人は優しいと思った。その後、思ったよりコミュニケーションを取ることができて楽しく市内観光などができて良かった。

佐藤春人
2月の日本でのホームステイの話を友達やホストファミリーと英語で話したことが楽しかった。自分が話す英語を、ホストファミリーが一生懸命理解しようとしてくれたことを感謝している。これから、その分、自分が英語を頑張りたい。

池田颯人
自分が伝えたいことは伝えられたが、リスニング力が不足していて聞き取れないことや理解できないこともあった。でも、ホストファミリーが分かりやすい英語で話しかけてくれたので乗り切ることができた。日常の何気ない会話が楽しかった。

伊藤康介
英語を聞き取れないことや、伝えたいことを伝えられず困ったこともあったが、日本から持ってきた独楽やだるま落としなどの伝統的な玩具の遊び方を英語で教えることができた時が嬉しかったし、楽しかった。

志賀巧都
英語を聞き取れても思ったことを伝えられなくて相手を困らせてしまうこともあったが、日本から持ってきた剣玉に夢中になってくれたり、遊び方を聞いてくれたりした時、イギリスの人達が日本に興味があることが分かって嬉しかった。イギリスの人達は、古い建物など、歴史を大切にしていることが印象的だった。

遠藤直希
ホームステイ期間中に誕生日が来ることを話したら、誕生パーティーをしてくれた。皆に祝ってもらって嬉しかった。食事の量が多くて大変だったが、優しく対応してもらった。会話でも、分かりやすいように工夫してもらったおかげでコミュニケーションの難しさも乗り越えられた。困っている人を助ける優しい気持ちが有り難かった。

小野内玲音
食べ物がこってりしているので食べるのが大変だったことやシャワーの習慣が日本と違っていることなど、戸惑いもあったが、ホストファミリーとボードゲームを通してコミュニケーションが図れたことやゲームを楽しめたことが嬉しかった。

佐藤涼夏
一緒に日本の折り紙で鶴を折ったり日本のお菓子を喜んでくれたことが嬉しかった。食べ物が合わなくて困ったりしたが、とても気を使ってくれて、とても嬉しかった。街を散策した時、イギリスの信号機の渡る時間が短くてびっくりした。

 

ガイドをしていただいた石垣さんからのアドバイス

今回のホームステイでは戸惑ったこと、楽しかったこと、よくしてもらったことなど様々な経験をしました。それらを振り返り、来年2月には、先に異文化を経験した先輩として、よくしてもらったことをできるようにしてほしいと思います。英語は急に上達することはありません。今回の経験をきっかけにして積極的にコミュニケーションをして慣れていくことが大事なことです。

ホストファミリーとのお別れ

現地時間11月22日8:00、ロセット校に集合。訪英団を暖かく迎え入れてくれたホストファミリーともここでお別れとなります。訪英団生徒はホスト生徒と来年2月の再会を約束し、8:45にロンドンに向けロセット校を後にしました。

夕食はフィッシュ・アンド・チップス

現地時間11月21日(水)18:00より、訪英団生徒はロセット校ダイニング・ホールで、ホスト生徒と夕食をとりました。メニューは、イギリスを代表する料理の一つフィッシュ・アンド・チップス。タラのフライにポテトフライを添えたものです。夕食の後にはカラオケも楽しみました。

訪英団5日目の様子

現地時間11月21日(水)10:10、ロセットスクールの講堂において、ハロゲート市長様ご臨席のもと、ロセット校8年生との交流式典が開かれました。訪英団の生徒達は南相馬市や石神中学校を紹介するプレゼンテーションと合唱を披露しました。緊張しながらも練習の成果を発揮することができ、大きな拍手をいただきました。

昼食のあと、ハロゲート市内の Valley Gardensを訪れ、その中の日本庭園を散策しました。この庭園は、1930年代からあった日本庭園を、日英交流の証として、伝統を大切にしながらも散策して楽しめるようにデザインし直し、先月、駐英日本大使を招いてリニューアルオープンしたものです。また、公園再建の際にはロセット校生が案内板やパンフレットを授業の一環でデザインしたということです。今日は再建にあたって寄付金を集めるところから尽力された委員会の方に案内をしていただきました。

1年前に新しくなったハロゲート市庁舎議場では、市長様より歓迎の言葉をいただいた後、生徒からの幾つかの質問にも答えていただきました。外国からの訪問者で議場に入ったのは訪英団の生徒が初めてだそうです。

 

避難訓練

今回は地震による火災を想定した避難訓練でした。

代表生徒による消火訓練も実施しました。

訪英団4日目の様子

現地時間11月20日、午前8:30、訪英団生徒11名はホストファミリーに送られて学校に集合し、ホームステイ先のロセット校生とスクールバスでヨーク市を訪れ、10:00よりThe York selfie challenge!という活動に取り組みました。冷たい雨が降る中での活動でしたが、ヨーク市内を散策しイギリス国立鉄道博物館やヨーク大聖堂(York Minster)などを見学しながら指定された目的地を見つけ、そこでセルフィーを撮るという活動を通し、互いに交流を深めることができました。生徒達はホームステイ前には期待とともに不安もあった様子でしたが、活動後には安堵の表情が見られるようになりました。

ホームステイが始まりました

15:30、バスに乗り込み、リーズからハロゲートに向けて出発。1時間でロセットスクールに到着。学校では、ホストファミリーの皆さんが暖かく出迎えてくれました。ホストファミリーの方々と挨拶を交わし、それぞれのお宅へと向かいました。いよいよホームステイ開始です。

訪英団〜これまでの振り返り

本日夕方より、訪英団11名は3日間のホームステイを通して日英文化交流を経験します。 ホームステイを前に、初日からこれまでを振り返りました。

小野内玲音さん
日本とイギリスでは言語も文化も違うのでとても驚きました。ホームステイでは英語を話せるように頑張りたいです。

佐藤涼夏さん
長時間の飛行機での移動はとても疲れましたが、イギリスの方々はとても優しくて安心しました。

伊藤康介君
日本とイギリスでは文化が違うなと思った。特に、僕は日本とイギリスのゴミ箱の形が違うことに驚かされた。

佐藤春人君
日本とイギリスの文化の違いに驚きましたが、中には面白いものなどもあって結構楽しいです。ホームステイをエンジョイしたいです。

志賀巧都君
イギリスの店などの日本とは全く違う姿に驚きました。ホームステイ先でも日本とは違う文化を探してみたい。

池田颯人君
空港には、様々な宗教を信仰している人のためのお祈りをする部屋があったりして、日本よりも世界各国の人のことを考えているなと思った。

遠藤直希君
日本とイギリスはとても文化が違うなと改めて感じました。ロセット校に着いたらホストファミリーと楽しく過ごしたいです。

荒金里紀君
自分の中では初めてのことばかりで楽しかった。これからもいろいろなことがあるので、早く慣れて楽しみたい。

森聖愛さん
飛行機も無事到着し、文化、気候、食事など、違いを実感しました。ホームステイを3日間楽しみたいです。

山崎達之君
空港に着いたら日本と違う空気を肌で感じた。周りが全て英語の表記でとてもわくわくしている。これからの日英交流も楽しみである。

柚原花音さん
いろいろアクシデントもありましたが、みんな元気でよかったです。日本と違うことがある度に盛り上がったりして、とても楽しいです。残りの日も思いっきり楽しみたいと思います。

 

リーズ市内で

9:25、ロンドンを出発し、10:25、約1時間でリーズ空港に到着しました。


リーズは産業革命の時代に羊毛産業の中心地として栄え、産業革命以降は金融業も盛んなイングランド北部の大きな都市です。歴史的な建造物と近代的なビルが共存するとても美しい街です。

 

訪英団はノルマンディー公ウィリアム征服王に由来するカークストールアビィを訪れました。11世紀に建てられた教会や修道院が、16世紀のヘンリー8世の時代にイギリス国教会の成立とともに解散させられ廃墟となった様を見学し、イギリスの歴史、文化に触れることができました。

 

昼食はレストランでイギリス風ソーセージ、マッシュポテト、グレービーソースなどの伝統的なイギリス食のコース料理をいただきました。

 



昼食後リーズ市内を散策しました。

 

訪英団3日目の朝

5:45に起床し、6:15にホテルで朝食をいただきました。


6:55、ホテルを後にし再びヒースロー空港へ。飛行機でリーズに向かいます。

性教育出前講座

国際ソロプチミスト大阪のご支援をいただき、性教育教室を実施しました。

講師は産婦人科医の野口まゆみ医師です。

 

 

シスル・ホテル着

空港ではこちらでガイドをしていただく田村さんが出迎えてくださいました。
宿泊先へはバスで向かいました。今日の宿泊先はヒースロー空港近くのシスルホテルです。

夕食はホテル内のレストランでコース料理をいただきました。

訪英団2日目の朝

おはようございます。6:30に起床し、7:00から朝食をいただいています。出国前の食事ということで、全員が和食をチョイスしました。

8:40ホテルを出発してバスで羽田空港に向かいます。

9:05羽田空港に着きました。

羽田に着きました

20:00に本日の宿泊先に到着しました。

明朝は起床6:30。いよいよ羽田空港からロンドン、ヒースロー空港に出発します。

 

 

バスの中での英語学習

17:00東北道川口PAで休憩中の一コマです。21日の交流活動に備えて、石神中学校を英語で紹介するプレゼンテーションの練習をしています。

お台場太陽楼での夕食の後、レインボーブリッジと東京タワーをバックに一枚。

訪英団激励会

14:25より本校体育館において訪英団激励会を行いました。生徒会長からの激励を受け、訪英団を代表して荒金里紀君が、「学校や地域の代表としての自覚を持ち、しっかり交流活動をしてきます。」と力強く決意を述べました。

ロセット校訪英団明日出発

本日13:30、英国ロセット校との交流に参加する訪英団11名は、「市長・教育長表敬訪問」のため市役所を訪れ、激励の言葉をいただきました。
・市長様より
「チャレンジする姿勢、勇気が素晴らしい。新しい世界を見てくることや今までしたことのない経験をしてくることは、必ず将来への刺激、成長のきっかけとなります。体に気をつけて頑張ってきてください。」
・教育長様より
「報徳の教えを胸に南相馬の良さを伝えてきてください。違いを肌で感じ、その経験を今後の生活に生かしてください。伝えたいという気持ちがあれば何らかの方法で必ず思いは伝わります。これが生きる力となります。」

 

2学期期末テスト

今日、明日の2日間は2学期期末テストです。どのクラスも緊張感をもって集中して取り組んでいます。学習の成果が発揮できるよう頑張ってください。

食事について考えてみましょう

 被服室前の掲示板に「朝食について見直そう週間運動」の結果が掲示されています。結果を見ると、朝食を食べた割合は0.88ポイント、朝食で汁物を摂った割合は3.33ポイント上昇しましたが、朝食で野菜を摂った割合は1.24ポイント下降しました。ここからわかることは、汁物なども含め一口でも食べて登校する生徒の割合が増えているということです。これは素晴らしいことです。今後の課題はバランスよく食べることです。健康な体を作るうえで、バランスのよい食事はとても大切です。

 なお、保健室前にも朝食や食事についての掲示があります。勉強、体と心の健康について食事の面からも考えてみましょう。ご家庭でもお子さんへのアドバイスをよろしくお願いします。

特別支援教育研修会

本日9日、15:30より、多目的室において、南相馬市教育委員会就学指導アドバイザー加賀八重子先生をお招きして特別支援教育研修会を開催しました。先生には、「特別支援教育に携わってきた経験から~教育実践の拠りどころを考えてみましょう~」の演題で講演をしていただきました。

◯心に残った言葉です。
・仮説をたてて対応する。成果があったことを保護者と連携する。学校全体で取り組む。
・「支援の必要な子どもが大切にされている学校」は「みんなが大切にされている学校」
・弱い人が大切にされない社会は脆い。
・指導者の価値観にかなった子どもを育てることではない。みんなと同じことが同じようにできることが目標ではない。
・居場所があることが大事。
・その子らしい良さや得意を見つけるのが大人の役割
・自分を輝かせて生きたいという気持ちはみんな同じ。
・「みんな違ってみんないい」から「違うけど同じ」へ
・中学校の良さは多様性。一人で抱え込まないで、みんなで。協力と情報交換が大切。
・勝手に良かれと思ってやらない。納得ずくでやることは、本人の力になる。
・成果はすぐに現れない。しかし、寄り添った丁寧な対応は子どもの心に蓄積されていく。大切にされた体験は将来にわたってその子の支えになっていく。

 

教育課程実施状況調査訪問

南相馬市教育委員会教育長様、教育委員の皆様をはじめ、南相馬市教育委員会の皆様に5校時の授業を参観していただきました。どの学級でも生徒達は落ち着いて集中して学習に取り組んでいました。また、自然に話し合いや学び合い活動に移行し学びを深めていく場面も見られました。

 

 

相双教育事務所長訪問

本日、相双教育事務所長様に2校時、3校時の授業を参観していただきました。どのクラスでも生徒達は落ち着いた態度で学習に取り組んでおり、授業に食いつき、楽しむ姿が多く見られました。

1年生英語の授業

1年生の英語では、“Which do you want for lunch, a hamburger or curry and rice?" “I want a hamburger." などのような好きな食べ物についての対話を通して、「どちらの~?」の言い方を身につけました。生徒達は好きな昼食のメニューやデザートを話題にした対話練習に楽しみながら取り組んでいました。発表の場面では積極的に手を上げて英語を話そうとする姿が素晴らしかったです。

石神地区高齢者のつどいに参加しました

本日11月4日(日)、本校ボランティア委員会の生徒16名が石神生涯学習センターで行われた「平成30年度高齢者のつどい」にボランティアスタッフとして参加しました。
生徒達はグリーンのスタッフジャンパーに身を包み、健康体操をしたりアトラクション等でおもてなしをしたり、ゲームの手伝い昼食の配膳などをしたりしながら、交流を通し石神地区の高齢者の皆さんに秋の休日のひと時を楽しんでいただきました。

文化祭各係からの報告会、賞賛しあう会

11月2日(金)6校時に、「文化祭各係の頑張り、次年度への引き継ぎを全校生で共有すること」「他からの賞賛によって自己有用感を高めること」を目的に「文化祭各係からの報告会、賞賛しあう会」を行いました。

◯会に先立ち、各種大会等での受賞を報告しました。


・相双新人戦 バスケットボール男子 第3位
・相双新人戦 バレーボール男子 第3位
・南相馬市Sリーグ ソフトテニス女子 第1位
・相双新人戦 ソフトテニス女子 個人第2位 佐藤夏恋さん 菊地陽奈さん

 

・平成30年度防犯・防火・非行防止に関するポスター&標語
 ポスターの部入賞者8名 代表 金賞 池田颯人君 
 標語の部入賞者8名 代表 金賞 益山智恵理さん

・俳写コンクール入賞者60名 代表 大亀那月さん

・相馬地方読書感想文コンクール
 特選 坂本陽菜さん

 

◯会では、まず文化祭に係る表彰を行いました。

・文化祭テーマ発案者 岡田愛さん
・ポスター原画作成者 渡邉みちるさん
・ビッグアート原画作成者 永野晴斗君

 

・国語科金賞28名 代表 二上愛大君
・美術科金賞26名 代表 齋藤日南さん
・理科金賞11名  代表 髙野裕依さん

 

◯次に文化祭各係長が各係で頑張ったことや、次年度への引継ぎ事項を発表しました。さらに、各係の先生方からもコメントをいただきました。

 

◯「頑張った人の発表」では、生徒から見た頑張った人達について、どんな場面でどんなことを頑張ってくれたかをイニシャルで紹介しました。

 

◯文化祭実行委員長が、全体の反省と感謝の気持ちを伝えました。


「全体的にとても良い文化祭でした。皆さん、ご協力ありがとうございました。」
<良かった点>
・楽しかったと思えた人が多かった
・3年生が盛り上げ上手だった
・「来年は自分たちが盛り上げ役として頑張る」と答えてくれた2年生もいた
・一人ではできないことも協力し合えばできるということが実感できた
<反省点>
・時間が30分オーバーしてしまった
<次年度への引き継ぎ>
・身内だけが盛り上がる文化祭にならないよう催し物の内容は慎重に検討してほしい

◯文化祭担当 小林先生から


<1年生>
・初めての文化祭で戸惑いもあったと思うが、話しをよく聞き、工夫した活動できた
・ビッグアート係が手際よく、きれいに芸術的に貼り合わせてくれた
・カフェ係の装飾品作りが上手だった

<2年生>
・自分の役割ばかりでなく、周囲に目を配り積極的に手伝ってくれた
・意見が合わないときは、しっかり話し合い、活動できた
・たくさんの人が「来年はこうしたい」という考えを反省用紙に書いてくれて、とても心強い
・来年は学校を引っ張っていって欲しい
<3年生>
・中学生としての最後の文化祭を大いに盛り上げてくれた
・声を出せるところ、なりきれるところ=笑ってほしいところで笑ってくれ、答えて欲しいところで答えてくれ、ノって欲しいところでノってくれるところ=が素晴らしい
一人でいくつもの仕事をこなし、よく頑張ってくれた
<全校生>
・今日の会を振り返って
「一人一人の頑張りは、必ず届いている、伝わっている」「友達の良さを見つけることができることはとても素敵なこと」
・文化祭でできたことを普段の生活でも実践してほしい
・先生方や地域の方々、保護者の皆さんの協力に対する感謝の気持ちを忘れないでほしい

◯本田先生より


・ビッグアートでは「積小為大」、合唱コンクールでは「一円融合」の精神を発揮することができた
・特に3年生の活躍が素晴らしかった
・1,2年生も役割をきちんと果たすことができた
・それぞれが考え、行動したこと、感じ、学んだことをこれからにどう生かすかが大切
・文化祭の成功を次に生かしてほしい

調理実習(2学年)

2-3の家庭科の授業では調理実習を行い,豚肉の生姜焼を作りました。試食の場面では「焼き加減やタレの作り方が難しかった」「時間があれば家でも作ってみたい」などと感想を話してくれました。後片付けも協力しながら手際よく進めることができました。

校内実力テスト(3学年)

 本日、3学年では実力テストを実施しています。生徒達は、朝自習の時間や休み時間にも集中して試験勉強に取組んでいます。総合学習での福祉体験、文化祭、介護教室などをとおして、進路に対する意識にも変化がでてきているようです。自身の進路目標実現に向けて精一杯の取組をして欲しいと思います。

石神日英交流協会訪英団結団式

 本日18:00より平成30年度石神日英交流協会訪英団結団式を行いました。
 式では日英交流協会会長様、支部長様より激励の言葉をいただき、訪英の意義を再確認しました。生徒達は、「英語を使うことに不安はありますが、地域の方々への感謝を忘れずに、積極的にコミュニケーションを図り、交流を通してホームステイ先の方々やロセット校の生徒達と絆を深め、イギリスの文化について深く学んできます。」と決意を述べました。なお、訪英団一行11名は11月17日から24日の8日間の日程で訪英し、ハロゲート市においてホームステイをしながら姉妹校ロセット校の生徒と交流してきます。

介護教室を行いました

 本日、東電パートナーズからお2人の講師の先生をお迎えして、3年生を対象に「介護教室」を行いました。資料を使って、南相馬市の高齢者を取り巻く状況、高齢者と中学生の身体的特性の違い、介護の心得などについて学んだ後、杖や車いすの操作方法や介助の方法を体験を通して学びました。生徒達は9月に行った福祉体験学習を思い出しながら、真剣に学習に取り組みました。一人一人が介護についての理解を深め、小さな事でも少しずつ積み重ねていけば、今よりもさらに住みやすい社会になっていきます。ぜひ今日の学びをこれからの生活にいかしてほしいと思います。

文化祭後片付け


体育館館での全体学活の後、1校時に文化祭の各係に分かれ、体育館や校舎内の片付けと清掃を行いました。2校時には、各係、学級で反省を行いました。


3校時から、すっかり文化祭前の状態に戻った教室や体育館で、通常通り50分授業を行いました。

石神中学校文化祭 第二部

校舎イベント
実行委員会は謎解きと迷路、1年生は、1の3教室を使っての脱出ゲーム、2年生は、色々なゲームが楽しめるゲームコーナーを運営しました。3年生の石神横丁では射的やオセロに長い行列ができました。またダンスショーはお客さんを大いに沸かせました。

 

有志発表
体育館では、有志によるダンス、弾き語り、映像の発表、さらには、PTA小澤会長さんと大村先生によるステージというサプライズもあり、会場は大いに盛り上がりました。

 

体育館イベントは、実行委員によるダンス「ヤングマン」で幕を開けました。

 

CMものまね選手権では
各学級が撮影したCMのものまね動画のものまね度を競いました。


審査の結果
1学年金賞には1年3組
2学年金賞には2年3組
3学年金賞には3年2組
が輝きました。

 

未成年の主張

普段なかなか言えない本当の気持ちを部活の仲間、先生や友人、家族に伝えました。

今年もイベントのトリを飾ったのは吹奏楽部。「Hero」に続いて演奏した「ドラえもん」ではドラえもん、のび太くん、ジャイアンやスネ夫、しずかちゃんが登場したり、「U.S.A」では野球部とのコラボもありました。今回が最後のステージとなる3年生だけで演奏した「Story」をはさんで本校吹奏楽部のテーマ曲とも言える「RPG」、そして、アンコールでは「宝島」を演奏しました。

 

クロージングセレモニー
合唱コンクールの結果発表に続き、文化祭までのあゆみを画像で振り返りました。

 

閉祭宣言


実行委員長による閉祭宣言の後、ビッグアートの前で、集合写真の撮影を行いました。

 

なお、文化祭での各賞受賞者は以下のとおりです。

合唱コンクール
1学年
最優秀賞 1年2組  
指揮者賞 鎌田太樹君
伴奏者賞 佐藤加奈子さん

2学年
最優秀賞 2年3組  
指揮者賞 佐藤春人君   
伴奏者賞 遠藤直希君
3学年
最優秀賞 3年1組  
指揮者賞 森洋斗士君
伴奏者賞 森聖愛さん

感謝状
岡田愛さん(文化祭テーマ発案)
永野晴斗君(ビッグアート原画)
渡邉みちるさん(ポスター図案)

平成30年度石神中学校文化祭を大成功のうちに終えることができました。これも、生徒の頑張りはもちろんですが、食堂をはじめとして様々な面で運営にご協力いただいたPTA役員の皆様そして保護者の皆様のご理解、ご支援、ご協力のおかげと感謝いたします。
また、多くの地域の方々にもお越しいただきありがとうございました。

※10月30日(火)は
 ・3、4、5、6校時は普通授業
 ・かばんを教室に置いて8:00に体育館集合
 ・ジャージ登校
 となります。

石神中学校文化祭 第一部

10月27日、文化祭当日です。

 

PTA食堂ではPTAの皆さんが早朝から調理を開始しました。次々に焼きそば、焼きおにぎりがパックに詰められていきました。

 

全体学活
8:00、全校生が体育館に集合しました。全体学活では文化祭の基礎知識を確認するアイスブレーキングを行いました。

 

オープニングセレモニ

文化祭実行委員長の羽根田唯君が、「これまで積み上げてきた成果を十分に発揮するとともに一人一人が存分に楽しみましょう」と挨拶を行いました。

 

ビッグアート披露
ビッグアート係長の大亀那月さん、副係長の佐藤梨緒さんの挨拶の後、カウントダウン。全校生224名と先生方で約22万枚の紙片を貼りあわせて作り上げた作品の迫力に会場からは歓声が沸き起こりました。

 

総合学習発表

実行委員長の開祭宣言に続き、各学年の総合学習の成果発表を行いました。

1年生は地域学習で訪れた報徳仕法に関連する史跡での見学学習で学んだこと感じたことを発表しました。

2年生は市内の事業所での職場体験学習で経験させていただいたこと、学んだことや感じたこと、将来の生き方について考えたことを発表しました。

3年生は学校生活、福祉体験学習、修学旅行をはじめとするこれまで3年間の中学校生活での様々な活動を通して学んだことを15歳の今、改めて自らに問い直し、考えたことを構成劇としてまとめ、表現活動を通して伝えました。

 

合唱コンクール

羽根田唯君の指揮、但野舞衣さんの伴奏での校歌斉唱の後、
1-1、1-2,1-1,2-1,2-3,2-2,休憩をはさんで3-2,3-1,3-3の順で発表しました。



1年生


中学生として初めての合唱コンクールでしたが、音楽の時間だけでなく、朝の時間、帰りの学活の時間にも、各学級から元気な歌声が聞こえてきました。今日の発表は、どの学級もとても堂々として自信に満ちあふれていました。毎日練習した成果が十分に発揮されました。この経験をいかし、様々な場面で、各学級、心を一つにして活躍してくれることを期待しています。

 

2年生


2年生は昨年の経験から、取り組みが早く、積極的に練習してきました。男子の声も安定してきて合唱に迫力が増しています。各学級とも指揮者、伴奏者、パートリーダーを中心によりよい響きを目指して、納得するまで皆で話し合い、練習を積み重ねてきました。それが、2年生の素晴らしいところです。細かなところにも表現の工夫があり、それぞれの学級の良さが感じられる発表でした。

 

3年生


中学生最後の合唱コンクールにかける各学級の意気込みが感じられる発表でした。楽曲もバラエティーに富んでいて、各学級の個性を際立たせていました。練習を始めたばかりの頃は、音取りに苦労したり、強弱や抑揚、長さをどうするかで悩んだり、リズムに言葉をのせるが難しかったり、各学級それぞれに課題はありましたが、仲間や先生方と練習や話し合いを重ね、様々な課題を乗り越えての今日の発表は心に迫ってきました。それぞれの楽曲の持つメッセージ性だけでなく、「自分たちはこの曲が好きなんだ」、「このメンバーで歌うことが楽しいんだ」ということがしっかりと伝わってきました。


第2部オープニング
3年生による「シェイク・イット・オフ」のダンスに続き、各部門のPR動画が上映され第二部がスタートしました。

 

いよいよ明日は文化祭

先生方でビッグアートを設置しました。明日のお楽しみです。

吹奏楽部は本番のステージに向けて最終チェックです。

18:00よりPTAの皆さんによる食堂のリハーサルが始まりました。

文化祭まであと1日

 

1校時、2年生による体育館の会場設営が開始されました。

 

3年生は清掃の後、総合学習の発表の準備をしています。そこで披露する和太鼓やダブルダッチの練習に余念がありません。

 

校舎内の清掃は1年生です。

 

校舎周辺の側溝の泥上げをしてくれているのは用務員の表さん。いつもありがとうございます。

 

会場設営を終えた2年生は合唱練習です。

 

清掃を終えた1年生、学年企画の準備中です。何ができるか?明日が楽しみです。

 

展示や装飾などの準備が着々と進んでいます。

 

13:40 全体学活を体育館で行いました。

 皆さんは、文化祭に向けて、それぞれが自分の役割をしっかり果たしてきたと同時に、いろいろな人に支えられてきました。そのおかげで明日を迎えることができます。このことに感謝し、落ち着いた気持ちで帰宅してください。

明日は8時に体育館集合です。制服、サブバッグ登校となります。パンフレット、食券を忘れないようにしてください。

また明日は雨の予報がでています。気をつけて登校してください。

 

文化祭まであと2日

室内装飾に取り組み始めたグループや、リハーサルを振り返って、さらに入念に打合せをするグループもでてきました。文化祭が明後日に迫ってきました。